« 永田町/ TERRACE CAFE (スペシャルティーコーヒー) | トップページ | 小金井/ 山王稲穂神社 例大祭 (渡御) »

2018年5月27日 (日)

銀座/ 泰明庵 (かき揚げ天もり)

1img_9054 夜の泰明庵

10日ほど前のことである。
HO氏と永田町の議員会館で外交時事放談を聴いた後、銀座で一献傾けることにした。
向かった先は蕎麦の名店である「泰明庵」であり、夜は蕎麦前に一献飲ることができる佳店である。

1img_9029 ビール、男は黙ってサッポロビール。女将さんは収益計算か?

引戸を開けて2階に上がると既に満席状態であって、再び1階に戻ると左程の混み様では無かったことから壁側の奥から2番目のテーブルに着くことができた。
その後1階も混み始めたが、女将さんの優しさから我々は相席にさせられることなく最後までゆるりと過ごせたのであった。

テーブルに着いて永田町から歩いてきた体温を鎮めるべくビールを注文した。
ビールを注文すると銘柄を問われたが、M社時代の名残でサッポロビールをいただくことにした。
お互いのグラスにビールを注ぎ、程良く泡ができたところで乾杯した。
喉越しの美味さ、食道を伝わる快感、胃の腑に流れ込む充足感、実に佳い感じであった。

1img_9031 豊富なお品書の札

ビールで一息ついた後、肴の選択に入った。
壁の並んだ短冊を見るとなかなか心が定まらなかったが、お姉さんのお薦めを容れて「水茄子」、「春野菜の天ぷら」、それから私の好物である「出汁巻き玉子」をいただくことにした。

1img_9034 水茄子

程なくして「水茄子」がテーブルに置かれた。
早速口に運ぶとパキッとした食感が涼やかで、程良く漬けられた浅漬けの塩味と茄子の淡い蘞味が得も言えぬ美味さであった。

1img_9037 春野菜の天ぷら(蕗のとう、こごみ、菜の花)

また、続いて供された「春野菜の天ぷら」(という名前だったように思う)は、蕗のとう、こごみ、菜の花が天ぷらにされていて、それぞれに濃淡はあるものの固有の葉緑素系の苦味と、そこに衣の植物油系の旨味が加わり、これまた頬落・落涙・涎落・洟垂の境地に至ったのであった。

1img_9038 出汁巻き玉子

「出汁巻き玉子」は味付けは抑えめにしてあって、そのままいただくのも好し、大根おろしでいただくのも好し、醤油でいただくのも好し、という酒の肴としては王道の一品であった。

1img_9039 

HO氏は体調調製の意味もあってビールを続けられたが、私は例の如く清酒に切り替えた。
最初に一杯は特別純米酒という文言に魅せられて「黒帯」を選択した。

1img_9040 「黒帯」の表面張力

「黒帯」は清澄な味わいの清酒で、肴との相性も良かった。
清酒とくればやはり噛んで味の出る肴が良い。
HO氏に相談すると氏はビールを飲みながらも選んでくれたのが「うるめいわし」であった。
また、加えて「さつま揚げ」もいただくこととした。

1img_9043 うるめいわし

「うるめいわし」は炙る程度に焼かれた状態で供され、熱が通ったことによってその身に弾力の強い柔らかさが宿り、これが実に良い歯応えとなっていた。
また咀嚼を繰り返すことで旨味が広がり、そこに清酒を含むと悶絶的旨味の饗宴が繰り広げられるのであった。

1img_9044 さつま揚げ

暫らくして供された「さつま揚げ」は同じ魚を原料としていながら枯れた「うるめいわし」とは好対照の油系の一品で、噛めば噛むほどジュワリと旨味が滲みだし、これまた清酒の佳い肴なのであった。

1img_9046 天狗舞

清酒の二杯目をいただこうかという段になって、HO氏も清酒に切り替えられることとなった。
選ばれたのは「天狗舞」であって、これは「泰明庵」がず~っと昔から置いている清酒である。

1img_9048 壁には年を経た天狗舞のお品書

その証左の一つとして年を経て紙が劣化しつつあるお品書を壁に見ることができるのである。

1img_9047 天狗舞は淡い黄色

「天狗舞」もお姉さんが受け皿に溢れさせながらもちゃんと表面張力で液面が盛り上がるように注いでくれた。

1img_9049 天もり

1img_9052 かき揚げ天もり

最後に蕎麦で〆ようということになり、HO氏は「天もり」を、私は「かき揚げ天もり」をいただいた。
なお、HO氏から海老の天ぷらの一本をいただき、私からはかき揚げを一個進呈したのであった。

   

« 永田町/ TERRACE CAFE (スペシャルティーコーヒー) | トップページ | 小金井/ 山王稲穂神社 例大祭 (渡御) »

銀座(蕎麦)」カテゴリの記事

コメント

夜の蕎麦屋もいいものですね。
あまり深酒にならず、さらりと
呑める。だんだんと、お酒に
対する耐性が無くなりますので
今後は、これくらいでいきましょう。

Kincyanさん
山口の旅先からいただいたコメントでしょうか?
ありがとうございます。
さて、私たちもそろそろ自分の適量の八割程度に抑えた酒量で楽しむのが良いですね。
また日によって体調も異なりますから、まあぼちぼち飲むことにいたしましょう。
そういう意味では泰明庵での酒量は程良い加減でしたねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/ 泰明庵 (かき揚げ天もり):

« 永田町/ TERRACE CAFE (スペシャルティーコーヒー) | トップページ | 小金井/ 山王稲穂神社 例大祭 (渡御) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ