« 小金井/ 桜 | トップページ | 小金井/ 肉汁餃子製作所ダンダダン酒場 武蔵小金井店 (新装開店) »

2019年4月 1日 (月)

小金井/ 東京学芸大学 (学芸の森講習会:お花見学入門~実戦編)

1dsc_5026  

先日、東京学芸大学自然科学系(植物形態学)・学芸の森機構の岩元先生による「学芸の森講習会」に参加させていただいた。
一昨年は公開講座「お花見学入門」に参加させていただいたことから、今回も参加の機会を与えていただいたのがきっかけであった。
今回は『開花しつつある東京学芸大学構内のサクラを観察し、それぞれどんな種類のサクラなのか、特徴を学びながら同定していく』という内容で、私の様な過去桜を漫然と愛でてきた者にとっては勉強になる講習会であった。

当日は十数名の人達が集まり、岩元先生や樹木医であられる新井先生の解説を聴きながら実際に桜の花を観察するというものであった。

なお、観察させていただいた桜の花は以下の通りである。

1dscn4343 ソメイヨシノ

1dscn4344  ヤマザクラ

1dscn4346  カワヅザクラ

1dscn4351  ハナモモ

1dscn4354  陽光

1dscn4356  オオシマザクラ:長命寺の桜餅を包む桜の葉はオオシマザクラの葉、あの芳香は葉に含まれる化合物「クマロン」のもの

1dscn4359  八重枝垂(エドヒガン)

1dscn4363  ワカキノサクラ:漢字では稚木と書くとのこと、発芽後2年で花を付ける(通常の桜は約10年を要する)

1img_4  資料:サクラの識別表(岩元先生)

   

« 小金井/ 桜 | トップページ | 小金井/ 肉汁餃子製作所ダンダダン酒場 武蔵小金井店 (新装開店) »

大学(東京学芸大学)」カテゴリの記事

コメント

このような講習会があることは桜を深く知ることができていいですね。 種類は違っても各々が持つ美しさがあって愛でることがいっそう楽しくなりそうです。
山桜、好きですよ。

FORTNUM & MASONさん
講習会では桜の花を分けていただいて目を近付けて観察できました。
遠目に愛でる桜も良いですが、近くでつぶさに観る桜の花も違う味わいがあって好いものでした。
山桜、良いですねェ。
オオシマザクラも良いですョ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小金井/ 桜 | トップページ | 小金井/ 肉汁餃子製作所ダンダダン酒場 武蔵小金井店 (新装開店) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ