« 国分寺/ 胡桃堂喫茶店 (浅煎り珈琲、カステラショート(栗)) | トップページ | 銀座/ 銀座アスター本店 (什錦炒麺、什錦炒飯) »

2018年11月29日 (木)

KAPADOKYA(トルコ)/ Three Sisters [トルコ観光旅行 DAY 5 0910]

1dscn1344 

気球フライトの後、一旦ホテルに戻って朝食を摂った。
その後、9時頃にホテルを出発し、最初の訪問先である「Three Sisters」(ガイドさんからトルコ語での名前を聞いたはずであるが、失念してしまった)に到着したのは午前9時10分頃のことであった。
時間的にはまだ朝も早いような感じで太陽の位置も低目ではあったが、既に早朝から気球に乗ってきたことから気分は昼前のような感じであった。

バスを降りて土産物店が両サイドに並んだ細道を抜けると、そこは山の稜線に太い道が穿たれたような光景で、目線の先には太陽が薄靄の中で輝いていたのであった。
そして、その太陽の下側にThree Sistersと称される奇岩が並んでいるのであった。

1dscn1351 

ずっと歩を進めて三姉妹の横から眺めると、二本の高い奇岩とその半分くらいの高さの奇岩が一本屹立しているのが眺められた。
なお、背の低い方の一本は、そばに近づくまでは高い方の岩の陰に入っていて存在に気付かなかったものである。

1dscn1353 

それぞれの奇岩はもともと性質の異なる岩石の層が浸食されてできたもののようで、ズームアップして見るとそのことが良く分かるのであった。

1dscn1354 

1dscn1355 

それにしても、上の岩石は落ちることもなく、バランス良く留まっているものである。
自然の妙というものであろう。

1dscn1360 

三姉妹から目を遠景に移すと、平原の先には台地が広がっていた。

1dscn1359 

その台地に目を凝らすと多くの地層が水平方向に走っていた。
このカッパドキアのエリアは太古の昔は海の下にあったようである。

1dscn1365 名知らず鳥

1dscn1370 

バスに戻る際にも土産物店の並ぶ通りを抜けたが、場所柄であろうか気球の飾り物が多く見られたのであった。

1dscn1373 

1dscn1376 

   

« 国分寺/ 胡桃堂喫茶店 (浅煎り珈琲、カステラショート(栗)) | トップページ | 銀座/ 銀座アスター本店 (什錦炒麺、什錦炒飯) »

TURKEY_」カテゴリの記事

Tour (Turkey)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国分寺/ 胡桃堂喫茶店 (浅煎り珈琲、カステラショート(栗)) | トップページ | 銀座/ 銀座アスター本店 (什錦炒麺、什錦炒飯) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ