« 小金井/ 東洋食堂 (メコン、パネンヌア) | トップページ | 堺/ たこ焼割烹 たこ昌 竹粋亭 鳳店 (堺焼) »

2017年10月 1日 (日)

堺/ PRINTEMPS (穴子ピザ)

Img_0941c PRINTEMPS(カフェ)

水曜日から堺の生家に所用があって帰っている。
生家のある堺は古来穴子の産地として有名である。
母が語るには、昔々港の漁師さんたちは穴子を取ってきて、たくさんの穴子が家の敷地で焼かれていたのを見たことがあるということである。

そこで、土曜日である昨日は所用も無く、朝から「穴子サンド」で有名なパンの製造販売を行っている「PRINTEMPS」のカフェを訪ねた。

店内に歩を進めると空いているテーブルに着き、メニュを持って現れたウェイトレス嬢にフレンチトーストと紅茶を注文した。
再び現れたウェイトレス嬢に「穴子サンド」について尋ねると、向かいのベーカリーで販売しておられるということであった。
また、ベーカリーで購入したパンはカフェでもいただけるとのことであった。

Img_0922c フレンチトーストと紅茶

「フレンチトースト」が出来上がるまで暫し時間がかかるとのことであったので、その間に車を運転してくれた妹に「穴子サンド」を買いに行ってもらった。

戻ってきた妹によると「穴子サンド」はイヴェントが行われる時のみの販売であって、通常は「穴子ピザ」と「穴子パイ」が販売されていると教えられたそうであった。
そこで妹は店内にかろうじて残っていた3個の「穴子ピザ」の内の2個を確保し、また兄が手渡した五千円札の40%ほども使って各種パンを購入してきたのであった。

Img_0935c 穴子ピザ’炙った穴子の切り身が載せられている

戻ってきた妹から手渡された「穴子ピザ」を出して写真を撮り、「フレンチトースト」をいただいて家路についたのであった。

生家に戻って、昼食時に「穴子ピザ」をいただいた。
先ずはそのままいただいたが、なんとなく魚の生臭さが僅かに感じられた。
そこで、オーブンで少し温めてみたら、あな不思議、魚の淡いにおいは消えて香ばしさとともに穴子に固有の旨味が感じられたのであった。

Img_0940c PRINTEMPS(ベーカリー)

   

« 小金井/ 東洋食堂 (メコン、パネンヌア) | トップページ | 堺/ たこ焼割烹 たこ昌 竹粋亭 鳳店 (堺焼) »

堺(穴子)」カテゴリの記事

コメント

堺は穴子が有名だったのですね。
穴子ピザですか?
穴子パンは聞いた事がありますがピザは初めてですよ。
とても斬新な感じがいたします。
きっとイタリアの方もビックリしそうですね。

表題の「穴子ピザ」なる文字が目に入っただけで、心が躍りましたねぇ。
世の中にはまだまだ小生ごときの経験や想像の斜め上を行く食べ物がたくさんあるのですなぁ。
二昔前くらいなら、家々の勝手口に七輪が並び、サンマを焼く煙があちこちから立ち上る風景も見られた
ことでしょうが、堺では穴子だったというわけですね。焼きたての穴子、白焼きをわさび醤油で・・・
想像するだけでのどがなります。人肌の燗酒に合うでしょうな。
穴子サンドに穴子パイですか。ハイカラな土地柄なのか洋風のアレンジが目立つようですね。

FORTNUM & MASONさん
実は私も最近知ったのですけど、堺は包丁や和菓子だけでなく、穴子も名産だったのでした。
穴子ピザはアイデアとしては出し易いかも知れませんが、美味しく作るには工夫が要ることでしょうねぇ。
当店の穴子ピザはちゃんと暖めるとたいそう良い味でございました。

Kabochanさん
昨日新幹線の中から返事を認めておりましたが、何の手違いからか送信できなかったばかりか書いた文章まで消失してしまいました。
タイムリーに返事ができず失礼いたしました。
穴子ピザは私自身も想像はしておりませんでしたが、実際に見てみると、これも有りかなという感じです。
良く似た例では、シラスピザなんてのもあるようですし、その昔六本木ではデザートピザとしてチョコピザというのもありました。
さて、これからは熱燗の美味な季節になってまいりますが、穴子で一杯というのはタマランですねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堺/ PRINTEMPS (穴子ピザ):

« 小金井/ 東洋食堂 (メコン、パネンヌア) | トップページ | 堺/ たこ焼割烹 たこ昌 竹粋亭 鳳店 (堺焼) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ