« お年玉 | トップページ | イスタンブール(トルコ)/ ピスタチオ »

2018年1月 4日 (木)

千葉/ 落花生 (甘納豆)

1img_4887 

先日、娘が大学時代のゼミの友人に会いに出掛けた。
その友人の人は千葉県船橋市に在住される人であって、JRを乗り継いで船橋に行ったのであったが、帰りに落花生でできた甘納豆を買ってきてくれたのであった。
千葉県は落花生の生産では国内の八割を占める大生産地として有名であり、いろいろな土産品も販売されている。
敢えて述べるまでもなく、私も多くの人と同じように殻付きの落花生やローストした落花生は食べたことがあった。
しかしながら、甘納豆に仕上げられた落花生は初めてであった。

1img_4888 

袋の裏側を見ると、「おおまさり」という品種の落花生が使われているとのことである。
更に詳しく見ると、この落花生の甘納豆は「子供のおやつ」、「お茶の友」、のみならず「酒の友」にもなるように工夫されていると書いてあった。

1img_4890 

早速にいただいてみた。
先ず口当たりであるが、落花生で経験する硬い芯は全く感じられず、むしろ全体的にしっとりとした柔らかい食感であった。
この食感は、例えば大きな豆の甘納豆で感じるあの柔和な食感と全く同じであった。
また、味わいも一般的な甘納豆のものと同様で、くどさのない優しい甘味であった。
この味わいは、説明書きにあったように「お茶の友」として申し分なく、また子供のおやつとしても喜ばれるものであろうと納得するところである。
なお、「酒の友」としての評価であるが、私個人的にはコニャックには佳いように感じたが、清酒と合わせるのは2~3粒程度が限度ではなかろうかと思料した次第であった。

   

« お年玉 | トップページ | イスタンブール(トルコ)/ ピスタチオ »

甘納豆」カテゴリの記事

コメント

あら、とても美味しそうな落花生ですね。
おおまさりは殻のまま塩ゆでにして頂きますと甘味が強くてホックホクで美味しいですよ。
これだけ大粒ですと食べごたえがありますでしょう。
お正月に相応しく縁起の佳い お福豆みたいですね。

FORTNUM & MASONさん
おおまさり、という品種をご存じなのですかァ。
私は新入社員の時、千葉県の市原市に8年間居りましたが、落花生の品種に関しては全く知識がありません。
千葉に8年間も居ながら落花生、またの名をピーナッツという程度にしか知らないでいます。
恥じ入る次第です。

千葉県人としてお恥ずかしい事ながら、このピーナッツ製品は知りませんでした。今度、ピーナッツ専門のおみやげ屋で探して見ます。昨日のテレビ東京でやってましたが、専門店が木更津にあるとのことです。

Kincyanさん
ピーナッツの甘納豆って、珍しいですよねェ。
私もつい先日まで知りませんでした。
まあ、こういう情報に接することで我々の脳味噌が掻き回されるので、脳の劣化防止には良いのかもです。
木更津にピーナッツの専門店があるのですか。
機会があれば訪ねてみたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉/ 落花生 (甘納豆):

« お年玉 | トップページ | イスタンブール(トルコ)/ ピスタチオ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ