« 小金井/ 自然 (栗、亀、鴨、鳩) | トップページ | Australia/ Boomerang »

2017年10月11日 (水)

Germany/ MARKILL (水筒)

1img_1348 MARKILL社製の水筒

昔々、NYで勤務していた頃のことである。
週の内半分ほどは出張という生活が続いていた。
当時は出張先で会食があったり、あるいは夜遅く着いて一人で食事したりと、外食が続いていた。
アメリカという国では電車やバスのネットワークが日本ほど細かい訳ではなく、移動の殆ど全てがレンタカーであった。
即ち、自分で運転するということが基本にあり、その結果として飲酒はできないのであった。
ホテルに入るまではアルコール飲料の摂取はしておらず、多少は一杯飲ってみたいと思うことはしばしばあった。
そこで、スキトル(ウィスキー用の携帯ボトル)が有ればいいのであるが、NYから主要都市への移動は飛行機であって、密閉性に不安のあるスキトルでは機内でのウィスキーの漏洩が気になるところである。

1img_1349 

どういう経緯であったかは定かに記憶するところでは無いが、日本に出張した際に偶々YA氏に上述のことを話したことがあるようであった。
その後、YA氏が米国出張で来られた際に「決して漏れない水筒」ということで持ってきてくださったのがドイツの「MARKILL」社製の水筒であった。

早速、Jack Daniell’sだったかWild Turkeyだったか、はたまたChivas Regalだったかを入れて出張に持ち歩いたのであった。
今と違ってテロリストは闊歩しておらず、飛行機に持ち込む物の制限が緩やかな時代のことであった。

1img_1350 

   

« 小金井/ 自然 (栗、亀、鴨、鳩) | トップページ | Australia/ Boomerang »

GERMANY」カテゴリの記事

コメント

サイズは小さいのでしょうが、イメージは湯たんぽに似てますね。
ドイツ製らしく、きちんと作られていて、飛行機でも水漏れは
皆無なのでしょう。

Kincyanさん
私がいただいたもののサイズは15cmほどで、カバンの中で丁度良い大きさとなっていました。
湯たんぽをイメージされたとはなかなかの発想ですねェ。
持った感じは湯たんぽよりも強靭で、少々の力では凹んだりしそうにありません。
ナイフやハサミもそうですが、こういうドイツの製品は優れ物がおおいですねェ。

いやぁ、懐かしい。MARKILLのボトルは山登りをしていたころ大変お世話になりました。
調理用に大量の水を運び上げるときは「ポリタン」が大活躍するのですが、いかんせん独特のにほひが
ついてしまうので、秘蔵の自家製梅酒だの、行動中の飲料水などは、この手のボトルに詰めておりました。
水漏れしないということより、内部の特殊コーティングのおかげで、中に入れたものの味が損なわれない、
という点がセールスポイントであったように記憶しております。
なお、今回懐かしさからいろいろ調べてみましたら、現在このタイプのものは製造されていないようで、
オークション市場でちょっとした人気になっているようですよ。

Kabochanさん
また、大阪に行っておりましたことから、返事が遅くなり失礼いたしました。
MARKILLの水筒というのは今では手に入らないのですか・・・。
特殊なコーティングという言葉には、専門家御用達のようなにほひがして、良いですねェ。
私が持っているのは傷もなく、オークションに掛けると良い価格なのでしょうかねェ。
そうは言っても、YA氏からのいただきものですから大切に保管しておくことにいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Germany/ MARKILL (水筒):

« 小金井/ 自然 (栗、亀、鴨、鳩) | トップページ | Australia/ Boomerang »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ