« 銀座/ CAFE de GINZA MIYUKI-KAN (ケーキセット:モンブラン、ダージリン) | トップページ | 三鷹/ 味のグラバー亭 (特製ちゃんぽん) »

2019年1月22日 (火)

新宿/ 王ろじ (とん丼 大盛)

1dscn3515 王ろじ(長蛇の列のお客を丁寧に迎え入れる女将さん(入口右))

先日、新宿のクリニックで行われる2ヶ月に1回の定期検査の後、昼食を摂りに行った。
向かった先は新宿御苑にほど近いところにあり、以前から注目していた個人経営のトンカツ専門店であった。
しかしながら、店の前に行ってみると開店までに若干早いタイミングであったことから、暖簾は店内に仕舞われた状態であった。

そこで、末広亭の界隈を通り抜け伊勢丹方向に歩いていると、トンカツの名店である「王ろじ」の事を思い出したのであった。

「王ろじ」の前を通る道に至る角を曲がったのが11時10分頃であった。
「王ろじ」に近付いてみると、開店10分後でもいつもは行列ができている店の前には人が並んでおらず、これ幸いと引戸を開けて店内に歩を進めたのであった。
が、しかし、である。
店内は既にほぼ満席状態となっていた。
とはいうものの、運良くカウンター席が1席空いており、女将さんの案内よろしくここに着けたのであった。

1dscn3509_2 

1dscn3510_2 

先ずは「おしながき」を眺め、今までの様に「とん丼(カツカレー)」にするか、はたまた「とんかつセット」にするか、更には単品の「とんかつ」と「ライス」を組み合わせるか、いずれも甲乙付け難しと暫し逡巡したのであった。

が、結局「とん丼(カツカレー)」の大盛をお願いしていた。
先刻ドクターからは「体重を減らしましょう。」と言われ、「はいです~~~!」と返事をしたばかりの我が口が、こともあろうに「大盛」という言葉を発していたのであった。

1dscn3511 とん丼 大盛

注文を終えて待つこと約15分、待望の「とん丼」の大盛が目の前に置かれた。

まず、「とん丼」はその器が個性的である。
即ち、丼鉢と皿が一体化しているのである。
その理由はテーブルがこぼれたカレーのルーで汚れないようにするための工夫なのか、あるいは昔は丼鉢と皿が分離できるものであったが作業上の簡便性からこのようになったのか、お店に尋ねてみないと分からないことであろう。
足繁く通って常連になれた暁には尋ねてみたいものである。

次に、「とん丼」の構造であるが、まず丼鉢にご飯が盛り付けられ、そこにカレーのルーが回し掛けられ、更にその上に3個にカットされたとんかつが120度の角度をもって整然と並べられているのである。
そこに、当店のオリジナルと推察するカプサイシンの効いたスパイシーなウースターシャーソースがとんかつを主体にグルリと一回し掛けられているのであった。

先ずは、「とん丼」の威容を眺めた後、カレーのルーをスプーンに一掬いいただいた。
このカレーのルーはインディアンカレーと称されるビーフカレーであることが「おしながき」に記されている。
その具材は全て形を留めることなく、濃いカレー味の粘性のあるルーで、スパイシーであると同時にコク味のある、まるでカラコルムのディラン峰のごとく『たおやかな』味わいのルーであった。
このル―に当店オリジナルのウースターシャーソースが合わさると、そのスパイシーさによって一層味わいに広がりがでるのであった。

次いで、とんかつの一つを取り上げ、その3分の1ほどをいただいた。
とんかつには当店オリジナルのウースターシャーソースが絡んでいて、先ずはそのヒリヒリ感に味覚が覚醒させられるが、そこにカレーのルーを送り込むと豚肉、衣、当店オリジナルのウースターシャーソース、そしてカレーの味が個々には独立したクラスターとして味蕾を活性化させるのであるが、その効果がトータルでは一体化して当店の「とん丼」というカツカレーの個性となって現出するのであった。
(自分でも何を書いているのか分からなくなりました。)

1dscn3512 横から見ると三浦雄一郎氏が挑戦された南米の高峰アナコンガを彷彿とさせられる(丼鉢と皿はくっついている:一体成型なのか接着されたものなのかは分からなかった)

**********

王ろじでは、入口の右側に「創業大正十年」という扁額が掲げられている。
大正十年といえば西暦1921年であるから、大正・昭和・平成と営業を続けて来られて再来年には創業100年を迎えられることになるのである。

   

1dscn3504 新宿NSビルから眺めた都庁舎

   

« 銀座/ CAFE de GINZA MIYUKI-KAN (ケーキセット:モンブラン、ダージリン) | トップページ | 三鷹/ 味のグラバー亭 (特製ちゃんぽん) »

新宿(とんかつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿/ 王ろじ (とん丼 大盛):

« 銀座/ CAFE de GINZA MIYUKI-KAN (ケーキセット:モンブラン、ダージリン) | トップページ | 三鷹/ 味のグラバー亭 (特製ちゃんぽん) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ