« 東京駅/ 北海道バル 海 (居酒屋) | トップページ | 駒場/ Coffee & Beer BUNDAN (寺田寅彦の牛乳コーヒー) »

2017年11月17日 (金)

駒場/ Lever son Verre Komaba (Plat A ミートローフ キャベツクリームソース)

1img_2453 Lever son Verre Komabaのメインエントランス

過日のことである。YH氏からの提案を受けて、駒場にある「日本近代文学館」を訪ねることとなった。
しからば、昼食はどこか近隣の佳い店で食べるらむ、ということにし、選んだのが東京大学の構内にあるフランス料理店「Lever son Verre Komaba」であった。

1img_2435 東京大学(駒場)

YH氏とは、京王井の頭線の駒場東大前駅で待ち合わせた。
この日は私の記憶違いから待ち合わせポイントを間違えてしまい、YH氏には不必要に長い時間を待っていただくことになってしまったのであった。
近年、脳味噌の劣化が顕著な中、今後の要注意点として認識を新たにした次第であった。

1img_2451 Lever son Verre Komabaのレセプションエントランス

東大駒場の構内に入るのは初めてのことなので若干ルートに迷いをきたしたが、校門を通って程なく目指す「Lever son Verre Komaba」に辿り着いたのであった。

レセプションで予約をしていないがテーブルのアレンジをしていただきたい旨を伝えると、ホールの奥の大きな窓から光が入って来る明るいエリアにあるテーブルに案内されたのであった。

手渡されたメニュを見てYH氏と協議した結果、「Plat A」の「ミートローフ キャベツクリームソース」をいただくことにし、加えて「Bergerac Rouge 2015」(生産者は不明)をキャラフェ250ml)でいただくことにした。

1img_2441 Bergerac Rouge 2015

先ず定法通り「Bergerac Rouge 2015」がキャラフェで供され、これをクピリンコ、チュパリンコと啜りつつYH氏と談笑したのであった。

1img_2443 キャラフェ

なお、ワインの入れられていたキャラフェは肉厚のガラス製で無骨な趣を湛えていたが、そこに0.25ℓと印された標線が入っていることにYH氏が気付かれた。
ドイツでビールを飲むとグラスにビールの液体部分の容量を示す標線がはいっているが、これと同じ発想のものであろうと思料したところである。
更に述べれば、その武骨さから判断してこのキャラフェはドイツ製あるいはフランスでもドイツと国境を接するアルザス地方産であるという可能性を否定できないということをYH氏と語り合ったのであった。

1img_2444 パン

寡聞にしてパンの種類には精通しておらず、バゲットくらいは分かりそうであるが、他の種類に関しては無知蒙昧状態である。
尋ねはしなかったが、YH氏に聴いておけばピラミッド型のパンがどういう名称かを確認できたのであろうけれども、この時は何となく聴きそびれてしまったのであった。

1img_2445 ブール・ド・イズニー(フランスAOP発酵バター)

パンが運ばれてきて、やはりバターも有った方が良いですねェ、ということで追加でブール・ド・イズニー(フランスAOP発酵バター)というノルマンディ地方のイズニー発酵バターというのをいただいたのであった。

1img_2448 ミートローフ キャベツクリームソース

赤ワイン飲みつつパンを半分ほど食べ終わろうとする頃合いで、Plat Aの「ミートローフ キャベツクリームソース」が供された。
付け合わせは豆の煮込、ラタトゥイユ、サラダであった。

1img_2446 ミートローフ キャベツクリームソース w/豆の煮込、ラタトゥイユ、サラダ

いずれの料理もフランス料理にしては塩分が控えめであったが、ラタトゥイユはトマト系の味が濃い目で私の好きな味であった。

   

1img_2456001 銀杏並木

1img_2454 旧倫理講堂

1img_2458 桜並木

   

« 東京駅/ 北海道バル 海 (居酒屋) | トップページ | 駒場/ Coffee & Beer BUNDAN (寺田寅彦の牛乳コーヒー) »

東京大学(フランス料理)」カテゴリの記事

コメント

軽めのフランス料理に赤ワイン、良いですね。場所もまた良い。体重増加が気になるこの頃、これくらいの食事が身体に良さそうです。

調布におりました頃は同じ京王線の沿線になるのに、ついぞ降りたことはありませなんだ。
天下の東大、構内にはしゃれたレストランや豊かな緑があふれているのですね。学生さんには手が届かない
店かもしれませんが、老教授がこういうところで優雅に昼食をしたため、微醺を帯びて午後の講義に出かけ
られたりしたら、優雅ですねぇ。
銀杏並木も今頃は黄金色に輝いていることでしょうな。

Kincyanさん
昨日はありがとうございました。
巨大な地下神殿を見ることができて、良い経験をさせていただきました。
東大のフランス料理、本郷キャンパスにもあるようです。
機会があれば一緒にいきましょう!

Kabochanさん
大学って、出身校ですら用が無ければ行かないですよねェ。
このフランスレストランですが、学生さんでも高学年、あるいは大学院生も居られたようでした。
価格が優しいですから、若い人のデイトにも使えそうでした。
場所柄、老教授が一杯キコシメサレて、講義中にふざけた学生がいたら「テメーラ、トットトデテイキヤガレ!タンイハゼッタイニヤラン!ウィ~。」などと仰ることはないのでしょうねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京駅/ 北海道バル 海 (居酒屋) | トップページ | 駒場/ Coffee & Beer BUNDAN (寺田寅彦の牛乳コーヒー) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ