« NY/ LINCOLN CENTER (THE MOSTLY MOZART FESTIVAL)) | トップページ | 小金井/ 緑町のパン屋さん クラウン (自家製ハムカツのおかずコッペ) »

2018年7月27日 (金)

小金井/ 田舎うどん かもkyu (すだちうどん)

1img_0108 田舎うどん かもkyu

昨日は所用があってJR武蔵小金井駅の北側を訪ねた。
所用が終わったのが11時半頃のことであり、昼食を摂るべく武蔵野うどんの名店である「田舎うどん かもkyu」を目指した。
当店を訪ねるのは約2ヶ月ぶりのことである。

入口の引戸を開けると、店の皆さんが明るい声で迎えてくださり、たいそう気分の好いものであった。
そして、案内された席に着いてお品書を見た。
過去には温かいうどんをいただいていてこれらは大層美味で再度いただくのも悪くはなかったが、連日の猛暑を過ごしてきたこともあって今回は冷たい系のものをいただこうと考えた。
10種類ある「冷やしメニュー」を一通り吟味した結果、メニュの最上段に記されている「すだちうどん」をいただくことにした。

1img_0111 すだちうどん

当店では注文を受けてからうどんが茹でられることから、10分ほど経ったところで「すだちうどん」が運ばれてきた。
先ずはその容姿を見て驚き、次いで嬉しくなったのであった。
それは、スライスされたすだちが所狭しと、それも結晶構造のように整然と最密充填で並べられていたからであった。
最近私の想像力が衰えているせいか、すだちが半分にカットされたものが載せられていて、それを絞っておつゆに混ぜていただくというようなことを漫然と思い浮かべていたので、このようなスタイルですだちが並べられているということを思い描かなかったのであった。
反省するところ大である。

なお、この「すだちうどん」を目の当たりにした瞬間には、2013年9月に江東区大島にある「りんすず食堂」で「レモンラーメン」という佳品をいただいたが、そのことを思い出させられた次第であった。

1img_0114 すだちうどん

先ずは「すだちうどん」のおつゆを一啜りしてみると、鰹だし系のおつゆが濃いめに仕上げてあった。
やはり冷やし系のものは温度のせいで味が薄目に感じられることを計算された上での味の調整が施されていたのであった。

次に、スライスされたすだちの一枚を舌と上顎の間に挟み、圧搾してみた。
すると思ったよりも酸味が穏やかな味わいで、スライスを一旦出してそこにうどんを啜りあげてみた。
おつゆの旨味とすだちの棘のない酸味とうどんの小麦粉系甘味が相乗的に作用して、夏のうどんを代表する一品といっても過言ではないほどの爽やかさで口腔内が満たされたのであった。

1img_0115 すだちうどん

また、スライスされたすだちの多くはかなり薄目に仕上げてあり、種をはずしてうどんと一緒に咀嚼すると、皮から滲み出る柑橘系の苦味が実に佳いアクセントとなり、より味わい深いものへと変貌するのであった。
この味は、一度味わったら病みつきになりそうな佳味であった。

   

1img_0106 

かもkyuと浴恩館公園の間に小さな公園があった。
その小さな公園の中に鮮やかな黄色に彩られたゾーンがあり、目が惹き付けられた。
良く見ると、その黄色が今が満開の向日葵の花なのであった。
住宅地の真中に満開の向日葵があるというのは大変良い感じであった。

1img_0105 

   

« NY/ LINCOLN CENTER (THE MOSTLY MOZART FESTIVAL)) | トップページ | 小金井/ 緑町のパン屋さん クラウン (自家製ハムカツのおかずコッペ) »

小金井(うどん)」カテゴリの記事

コメント

これは、行徳あたりではみかけないうどんですね。うどん県の香川ではあるのかもしれません。この蒸し暑い夏にちょうど良い清涼感のあるうどんなのでしょう。台風が来るというので、家にこもった一日でした。

Kincyanさん
変な動きをしている台風は関東地方からは遠ざかったようで、陽が射してきました。
今日あたりは自転車で出陣でしょうか?
私も昨日は一歩も外出せず、家の外に出たのは夕刊を取りに行った時だけでした。
さて、すだちの輪切りを敷きつめるというアイデアはかなり以前からあるようでして、蕎麦屋さんでは偶に供されている店があるようです。
まあ同じ麺類ですから、うどんでもありでしょうし、結構佳い味わいになりますので超薄切りにしてパスタに載せるというイタメシ屋さんも出てくるかも知れませんですな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小金井/ 田舎うどん かもkyu (すだちうどん):

« NY/ LINCOLN CENTER (THE MOSTLY MOZART FESTIVAL)) | トップページ | 小金井/ 緑町のパン屋さん クラウン (自家製ハムカツのおかずコッペ) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ