« 堺(三国ヶ丘)/ Gelateria rica rica (Gelatoダブル(ミルク・金柑)w/コーン) | トップページ | 大阪城 »

2019年3月18日 (月)

堺(三国ヶ丘)/ 南海そば (和風チャーシュー麺)

1dscn3831 南海そば

三国ヶ丘駅は南海高野線とJR阪和線が交差する駅であり、乗降客の数も多い。
そういう駅であるから、駅構内には飲食店が幾つかある。

その一つが「南海そば」であり、昼はうどんとそばの立食店となっている。(夜は居酒屋に変身する。)

1dscn3833 券売機

また、価格は240円~500円と気軽なものであり、ちょっとお腹が空いたタイミングで立ち寄るには好い店である。

1dscn3832 最下段左隅

何か珍しいうどんはないかいなァ、と券売機のボタンを見ていると、その最下段左隅に「和風チャーシュー麺」というのを見付けた。
そこで、一切の逡巡なく「和風チャーシュー麺」のボタンを押したのであった。

1dscn3825 和風チャーシュー麺

店内に歩を進めて、お姉さんに食券を渡すと、お姉さんはアナーキーかつニヒルな表情で、頬笑みを浮かべることなく調理に移られたのであった。

1dscn3826 和風チャーシュー麺

2分も経たない内に出来上がった「和風チャーシュー麺」は細めのうどんの上にチャーシューが2枚並べられたもので、それ以上でも、それ以下でもなかった。

まず、おつゆを啜ると、これは美味なる関西風のまったりしたおつゆであった。
そして、うどんを啜りあげると、これまた腰のある稲庭うどんふうの口当たりのうどんであった。

そして、徐にチャーシューを箸で掴み、まるまる一枚を口に入れると、想像していた味を上回る旨味が口腔内に広がったのであった。
これは、同じチャーシューを使っても再現できる味ではなく、当店のおつゆ・うどん・チャーシューが組み合わさることによって醸し出される芳味というものであろう。

1dscn3829 夜は居酒屋

   

« 堺(三国ヶ丘)/ Gelateria rica rica (Gelatoダブル(ミルク・金柑)w/コーン) | トップページ | 大阪城 »

堺(うどん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堺(三国ヶ丘)/ 南海そば (和風チャーシュー麺):

« 堺(三国ヶ丘)/ Gelateria rica rica (Gelatoダブル(ミルク・金柑)w/コーン) | トップページ | 大阪城 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ