« SEREFLIKOCHISOR(トルコ)/ EMIN KOCAK HOTEL レストハウス (昼食:飲むヨーグルト、鉄板焼) [トルコ観光旅行 DAY 6 1320] | トップページ | ANKARA(トルコ)/ ANITKABIR [トルコ観光旅行 DAY 6 1540] »

2018年12月18日 (火)

新大阪/ 551 蓬莱 アルデ新大阪店 (サービスランチ:海鮮焼きそば、ハーフ炒飯、焼売、スープ)

1img_7423 551 蓬莱 アルデ新大阪店

新大阪駅の「アルデ」と名付けられたエリアは、飲食店やアパレル店などが集まるエリアである。
「アルデ」という言葉はイタリア語のような感じがするが、その命名に関しては寡聞にして知るところではない。
とはいっても、大阪らしいネーミングであって、「あるでェ~」という大阪弁に掛けたものあろうと想像するところである。
大阪から東京に戻る際には新幹線を利用しているが、新幹線に乗る前にこのアルデで昼食を摂ることにした。

「アルデ」には多くの飲食店が並んでいて、どこに入るかはいささか悩むところである。
この日は、大阪では「551の豚まん」として超有名な「蓬莱」に入ることにした。

1img_7416 サービスランチ

入店して、案内されたカウンター席(といっても、ガラス1枚を隔てた向こう側は表の通路である。が、店の前に並ぶ人達とは顔を合わせることはない)に座った。
菜譚に目を通すまでもなく昼に供される料理の中から「サービスランチ」をいただくことにした。
「サービスランチ」は「海鮮焼きそば」をメインとし、それに「ハーフ炒飯」と「日替わりの一品」、そして「スープ」が付くというものである。
「サービスランチ」の写真には「唐揚げ2個」が日替わりの一品としてついていたが、私の入店したタイミングでは唐揚げでなく「焼売2個」になるということであった。

注文を終えて待つこと暫し、四角いお盆に載せられて「サービスランチ」が供された。

1img_7418 海鮮焼きそば

先ずはメインの「海鮮焼きそば」からいただいた。
「海鮮焼きそば」は餡かけ焼きそばであり、餡にはエビ、イカ、ハクサイ、タケノコ、ニンジン、キノコ、などが塩味ベースで調理してあり、その彩りも良くそれぞれの具材が綺麗に映えているのであった。

1img_7419 ハーフ炒飯

次に「ハーフ炒飯」をいただいた。
これも塩ベースの味付けで、彩りも爽やかなものであった。

「海鮮焼きそば」と「ハーフ炒飯」をランダムに入れ替わり立ち替わりといただき、途中でスープを間に入れるというテンポで食べ進んでいった。

1img_7420 焼売

なお、「焼売」は時折炒飯に合わせていただいたが、流石に蓬莱の焼売である。
その口当たりといい、咀嚼によって出てくる旨味といい、これだけでも主役となりうる一品であった。

1img_7421 スープ

   

« SEREFLIKOCHISOR(トルコ)/ EMIN KOCAK HOTEL レストハウス (昼食:飲むヨーグルト、鉄板焼) [トルコ観光旅行 DAY 6 1320] | トップページ | ANKARA(トルコ)/ ANITKABIR [トルコ観光旅行 DAY 6 1540] »

新大阪駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SEREFLIKOCHISOR(トルコ)/ EMIN KOCAK HOTEL レストハウス (昼食:飲むヨーグルト、鉄板焼) [トルコ観光旅行 DAY 6 1320] | トップページ | ANKARA(トルコ)/ ANITKABIR [トルコ観光旅行 DAY 6 1540] »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ