« 小金井/ 長崎五島手延うどん びぜん家 (かけうどん、肉(甘煮)、ごぼう天) | トップページ | 八重洲/ 味噌煮込みうどん 玉丁本店 八重洲店 (味噌煮込みうどん) »

2019年4月27日 (土)

NY/ CARNEGIE HALL (KATHLEEN BATTLE Soprano)

1img 

これは私が経験したリサイタルの中で最も感激したリサイタルである。
時は25年前の1994年4月27日、場所はカーネギーホールであった。
そして、この日のステージに立ったのはソプラノのKathleen Battle女史で、そのピアノ伴奏がJames Levine(昨年セクハラ疑惑でメトロポリタンオペラでの活動停止)であった。

まず、このリサイタルのチケットであるが、Kathleen Battle女史のリサイタルであって、容易に入手できるものではなかった。
私は公演が行われることを2日前に通勤電車(New Heaven Line)の中で読んでいたNew York Timesで知り、ダメもとで秘書のTCさんにお願いしてカーネギーホールのチケットオフィスにコンタクトしてもらった。
すると、どうやらキャンセルされたチケットが手に入るということであり、躊躇せずに確保したものであった(定額の45ドル、当日カーネギーホールのチケットオフィスでクレジットカードで支払い。)。

当日は、どこで夕食を摂ったかは失念してしまったが、開演のかなり前にはカーネギーホールの中に入っていたように記憶している。

午後8時に満席のカーネギーホールでリサイタルが始まり、目の前のステージに立つKathleen Battle女史の素晴らしい歌声に感激し続けること約2時間であった。
そして、最後はお決まりのカーテンコールとなった。
最初、カーテンコールはお決まりのように続いて、3回であったと記憶する。
ところが、更にカーテンコールに応えてAmazing Graceや黒人霊歌を交えたりと約1時間にも亘って数曲を歌ってくれたのであった。

なお、Kathleen Battle女史はこの頃「メトロポリタンオペラ」とは微妙な関係にあったこともあり、この日のリサイタルに対する思い入れも大いにあったようである。

リサイタルが終了した後、午後11時を過ぎた5番街からリムジンサービスのリンカーンタウンカーでRyeの家に帰ったことは、リサイタルの素晴らしさとともに今でも時々思い出すことがある。

実に素晴らしいリサイタルであった。

1img_0001 

1img_0002 

1img_0003 

1img_0004 

1img_0005 

1img_0010 

1img_0011 

1img_0012 

1img_0018 ニューヨークタイムズの論評

   

1img_4044 

1img_4042 

« 小金井/ 長崎五島手延うどん びぜん家 (かけうどん、肉(甘煮)、ごぼう天) | トップページ | 八重洲/ 味噌煮込みうどん 玉丁本店 八重洲店 (味噌煮込みうどん) »

New York (Classic Concert)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小金井/ 長崎五島手延うどん びぜん家 (かけうどん、肉(甘煮)、ごぼう天) | トップページ | 八重洲/ 味噌煮込みうどん 玉丁本店 八重洲店 (味噌煮込みうどん) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ