« 東京駅/ 塩瀬総本家 大丸東京店 (和菓子) | トップページ | 国分寺/ 中華そば ムタヒロ (特製煮干しラーメン)、零式艦上戦闘機五二型 »

2019年4月30日 (火)

堺(堺東)/ 中華そば ムタヒロ 堺東店 (ガハハ鶏特製そば 醤油)

1img_2893 中華そば ムタヒロ 堺東店

昨年の冬のことであるからもう1年以上前のことである。
堺東のディープな飲食店街を歩いていると、見憶えのあるカラフルな提灯が目に飛び込んできた。
良くみるまでもなく、国分寺の街のあちらこちらで目にする「ムタヒロ」の提灯であった。

「はて、面妖な。
ムタヒロは国分寺を拠点とするラーメン店であり、何故に堺東に店舗があるのであろうか?
ラーメン店の展開ということであれば、集客を期待できるもっと大きな街があるというものであろうに・・・。」
と、思ったのであった。
そして、あの日以来、堺東を訪れる毎に気になっていたのであったが、先日ついに入店する機会に恵まれたのであった。
それは、直ぐ近くに在る居酒屋「三好屋」で軽く飲んだ後、〆のラーメンを食するべく立ち寄ったのがその機会であった。

1img_2889 ガハハ鶏特製そば 醤油、 卸し生姜は薬味

店の引戸を開けて自動券売機の前に立ち、最上段にある二つの大きなボタンの左側「ガハハ鶏特製そば」のボタンを押した。
すると、横に控えておられたうら若きお嬢さんが食券を受け取りつつ「スープは醤油あるいは塩」のどちらにするかを尋ねてこられた。
そこで、このうら若きお嬢さんのお薦めを尋ねると、一切の躊躇もなく「醤油です~。」と応えてくれたので、こちらも逡巡することなく「醤油」でお願いした次第であった。

カウンター奥の席に着いて先客の一杯が供された後、程なく「ガハハ鶏特製そば」が目の前に置かれた。
多少は酩酊気味ではあったが、スープを啜り、次いで麺を啜り上げ、更に鶏チャーシューをハミハミして、堺におけるムタヒロのラーメンを堪能したのであった。

なお、食べている途中でうら若きお嬢さんに「ムタヒロ堺東店」のことを尋ねると、なんと!「ムタヒロ」の創業者は堺市は三国ヶ丘のご出身であり、ご自身の故郷の繁華街に店を構えられたということであった。
へ~ェ、そうだったのか~ァ、である。
そうすると、国分寺が「ムタヒロ」創業の地であるならば、堺は「ムタヒロ」の聖地ということになる(と勝手に思っている)。
私も堺の出身であり、国分寺の店を利用させていただく者として、稀有なる縁を感じた次第であった。

1img_2891 国分寺で修行をされたとうら若きお嬢さんが言っていた店長さん

   

« 東京駅/ 塩瀬総本家 大丸東京店 (和菓子) | トップページ | 国分寺/ 中華そば ムタヒロ (特製煮干しラーメン)、零式艦上戦闘機五二型 »

堺(ラーメン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京駅/ 塩瀬総本家 大丸東京店 (和菓子) | トップページ | 国分寺/ 中華そば ムタヒロ (特製煮干しラーメン)、零式艦上戦闘機五二型 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ