« 国分寺/ キィニョン国分寺本店 (ナッツキャラメリーゼ スコーン、アイスティー) | トップページ | 国分寺/ Cafe Wasoi (カフェラテ、レアチーズケーキ) »

2018年10月 4日 (木)

小金井/ 栗の実

1dscn0104 

以前から定点観測していた栗の木は実の収穫が終わって久しい。
が、それとは異なる場所の栗の木には5m程にもなる高木もあり、また2m程度の低木もある。
その低木にはまだ栗の実がみのりつつあるものも沢山あった。
毬の大きさは拳ほどにまで成長しており、3割程は茶色くなって弾けているものがあった。
栗の採り入れはまだまだ続くようである。

1dscn0101 

1dscn0108 

1dscn0106 

   

昨日はノーベル化学賞の2018年度の受賞者が発表される日であった。
発表は現地時間の朝、すなわち日本時間の夕方6時頃のことである。
学生時代に東村先生の研究室で2年先輩であった澤本さんの受賞が予想されて久しく、この日は7時頃までなんとなくそわそわと過ごしたのであった。
結局2018年度のノーベル化学賞は他国の研究者が受賞された。
そういえば大学院の1年生の時、統計熱力学を福井謙一先生が講義されていたが、この時も福井先生のノーベル賞受賞は数年前から巷間に語られていた。
そして福井先生がノーベル賞を受賞されたのはそれから数年後のことであった。
澤本さんのノーベル賞受賞もそんなに遠い未来のことではないと確信するところである。

   

« 国分寺/ キィニョン国分寺本店 (ナッツキャラメリーゼ スコーン、アイスティー) | トップページ | 国分寺/ Cafe Wasoi (カフェラテ、レアチーズケーキ) »

小金井市(自然)」カテゴリの記事

コメント

沢山の毬がありますから栗が沢山収穫できそうですね。
でも栗の木、本当に重そうに見えます。
栗は美味しいですが落ちた実の中に虫くんが入っていることがありますでしょう?
あの痛そうな毬の中にどのように入るのか以前から不思議でした。
もしかしたら栗が土の上に落ちてから虫くんがお邪魔するのでしょうか~~ ‥‥。
やっぱり虫くんも栗が好きなのですね。

FORTNUM & MASONさん
一本の栗の木には何個くらいの毬ができるのでしょうか。
年によってばらつくのかも知れませんが、この栗園の木は所謂鈴なり状態でした。
沢山実が獲れるのでしょうねェ。
虫、ですか?
栗に付く虫って、成長したらどういう形になるのでしょう・・・。
生の栗は皮が硬く、また実もゴリゴリですから、虫の歯は相当頑丈にできているのでしょうねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小金井/ 栗の実:

« 国分寺/ キィニョン国分寺本店 (ナッツキャラメリーゼ スコーン、アイスティー) | トップページ | 国分寺/ Cafe Wasoi (カフェラテ、レアチーズケーキ) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ