« 佃/ 住吉神社例大祭 シロップ水 | トップページ | 佃/ 住吉神社例大祭 獅子頭宮出し »

2018年8月 6日 (月)

佃/ 住吉神社例大祭 神社境内の鶴

1img_0269 境内(神楽殿、銀杏の木)

今年は佃島にある住吉神社の例大祭の年である。
私は3年前に初めて例大祭に催行される「獅子頭宮出し」に魅せられ、一昨日は早めに住吉神社に着いた。
先ずは拝殿に詣で、次いで境内を見回すと綺麗に掃き清められていた。
時に8時40分頃のことであった。

1img_0273 境内(拝殿)

境内を見回すと、既に数人の写真愛好家の方々が参道に沿って撮影場所を確保されていた。
一方、神楽殿と銀杏の木の間はCanonを携えた男性が一人居られたのみであった。
この場所は拝殿をほぼ正面に見ることができるとともに獅子頭が神楽殿に近接してきた際には直ぐ傍で見ることができる好位置である。
早速銀杏の木と神楽殿のほぼ中央に立って、そこを撮影場所としたのであった。
「獅子頭宮出し」まで約75分であった。

1img_0274 長老

暫らくすると、長老らしき人が神楽殿前の土の上に絵を描き始められた。
先に来られていたCanon氏が訊ねられたところ、帰って来た答は「鶴」の絵ということであった。

1img_0277 鶴の絵

長老は約10分で「鶴」の絵を描き終えられた。
最後に流れる雲をサラリと描き終えられた長老はいずこともなく姿を消されていた。

1img_0301 獅子頭宮出し

「獅子頭宮出し」が行われている間、若い衆に担がれた獅子頭が拝殿と神楽殿の間を何度も往ったり来たりしていた。

1img_0310 獅子頭宮出し後

そして、「獅子頭宮出し」の後、絵の鶴は姿を消していた

   

1dsc_3585 気風の良いお兄さんの袢纏には鶴

   

« 佃/ 住吉神社例大祭 シロップ水 | トップページ | 佃/ 住吉神社例大祭 獅子頭宮出し »

佃(祭礼)」カテゴリの記事

コメント

地面に鶴の絵とは、またかっこいいですね。一種の祈祷ですか、祝いの絵でしょうか。今日、大阪の住吉さんに朝、行ってきましたが、こっちも祭りのときは凄いのでしょうね。九条にある茨住吉でも、祭りのときは、昔は商店街に神輿が繰り出してすごくにぎやかだったんですが、いまは寂れたようです。

Kincyanさん
境内の土の上に鶴の絵とは、なかなか趣があるというものですね。
佃島の住吉神社はご存じのように大阪にその基がありますから、ご近所の茨住吉神社とも浅からぬ共通点があるのではありますまいか?
商店街が寂しくなるとその地域に住む人の出入りも少なくなり、神社の祭礼も縮小化していくのでしょうか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594928/67027298

この記事へのトラックバック一覧です: 佃/ 住吉神社例大祭 神社境内の鶴:

« 佃/ 住吉神社例大祭 シロップ水 | トップページ | 佃/ 住吉神社例大祭 獅子頭宮出し »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ