« KAPADOKYA(トルコ)/ Gamirasu Cave Hotel (宿泊、夕食) [トルコ観光旅行 DAY 4 1800] | トップページ | KAPADOKYA(トルコ)/ Balloon Flight [トルコ観光旅行 DAY 5 0515] »

2018年11月27日 (火)

三鷹/ Cafe UTOPIA (ブルーハワイクリームソーダ)

1dscn2807 Cafe UTOPIA

丁度1週間前のことであるが、HO氏に誘われて三鷹にある中近東文化センターを訪ねた。
中近東文化センターにはJR三鷹駅から徒歩で行き、かつ展示品を入念に観たことから歩数は1万歩を越える状況であった。

中近東文化センターを出てバス通りに入ると、ふと目に飛び込んできたのがCafe UTOPIAの佇まいであった。
ICUに近いという好イメージと、既に足がかなり疲れていたという悪条件の作用で、HO氏ともども即決で入店を決めたのであった。

1dscn2805 

店内には清楚な女学生が一人居られたのみであった。
幸いというべきであろうか、大勢の女学生さんたちが居られると親爺二人はこの店に似つかわしくない雰囲気を醸し出してしまうかも知れないが(と書きながら、その実あまり気にはしていないのである)、その思いは杞憂に終わったのであった。

1dscn2802 クリームソーダ(ブルーハワイ、いちご)

窓際の席に着いてメニュを繰ると、なんとクリームソーダが3種類(メロン、ブルーハワイ、いちご)も掲載されていた。

HO氏は即決で「いちごクリームソーダ」を、私は若干の逡巡を重ねた後「ブルーハワイクリームソーダ」を選択したのであった。

注文を終えて暫し、クリームソーダが運ばれてきた。
見ると「いちごクリームソーダ」にはいちご1個が、「ブルーハワイクリームソーダ」にはブルーべりーが3個、それぞれのアイスクリームの上に載せられていたのであった。

徐にストローを差し込み、チュパ~~~とソーダを吸うと、舌の先から中程と上顎先端部にかけてソーダの弾けるクリスピーな感覚が広がったのであった。
そして、HO氏がポツリと「子供の頃にあった粉末のソーダの味や。」と呟いたことで、幼い頃の記憶が蘇えってきたのであった。
今から55年ほど前のことであろうか、「ワタナベのソーダの素」という粉末のものがあり、エノケンがテレビで広告していたのであった。
それをHO氏も私も思い出したのであった。

ソーダ水を一啜り飲んだ後、浮いているアイスクリームをソーダ水の中に押し込んだ。
すると、予想通り猛烈な泡が発生し、こぼれないように泡をストローで吸い取ったのであった。
65歳になってもやっていることは10歳の子供の頃と同じで、進歩というか人間としての進化がないというものであった。

   

« KAPADOKYA(トルコ)/ Gamirasu Cave Hotel (宿泊、夕食) [トルコ観光旅行 DAY 4 1800] | トップページ | KAPADOKYA(トルコ)/ Balloon Flight [トルコ観光旅行 DAY 5 0515] »

三鷹(カフェ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« KAPADOKYA(トルコ)/ Gamirasu Cave Hotel (宿泊、夕食) [トルコ観光旅行 DAY 4 1800] | トップページ | KAPADOKYA(トルコ)/ Balloon Flight [トルコ観光旅行 DAY 5 0515] »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ