« 吉祥寺/ 近江屋 (大地のコーヒー、サヴァラン) | トップページ | 新宿/ 楽羽亭 (呈茶) »

2018年4月13日 (金)

新宿/ 新宿御苑 (八重桜)

1img_7913 

先日、「桜はソメイヨシノは終わったものの八重桜が新宿御苑で満開を迎えているので、観に参りませぬか。」とYH氏からお誘いがあり、「では、いざ参りませふ。」と出掛けたのであった。
新宿御苑は平日であったが多くの人で賑わっていて、その多くは海外の人達であった。
YH氏とは苑内をゆるゆると巡ったが、いずれの八重桜の木もまさに満開状態であり、加えて天気が穏やかであったことから、非常に佳い観桜となったのであった。
こういう佳い機会に恵まれ、YH氏には心から感謝である。

なお、一口に八重桜といっても多くの種類があることを知ったのであったが、その相違はなかなか見わけにくいものであった。
また、後学のためにあるいは我が備忘録として八重桜の木と花を撮影しておいた。

1img_7898 関山(カンザン)

1img_7899 同上

1img_7897 同上

1img_7903 普賢象(フゲンゾウ)

1img_7904 同上

1img_7928 一葉(イチヨウ)

1img_7931 同上

1img_7932 八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)

1img_7938 琴平(コトヒラ)

1img_7937 同上

1img_7939 駿河台匂(スルガダイニオイ)

1img_7941 同上(花は球状に並ぶようである)

1img_7995 鬱金(ウコン)

1img_7996 同上

1img_8005 福禄寿(フクロクジュ)

   

新宿御苑には八重桜を観に行ったのであったが、桜以外にも多くの植物が植えられていたり、また趣のある景色を眺めることもできた。

1img_7978 倒木から成長した若木(自然界に宿る不屈の魂を感じた)

1img_7979 同上(立派に花を咲かせていた)

1img_7905 ハンカチの木は大木である

1img_7908 ハンカチの花

1img_7910 同上(ハンカチのような花が風でヒラリと揺れていた)

1img_7925 松に亀(お目出度い組合せ)

1img_8008 高層ビルも見える

1img_8010 温室(中は広大で沢山の熱帯植物が展示されていた)

   

« 吉祥寺/ 近江屋 (大地のコーヒー、サヴァラン) | トップページ | 新宿/ 楽羽亭 (呈茶) »

新宿(街の風景)」カテゴリの記事

コメント

八重桜もいろいろな種類があるのですね。
今年の染井吉野はあれよあれよという間に葉桜になってしまって、なんとなく忘れ物をしたような気持ちでおりましたが、WEB上で素敵なお花見をさせていただきました。ありがとうございました!
福禄寿の大木が見事ですね。真下から見上げたら、夢のような景色が見えそうです。来年は私もぜひうかがってみようと思います。

八重桜は染井吉野より花弁が重い感じがありますがやはり美しいです。
八重桜と聞きますとお目出度い席での桜湯を思い浮かべてしまいます。
ハンカチの花は花の列びかたがタイツリソウに似ていますね。
こちらも桜にはない個性的な美しさが感じられて素敵なお花ですね。

花子さん
桜に多くの種類があることは昨年でしたが東京学芸大学の市民向けの講座で知りましたが、八重桜にも多くの種類があり認識を新たにしたところです。
桜の木々は大切に手入れをすると長生きしますし、それに合わせて大きく立派な木にもなるのですねェ。
毎年いろいろな桜の花を愛でたいものです。

FORTNUM & MASONさん
深夜のコメント、ありがとうございます。
花弁が重たい感じ、とういのは言い得て妙ですねェ。
桜湯の塩漬け桜は八重桜なのですか~、今まで気付いておりませんでした。
ハンカチの実は昨年でしたが野川に近い園芸家さんで見ましたが、ハンカチの花は今回始めて見ました。
花は良く観察しますと、皆それぞれ個性的な形や色であることが分かります。
花は今まで何気なく見てきましたが、写真を撮るようになってその個性の違いに惹かれるようになっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿/ 新宿御苑 (八重桜):

« 吉祥寺/ 近江屋 (大地のコーヒー、サヴァラン) | トップページ | 新宿/ 楽羽亭 (呈茶) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ