« 小金井/ 貫井神社 (カワセミ、鷺) | トップページ | 吉祥寺/ ウッドベリーズマルシェ (八ヶ岳大粒ブルーベリー ミディアムサイズ) »

2017年11月27日 (月)

吉祥寺/ ナポリタン専門店 スパゲッティのパンチョ 吉祥寺店 (ナポリタン厚切りベーコン)

1img_3733 ナポリタン専門店 スパゲッティのパンチョ 吉祥寺店

我が家のエアコンは設置してからもう20年が経過している。
先月の台風の影響であろうか、5台ある内の2台が運転に支障をきたしてしまった。
そこで、エアコンを買い替えるにあたって最近のエアコンの価格がどういうレベルなのかを調べるために吉祥寺にある大手家電量販店を巡ったのであった。
その結果、エアコンは店によって本体価格は異なるが、それ以外の工事費や以前のエアコンの撤去費用、さらには買う店の値下げ方針、などを加味するとトータルの価格はほぼ同じというものであることが分かったのであった。

さて、価格調査を終えると13時を過ぎており、いざ昼食ということにあいなった。
JR吉祥寺駅を出て北側にある交番所の前の交差点を渡ろうと信号が変わるのを待っていると、線路に沿った道の先に大きくナポリタンと書かれた看板が目に飛び込んできたのであった。
そして、まるで篝火に引き込まれる羽虫のように、空腹を抱えた私はフラフラとナポリタンの看板に吸い寄せられていったのであった。

1img_3736 券売機

店内に歩を進めると、幸いなことに奥に席が空いているのが見えたのでそちらに向かって歩いていくと、まだ十代後半のような可憐なお嬢さん店員さんが券売機で食券を買うよう告げてくれた。
振り向くと、入口の横に券売機が置いてあって、夥しい数のボタンが並んでいた。
それらの中から、入店前に見ていた料理の写真の中で目立っていた「ナポリタン厚切りベーコン」のボタンを何の躊躇いもなく押したのであった。

1img_3735 普通盛(左)、大盛(右)

そして、まだ十代後半のような可憐なお嬢さん店員さんに食券を手渡すと「量はいかがされますか?」と問うてくれたのであった。
「量?」と聞き返すと、「普通盛は450g、大盛は600g」ということであった。
さすがに「600gはアカンやろ~ゥ。」と思いながら「普通盛」をお願いしたのであった。

1img_3739 調理担当のお兄さんのシャツの背には創業者の心意気

カウンター席に付いて「ナポリタン厚切りベーコン」が供されるのを待っていると、調理担当のお兄さんが腕力に物を言わせて大きなフライパンを煽りながら大量のナポリタンを一心不乱に造っておられる姿が客の目線でみると実に頼もしいのであった。

1img_3741 ナポリタン厚切りベーコン 並盛

さて、「ナポリタン厚切りベーコン」は想像していたよりも時間がかかって供された。
その理由として、入店客数が多かったことと、調理担当のお兄さんの作業が丁寧であったことが主たる要因であると推察するところである。

供された「ナポリタン厚切りベーコン」は長径が約25cm程の「あの定番のステンレス製の皿」に載せられていた。
具材はウィンナ、玉ネギ、ピーマンで、それらがトマトケチャップとともにスパゲティに絡められていた。
「ナポリタン厚切りベーコン」は先ずはそのままいただいたが、具材にもトマトケチャップにも良く熱が通されていて旨味が強められ、さらにはその強い加熱によって具材とケチャップに濃厚さが加味されることで良いコク味が出ていた。
また、スパゲティはモッチリとした歯触りで、これぞ美味い系のスパゲティであった。
すなわち、アルデンテなどという気取った食感とは全く縁も所縁もない典型的ナポリタンのスパゲティなのであった。
厚切りベーコンはフォークで切ってナポリタンと一緒にいただいたが、咀嚼を繰り返すとベーコンから滲み出る塩味の効いた旨味が混ざってきて、美味し!であった。

1img_3743 ナポリタン厚切りベーコン 並盛

「ナポリタン厚切りベーコン 並盛」はナポリタン部分だけで450gあるという。
横から見るとエアーズロックのごとき様相を呈していた。
その見た目はかなりの量があるようであったが、スルスルと食べ進む内に気付くと全量スッキリと胃に納まっていたのであった。

1img_3740 粉チーズ

1img_3745 TABASCOの大ビン

なお、テーブルの上には粉チーズやTABASCOなどが置かれていた。
興味本位で、先ず粉チーズを少しかけていただいた。
良い感じの味わいであった。
また、巨大ボトルのタバスコから数滴垂らしていただいた。
悪くはなかった。
ただ、私個人の好みでは、粉チーズもタバスコもかけずに、そのままナポリタンをいただくのがベストであった。

« 小金井/ 貫井神社 (カワセミ、鷺) | トップページ | 吉祥寺/ ウッドベリーズマルシェ (八ヶ岳大粒ブルーベリー ミディアムサイズ) »

吉祥寺(パスタ)」カテゴリの記事

コメント

昔ながらの「喫茶店のナポリタン」一本で勝負する店があるとは、改めて東京の店の多様性に驚いております。
いつのころからか、「パスタ専門店」なるものがそこここに立ち並び、多種多様なメニューが注文できるように
なりましたが、スパゲティ(当時はパスタなんて言いませんでしたよね)といえばナポリタンとミートソース
しかなかった昔に戻ったようですな。由緒正しいステンレスの皿といい、ケチャップの鮮やかな色といい、
正確に往時の姿をとどめているようで、懐かしい思いで拝見いたしました。
ところで、券売機の写真を拡大してよくよく見たら、ミートソースやカレーライスという文字も発見してしまい
ました。実際は、偉大なる洋食三兄弟の店、だったようですな。

Kabochanさん
鋭い観察をされますねェ。
券売機にはミートソースやカレーライスのボタンも有り、ナポリタンだけで勝負をしている訳ではなかったようです。
しかしながら、私の居りました時間では、ナポリタン以外を注文する人は皆無で、むしろお客がナポリタンを求めて入店する店のようでした。
当店のナポリタンは、水分の抜けたトマトケチャップがスパゲティにコベコベに纏わりついていて、この味が何とも言えぬ旨味としてお客を引き付けているようです。
ところで、ナポリタンにミートソースをかけたらどのような味わいになるのでしょうか、興味ある処です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小金井/ 貫井神社 (カワセミ、鷺) | トップページ | 吉祥寺/ ウッドベリーズマルシェ (八ヶ岳大粒ブルーベリー ミディアムサイズ) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ