« 小金井/ 鳥(鳶) | トップページ | 小金井/ 貫井神社 (落葉) »

2017年12月 6日 (水)

銀座/ COICORIN(コイコリン) 銀座の恋の招きネコ

1img_3968 

銀座という街に馴染むようになってからかなりの年月を経たように思う。
とはいうものの、今まで知らなかったことも多くあるようである。

先日、鳩居堂にクリスマスカードを購いに訪ねたのであったが、ちょうど三愛ビルの前を通りかかった際に妙齢の女性がお連れの男性に「猫がいるわよ!」と告げられているのが聞こえたのであった。

その女性が指さされた方を見ると、石らしきものでできた猫らしきものの像がフラワーショップの横に置かれていたのであった。

像の傍の説明板を見ると、像は「COICORIN(コイコリン)」という名で、「ネコ」だそうである。
「COICORIN(コイコリン)」は鳩居堂側がメス、コーヒーショップの右の壁側がオスであって、1963年以降この場所に居るとのことである。

1img_3974 

この「COICORIN(コイコリン)」は「恋の招きネコ」であって、女性はオスを、男性はメスをナデナデすれば恋が叶うということである。

1img_3970 COICORIN(コイコリン)のメス/のんき

1img_3973 COICORIN(コイコリン)のオス/ごろべえ

1img_3969 説明板

なお、「恋の招きネコ」は英語では「Love-Inviting-Cat」というそうである。

   

« 小金井/ 鳥(鳶) | トップページ | 小金井/ 貫井神社 (落葉) »

銀座(街の風景)」カテゴリの記事

コメント

丸みを帯びた身体に対して、えらく凸凹としたお顔であらせられますが、これは50年以上銀座を訪れた方たちに
撫でまわされた結果なのでしょうか。しかし、普通撫でられたなら、もっとすべすべに磨耗していくような気が
いたします。
ところで、恋を招きよせるばかりでなく、パートナーの浮気封じにもご利益があるようですね。願掛けの種類に
よって撫でる場所を変えるようで、興味深く拝見いたしました。

Kabochanさん
ある意味、シュールな像ですねェ。
解説があるのでネコということは分かりましたが・・・。
ネット情報を総合しますと著名な芸術家の方の作品のようで、多くの人にナデナデされた結果かような形になったのではなさそうです。
また、名前からしてコリン星から来たのかと思いましたが(ソンナハズハナイヤロゥ)、できた当時にはそのような星の名前もなく、誰がこういう名前を付けたのかということにも興味をそそられることです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/ COICORIN(コイコリン) 銀座の恋の招きネコ:

« 小金井/ 鳥(鳶) | トップページ | 小金井/ 貫井神社 (落葉) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ