« イスタンブール(トルコ)/ テレビ | トップページ | 吉祥寺/ LIVECOFFEE 吉祥寺店 (アイス・カフェ・オレ) »

2018年8月23日 (木)

吉祥寺/ 肉あんかけチャーハン 炒王 (肉あんかけチャーハン)

1img_0603 肉あんかけチャーハン 炒王

一昨日、家の固定電話機を買い替えるために吉祥寺にある家電量販店を訪ねた。
吉祥寺駅の改札口を出たのが11時30分頃のことであり、若干早めではあるが先ず昼食を摂っておくことにした。
久しぶりに町中華のチャーハンが食べたくなり、吉祥寺界隈の店を予めネットで調べてみたもののこれといってソソラレル店は無かった。
が、カテゴリは異なるがチャーハンでヒットした「肉あんかけチャーハン 炒王」に行ってみることにしたのであった。

「肉あんかけチャーハン 炒王」はJR吉祥寺駅の公園口から徒歩で1分以内の場所にあり、両サイドを松屋と日本一寿司に挟まれていた。
また、その店頭はディスプレイなどに工夫が凝らされた一際賑々しい雰囲気の店構えであった。
なお、看板を見て分かったのであったが「炒王」と書いて「チャオ」と読むのであった。

1img_0607 自動券売機

自動扉の入口を入って直ぐ左側の所に自動券売機が置いてあった。
初めての入店であったことから、いつものように最上段最左にあるスタンダードメニュで店名にも冠されている「肉あんかけチャーハン」のボタンを躊躇なく押したのであった。

1img_0605 先ずはスープが置かれた

手にした食券を持ってカウンター席の入口に近い場所に座ろうとすると、ニヒルなお兄さんが早々とスープを持って近付いて来て、スープを目の前に置くと同時に食券の半券をむしったのであった。
そして、抑揚を抑えた声で「大盛は無料」ということを告げてきたのであった。
「大盛」という言葉に未だに反応する自分を意識しながら「普通サイズ」でお願いしたのであったが、やはり大盛にするべきであったのではないかいなと内心穏やかならざるものがあったのも事実である。
なお、後から続いて入店したお兄さんやおっちゃん達は皆さん大盛を選択されていたし、出てきた大盛を見ると実に魅力的な大きさであった。

1img_0613 

スープだけが目の前に鎮座している状況で待つこと暫し、店内奥にある厨房で仕上げられた「肉あんかけチャーハン」がニヒルなお兄さんによって運んでこられた。

1img_0610 肉あんかけチャーハン

「肉あんかけチャーハン」はアツアツの「あん」が玉子チャーハンの上に掛けられたもので、かなり激しく湯気が立ち上っていた。
写真でピントが合っていないように見えるのは立ち昇る湯気のせいである。

「あん」は3cm程の長さに切られた豚肉が旨味を帯びたトロミのあるスープに入れられていて、これが玉子チャーハンとコラボレーションしていたのであった。
なお、私は普通サイズでいただいたが、今の私にはこの大きさで十分であった。

   

1img_0616 吉祥寺どんぶり

「肉あんかけチャーハン 炒王」の斜め向かいに「吉祥寺どんぶり」という店があった。
看板を見るとガッツリ系の丼専門店のようで、一瞬心が惹きつけられた。
が、看板の3人のお兄さんを見て、やめにした。

   

« イスタンブール(トルコ)/ テレビ | トップページ | 吉祥寺/ LIVECOFFEE 吉祥寺店 (アイス・カフェ・オレ) »

吉祥寺(中華料理)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« イスタンブール(トルコ)/ テレビ | トップページ | 吉祥寺/ LIVECOFFEE 吉祥寺店 (アイス・カフェ・オレ) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ