« 東京駅/ dom Pierre TOKYO EXPRESS CURRY (きむかつカレー) | トップページ | 新宿/ HARRY’S NY (バー) »

2019年3月24日 (日)

新宿/ 焼鳥 鳥田むら 本店 (熱燗、焼鳥、他)

1dscn3550 焼鳥 鳥田むら 本店

先日、YA氏と久しぶりに新宿で飲む機会を得た。
場所に関しては、末広亭の周辺には寄席の帰りに立ち寄る人が訪れる佳店があるであろうとの推察から、その辺りを歩いて見付けたのが「焼鳥 鳥田むら 本店」であった。
YA氏と揃って「いざ入らむ」と暖簾を潜った瞬間に、ふと思ったのであった。
ここは以前入ったことのある店ではないか・・・、と。
が、その思いは瞬間のことであって、そのまま店内に歩を進めたのであった。

1dscn3537 熱燗、お通し

時刻はまだ6時にはなっておらず、空いているテーブルに案内された。
席に着いて早速に熱燗を注文したのであった。

また、注文は焼鳥のコースを最初にいただいてからアラカルトに移れるとのことで、「焼鳥コース(六本)」を二人分お願いした。
更に、「鳥さし」と「煮込」はシェアすることにして、一品ずつを注文したのであった。

1dscn3540 鳥さし

「焼鳥」、そして「鳥さし」と「煮込」は適宜に供された。
「鳥さし」は表面に軽く湯通しされたササミが供されたが、固有のネットリとした口当たりは家庭では決して味わえるものではなかった。

1dscn3542 煮込

「煮込」は白味噌をベースにした合せ味噌が使われているようで、あっさりとした仕上がりに調製されていた。

1dscn3539 はさみ(みそ)、ぼんじり、砂ぎも

焼鳥はその日のお任せが6本コースとして供されたようで、はさみ(みそ)、ぼんじり、砂ぎも、つくね、かわ、などが順次供されたのであった。
熱燗は、一合が500円で価格としては普通であったが、如何せん徳利のサイズが小さく実際は六杓程度に感じられ、YA氏も私も各三合飲んだものの酔いは殆ど感じられることはなかった。
とはいえ、お互いにデータを重視する仕事に就いてきたこともあり、徳利は3本づづ飲んだことでアルコール摂取量は十分と判断し、次の店に向かったのであった。

1dscn3545 

1dscn3541

1dscn3546 

1dscn3543 店内は常連ではなさそうなサラリーマンが複数訪れていた

   
さて、支払いの段になって、金額が認められた小さな紙切れが手渡された。
そして、金額を見てYA氏と私は顔を見合わせ、暫らく沈黙した後にお互いが同じことを呟いたのであった。
「ちょっと高いんで~ねえの。」と。
さはさりながら、私達は夜飲みは久しぶりのことであり、こういうものなのかと支払いを済ませたのであった。

そして、この支払いのタイミングで私は思い出したのであった。
もう20年以上前のことである。
出張でアメリカから東京を訪れた際に、なんと同じYA氏とこの店を訪れていたのであった。
そして、あの時は全く予想だにしていない価格を請求され、新宿の価格とはこういうものなのかなと思いつつ支払いを済ませたのであった。
なお、この時のことをYA氏に告げると、氏は全く憶えていない、とのたまわれたのであった。

« 東京駅/ dom Pierre TOKYO EXPRESS CURRY (きむかつカレー) | トップページ | 新宿/ HARRY’S NY (バー) »

新宿(居酒屋)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京駅/ dom Pierre TOKYO EXPRESS CURRY (きむかつカレー) | トップページ | 新宿/ HARRY’S NY (バー) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ