« ISTANBUL(トルコ)/ DERVIS CAFE & RESTAURANT (Et Döner Pilavüstü, Ayran (Kükük))  [トルコ観光旅行 DAY 9 1400] | トップページ | ISTANBUL(トルコ)/ GALERI 44 RUG STORE [トルコ観光旅行 DAY 9 1600] »

2019年2月28日 (木)

ISTANBUL(トルコ)/ HALI MÜZESI [トルコ観光旅行 DAY 9 1450]

1dscn2500 HALI MÜZESIのエントランスゲート

食事を終え、アヤソフィアを横を通って「絨毯博物館」に向かった。
「絨毯博物館」は、近接するアヤソフィアに大勢の観光客が押し寄せているのとは対照的に、入館者は殆ど無かった。
私達が入館している時には私達以外の入館者は二人か三人であったように記憶している。

1dscn2501 エントランスゲートのモザイク模様は秀逸であった

なお、エントランスゲートに施されたモザイク模様は実に美麗なるもの、これだけでも一見の価値があるというものである。

1dscn2496 

エントランスゲートのモザイク模様をめでながら中に歩を進めると、チケット売場となっている小さな建屋があり、若いお兄さんが暇そうにしていた。

1dscn2491 案内標示

1dscn2491_2 拡大

この「絨毯博物館」は三つの建物(ギャラリ)で構成されていて、それぞれ生産地や制作年代によって区分されているのであった。

1dscn2493 GALERI 1

1dscn2442 

1dscn2446 

1dscn2447 

1dscn2450 

1dscn2454 GALERI 2

1dscn2456 

1dscn2458 

1dscn2460 絨毯に織り込まれた紋様の意味

1dscn2461 同上

GALERI 2では絨毯に織り込まれた紋様の意味に関する解説がされていたが、多数に亘るのでその一部を掲載させていただいた。

1dscn2475 GALERI 3

1dscn2477 

1dscn2481 

1dscn2490 アヤソフィアのミナーレと壁

1dscn2505 自然な日本語を話すおっちゃんと談笑するHO氏

なお、HO氏に遅れて「絨毯博物館」のゲートを出てくると、氏は日本語が流暢な男性とにこやかに話をしておられた。

   

1img_0018 

   

« ISTANBUL(トルコ)/ DERVIS CAFE & RESTAURANT (Et Döner Pilavüstü, Ayran (Kükük))  [トルコ観光旅行 DAY 9 1400] | トップページ | ISTANBUL(トルコ)/ GALERI 44 RUG STORE [トルコ観光旅行 DAY 9 1600] »

TURKEY_」カテゴリの記事

Tour (Turkey)」カテゴリの記事

コメント

この後、冷や汗ものでしたね。お茶をご馳走になって、絨毯を勧められても、あのその.......とお尻の座りが悪かったです。あちらの方々のたくましさの一端をみた思いです。

Kincyanさん
あたしは均ちゃんがおっちゃんと親しく盛り上がっておられたので、むしろ均ちゃんが積極的だと思っていたのですが、そうではなかったのですねェ。
こういうのも旅の醍醐味ってえものでしょうか。
ま、事なきを得て良かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ISTANBUL(トルコ)/ DERVIS CAFE & RESTAURANT (Et Döner Pilavüstü, Ayran (Kükük))  [トルコ観光旅行 DAY 9 1400] | トップページ | ISTANBUL(トルコ)/ GALERI 44 RUG STORE [トルコ観光旅行 DAY 9 1600] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ