« 西荻窪/ Patisserie Lotus (クレープシュゼット、コーヒー) | トップページ | NY/ LINCOLN CENTER (NORIO OHGA, Conductor, Members of the METROPOLITAN OPERA ORCHESTRA) »

2018年5月11日 (金)

京橋/ てんぷら 秀 (特上天丼)

1img_7090 てんぷら 秀

過日のことであるが、京橋における焼鳥の佳店であり昼は焼鳥丼を食べることができる「栄一」に行こうとして店の前に行ったら、11時半の開店までに僅かに早く、店の扉は閉められたままであった。
いたしかたなく、近所の店を当たって見ると「てんぷら 秀」という外観は老舗なのか、はたまた単に老朽化しただけなのか判じかねる店が目に入ったのであった。

1img_7096 

店頭に置かれたお品書を見ると、昼は丼ものを核に9種類の天ぷら料理で勝負をする店であった。
この時、天ぷらには随分の間ご無沙汰という状態であったことから、久しぶりに天丼をいただこうという気分になり、気付くと店の引戸に手を掛けていたのであった。

店内に入ってみると、なかなか渋い燻し銀のような設えとなっており、カウンター席で入口に近い側で店主殿が天ぷらを揚げておられた。
因みに、後から来たサラリーマンたちは2階に上がっていったので、2階でも食事はできるようであった。

私は店主殿の前の席にいた天ぷらコースを食べておられた先客を遣り過ごし、奥から3番目の椅子に着いた。
そこで改めてお品書に目を通し、「特上天丼」をいただく旨を店主殿に告げた。
ここで、熱燗を一本、と思ったが、何故かこの日は自重したのであった。

1img_7093 特上天丼(海老2、鱚、穴子、茄子、ピーマン)

注文を終えて10分はしなかったが、それに近い時間を経て「特上天丼」が供された。
「特上天丼」には店主殿によって手際よく揚げられた海老2尾、鱚、穴子、茄子、ピーマンの天ぷらが丼つゆの壺を潜り、それぞれが程良い色合いの衣を纏った状態で載せられていた。
そして、目の前に供された「特上天丼」からはホワホワ・ホワワと湯気が発っていた。

食材はいずれも新鮮で、敢えて不満を言えば穴子のサイズが小ぶりであるというくらいであるが、この価格でこのクオリティは申し分ないというものであろう。
たいへん美味しくいただいて、最後にお茶を啜ってから店を後にしたのであった。

1img_7094 

1img_7095 

   

« 西荻窪/ Patisserie Lotus (クレープシュゼット、コーヒー) | トップページ | NY/ LINCOLN CENTER (NORIO OHGA, Conductor, Members of the METROPOLITAN OPERA ORCHESTRA) »

京橋(てんぷら)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594928/66649816

この記事へのトラックバック一覧です: 京橋/ てんぷら 秀 (特上天丼):

« 西荻窪/ Patisserie Lotus (クレープシュゼット、コーヒー) | トップページ | NY/ LINCOLN CENTER (NORIO OHGA, Conductor, Members of the METROPOLITAN OPERA ORCHESTRA) »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ