« 新宿/ 池林房 (居酒屋) | トップページ | 衝動食い »

2018年7月17日 (火)

小金井/ 春秋庵 (冷やし担々麺)

1img_1612 春秋庵

連日猛暑が続いている。
自室に居てエアコンを入れずに窓を開けていると、窓から入って来るぬる風を感じるが、その温度は体温よりも高いのではないかと思えるものである。
私は凡人でその中でも根性の無い方であるから心頭滅却すれば火もまた涼しなどということはあり得ない。
が、しばしこの暑さを感じていようかと思う。(7月17日15時45分現在)

そういえば東日本大震災のあった年の夏は節電モードの中、一回もエアコンを点けないで過ごしたが、このことにより体調を損ねたようで、その冬は大風邪をひくという顛末であった。
できることなら決して無理をしてはいけないということを身に滲みて体感した次第であった。

さて、昨日も猛暑であったが、昼に散歩に出掛けた。
目的は、右足の脹脛に痛みがあってなかなか治らないので二日ほどなるべく動かさないようにしたら痛みが無くなったので、では回復の程度を調べてみむ、と出掛けたのであった。(歩いた結果、痛みが復活し、ず~っと治らないでいる。)
また、併せて冷やし中華が無性に食べたくなったことも出掛ける動機であった。

1img_1602 

暑さのせいで人気の絶えた新小金井街道を歩いていると、都合の好いことに「春秋庵」の店先に「冷やし担々麺」の貼紙を見付けた。
「冷やし担々麺」は冷し中華とは全く異なるものであるが、春秋庵のラーメンは遥かに上質のもので入店を拒む理由は皆無である。

1img_1604 冷やし担々麺

早速、暖簾を潜り、引戸を明けて店内に歩をすすめ、券売機から「冷やし担々麺」の食券を購ったのであった。
お兄さんに食券を手渡してから席に着いて待つこと暫し、いつもいただく熱い方の担々麺と変わらぬ姿の「冷やし担々麺」が供された。
敢えて相違点を上げると湯気の有無であろうか・・・。

1img_1607 

お姉さんから「良くかき混ぜてお召し上がりください」とのインストラクションを受けて、良くかき混ぜていただいた。
味は暖かい担々麺と同じで胡麻ベースのスープが好い感じである。
また、水菜には熱が加わわっていないことから、そのシャキっとした歯応えが良く、涼しさの演出に一役かっていたのが印象的であった。
ただ全体に温度が低い一品であるから熱いのに比べると味がマイルドに感じられた。
私的にはラー油をもっと多くしてもらえていると嬉しいところであった。
とかなんとか思いつつも、スープを最後まで飲み干していた。

1img_1608 緑茶

なお、お姉さんからお口直しのお茶ということで、一杯の緑茶が供された。
一口含むと緑茶で口腔内がリフレッシュされたと同時に、緑茶の清涼感というものが実感されたのであった。
ラーメン専門店で温かいお茶の清涼感を感じたのは稀有なことであった。
「春秋庵」の美味を希求する飽くなき姿勢には脱帽である。

   

1img_1610 猛暑のせいかいつもは人通りの絶えない新小金井街道沿いの歩道は人影が絶えていた

   

« 新宿/ 池林房 (居酒屋) | トップページ | 衝動食い »

小金井市(ラーメン)」カテゴリの記事

コメント

暑い日が続きますね。冷房を入れないとは、立派な事ですが、ほどほどにね。わたしの家も、家人がいるときは扇風機のみです。いなくなると、冷房をかけます。やっぱり28度以上になると冷やさないとね。多分熱中症になるので、我々老人は特に注意しないといけません。オヤジに、夏は冷房をつけてくれと口を酸っぱくして言っていたのを思い出しました。

Kincyanさん
連日暑い上に湿度が高くてしんどいことです。
世代のせいかエアコンは贅沢なような気がしますが、病に倒れたら元も子もありませんから、無理はしないでエアコンを活用すべきと思う今日この頃です。
そういえば、私も91歳の母親にはエアコンを活用するよう言うております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小金井/ 春秋庵 (冷やし担々麺):

« 新宿/ 池林房 (居酒屋) | トップページ | 衝動食い »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ