« 吉祥寺/ LIVECOFFEE 吉祥寺店 (エスプレッソ・マキアート) | トップページ | 成田/ ターキッシュエア チェックイン [トルコ観光旅行 DAY 1 1800] »

2018年10月12日 (金)

吉祥寺/ 中華一番 (かけらぁ麺+半炒飯セット)

1dscn0221 中華一番

か、かけらぁめん~~~?
に、にひゃくきゅうじゅうえん~~~?
所用を終えて昼食をどこか手軽な処で摂ろうとしていた時のことであった。
ハモニカ横丁の入口の横に新しい店ができたのかなァと目を遣ったら「かけらぁ麺」という有りそうで無かった名称のラーメンがあることに気付いたのであった。
おまけにその価格たるや290円である。
あの日高屋ですら390円であるのに、290円とは驚愕の価格である。

1dscn0208 

ふと立ち止まったのが最後、290円という価格とかけらぁ麺という斬新な名称に惹かれて、というか立ち昇る興味を抑えることができずに自動扉を通って店内に歩を進めていたのであった。

1dscn0207 

菜譚を見ると選べる麺セットというのがあり、その中から半炒飯セットの「かけらぁ麺+半炒飯セット」をいただくことにした。
何と言っても「かけらぁ麺」は食べないとここに入った意味がないというのもである。
おまけに菜譚の「かけらぁ麺」には『迷ったらコレの定番』との注釈まで付いているのであるから、迷わないならもちろんコレである。

1dscn0212 かけらぁ麺+半炒飯セット

11時を少しだけ過ぎた店内には私以外には若いお兄ちゃんが一人居るだけであったが、「かけらぁ麺+半炒飯セット」が供されるのに5分と少しの時間がかかったようであった。

1dscn0216 かけらぁ麺

先ずは「かけらぁ麺」の容姿を眺めた。
スープは濃い黒色に近い色合いで、その中に黄色味のある麺がたゆたっていた。
トッピングは軽く茹でられたモヤシとそぼろ状態の肉で、刻みネギがはとらりかけられていた。
非常にシンプルな容姿であるが、「かけらぁ麺」というその名称の割には豪華である。
最初にスープを蓮華に一掬い啜ってみた。
イケル味である。
例えとしての適正さには若干の疑問があるかもしれないが、敢えて述べるとそれは『溜まり醤油』の円やかな味わいに似た味であった。
また、このスープがモヤシを咀嚼することによって出てくる淡白な旨味と好い対をなしていた。
麺の量も程良く、これで290円とは抜群にCPが良いのであった。

1dscn0217 半炒飯

炒飯は具の種類も量も些か寂しい感じであったが、「かけらぁ麺」のスープと合わせることにより、良い感じでいただけた。

   

« 吉祥寺/ LIVECOFFEE 吉祥寺店 (エスプレッソ・マキアート) | トップページ | 成田/ ターキッシュエア チェックイン [トルコ観光旅行 DAY 1 1800] »

吉祥寺(中華料理)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥寺/ 中華一番 (かけらぁ麺+半炒飯セット):

« 吉祥寺/ LIVECOFFEE 吉祥寺店 (エスプレッソ・マキアート) | トップページ | 成田/ ターキッシュエア チェックイン [トルコ観光旅行 DAY 1 1800] »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ