« 小金井/ 串あげ上々 (串揚げ、ドロッピー、他) | トップページ | 堺/ PRINTEMPS (穴子ピザ) »

2017年9月30日 (土)

小金井/ 東洋食堂 (メコン、パネンヌア)

1img_0615 東洋食堂

先日TI氏とJR武蔵小金井駅の北側のエリアにある「串揚げ上々」という佳店で一献飲った後、もう一杯ということになった。

そこで、予ねてより気になってはいたが訪れるたびに店が閉じられていた「東洋食堂」に向かった。
店はJRに沿って駅の西側にあり、歩いてほんの数分で到着した。
そして、TI氏の飲食運を引っ張てくる力のお陰か、店は営業中であった。
後で店主殿に尋ねると、ほぼ毎晩開けている、とのことであり、偶々であったのであろうが私が訪ねた時は閉まっていたという巡り合わせであった。

1img_0600 タイのお酒

さて、いそいそと店内に歩を進めると、ちょうど若いカップルが店を出るところであった。
我々が来店を告げると、店主殿はその若いカップルが占めていた入口脇のテーブルを片付けながらそこに座るようにとのことで、TI氏と私は片付くのを待ってそのテーブルに着いたのであった。
推し量るに、この入口脇のテーブルは当店では最も良いテーブルなのであろう。

テーブルに着いてメニュを見ると、タイのお酒が並んでいた。
タイには出張で何度も出かけたがタイ料理の店にはあまり案内されたことがなく、したがってタイのお酒もあまり経験したことがないので、当店のタイのお酒のラインアップにはいたく興味をそそられたのであった。

1img_0602 メコン(左)、センソム(右)

事前にお酒を飲んでいなければ3種類ほどは飲んでみたいという思いがこみ上げたのであったが、この日は既にTI氏とそれなりに飲んでいたことからそれぞれ1種類の選択とし、TI氏は「センソム」を、私は「メコン」をいただくことにした。

TI氏の「センソム」はピュアな焼酎のような雑味のない味わい、私の「メコン」は古酒のようなコク味のある味わいであった。
因みに、「メコン」に関して沖縄好きのTI氏の感想は「クースー(古酒)」のような味わいということであった。

1img_0605 お通し

お酒には「お通し」が供せられるが、この「お通し」もタイ風と思しきもので、エビやアボカド、葉菜が和えられたもので、淡い酸味とニョクマムの味が心地よいものであった。

1img_0609 パネンヌア(牛肉のレッドカレー炒め)

料理については、TI氏の好みに応じて「パネンヌア(牛肉のレッドカレー炒め)」を注文した。
この「パネンヌア」が当店で初めていただいた料理であったが、これがなんとも予期せぬほど美味なものであった。
ターメリックの個性が十分に活かされている上にココナッツクリームのニートな円やかさと旨味が広がるのであった。
また、載せられた葉の葉緑素系の苦みがとても良いアクセントなっていた。
他の料理もかくなるべしとの思いが広がり、再訪を誓ったのであった。

   

1img_0604 お一人様専用のメニュ

   

« 小金井/ 串あげ上々 (串揚げ、ドロッピー、他) | トップページ | 堺/ PRINTEMPS (穴子ピザ) »

小金井(エスニック料理)」カテゴリの記事

小金井(タイ料理)」カテゴリの記事

コメント

出ましたねぇ。小金井の底力。
薄暗い闇に沈んだ道路が、住宅街としての顔を表しているようです。そこに輝く色とりどりの灯りと
「東洋食堂」なる渋い名前・・・。店名がメコンやチャオプラヤでないところもいいですなぁ。
わが兄はタイに数年勤務しておりましたが、家族が合流するまでの半年余りで劇太りしたほど彼の地
の味に魅せられていたようであります。貴兄も全品制覇をひそかに狙っておられるかもしれませんね。

Kabochanさん
東洋食堂、名前からして渋いです。
タイ料理がメインのようで、店内奥のディスプレイにはタイのカラオケの画面が映っていました。
兄上様はタイにご勤務だったのですか。
佳い料理に巡り会われたのでしょうねぇ。
全品制覇ですか?
ここのところ体が衰えつつあるのか、全品制覇の魅力もさることながら、店みせの美味しいものだけいただければ満足するようになってきています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小金井/ 東洋食堂 (メコン、パネンヌア):

« 小金井/ 串あげ上々 (串揚げ、ドロッピー、他) | トップページ | 堺/ PRINTEMPS (穴子ピザ) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ