« サッカーワールドカップ/ USA94 | トップページ | 小金井/ 和風ジェラート おかじ (氷菓 ゆこう) »

2018年7月24日 (火)

小金井/ König本店 BBQ & Cafe (ローストポーク)

1dsc_1328 König本店 BBQ & Cafe

今日は小金井市の全額補助(オプションは対象外)で行われる小金井市健康診査を受診した。
健康診査の手順として、朝から食事は禁じられており、申し込んだ病院に到着した時点で既に空腹の極みに達していた。

健康診査が終わったのが11時15分頃のことであり、病院から少し離れてはいたが駅付近にまで出るのと大差は無さそうであったので「König」の本店に向かった。

「König」の本店には2年半程前に訪ねて以来である。
エントランスから階段で2階に上がり、エアコンの効いた部屋の窓から明るい光が入るテーブルに着いた。

渡されたメニュを見ると、前回に比べて目新しい料理が増えていたが、昨年HO氏の紹介で訪ねた茨城県の有名ドイツ料理店で当店とも関係がある「ハンス・ホールべック」のローストポークが美味であったことを思い出し「ローストポーク」をいただくことにした。

1dsc_1317_2 ドイツ風キャベツサラダはガラス製の蓋が付いた容器で供された

「ローストポーク」には「ドイツ風キャベツサラダ」と「スープ」が付いていた。
先ず「スープ」からいただいたが、ベーコンからきたコク味のある味わいと燻製香が口腔内に広がった。
そして、喉元を通り過ぎたスープは空っぽでひたすら渇いた胃袋で瞬時に跡かたもなく吸い取られてしまったようであった。

「ドイツ風キャベツサラダ」は前回訪問時にも供されたが、その時は千切りキャベツにプチトマトの半実が載せられただけもので、私は殆ど手を付けずに残したのであった。
しかしながら、今回の「ドイツ風キャベツサラダ」ではキャベツは酸味の強いドレッシングで和えられていて、ソフトな食感と酸味を纏った千切りキャベツに変貌していた。
若干酸味が強かったが、サッパリとした味わいであった。

1dsc_1325 ローストポーク、ソーセージ、ザワークラウト、ドイツパン

そして待つこと暫し、四角いプレートにローストポークとソーセージ、ザワークラウト、ドイツパンなどが盛りつけられて供された。

1dsc_1323 ローストポーク

先ずは「ローストポーク」からいただいた。
最初は一口大にカットして、何も付けずにそのままいただいた。
一噛み二噛みと咀嚼を始めると、肉の柔和な歯応えが実に佳い心地であった。
また、肉から滲みだす脂がことのほか甘く、上質の肉を選びそれを丁寧に仕上げたローストポークの味わいであった。
久しぶりにハイレベルの料理をいただいたという実感があり、全て美味しく胃に納めさせていただいた次第であった。
ただ、量的にはドイツサイズには及ばず、胃袋に余裕が残ったことは少し寂しいことであった。
願わくばもう1枚欲しいところであった。

   

ドイツの料理において、ソーセージもパンも数えきれないほど種類があり、浅学にしてそれらの名称を知るところではない。
したがって、今日いただいたソーセージもパンもその名を記すことができないでいる。
口惜しいことであるが、それが私の実力というものである。
残念!

   

« サッカーワールドカップ/ USA94 | トップページ | 小金井/ 和風ジェラート おかじ (氷菓 ゆこう) »

小金井(ドイツ料理)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« サッカーワールドカップ/ USA94 | トップページ | 小金井/ 和風ジェラート おかじ (氷菓 ゆこう) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ