« 天王寺(大阪)/ 居酒屋鮮道 こんび (名物あつあつ出し巻定食) | トップページ | USA/ ROOT BEER (DAD'S Old Fashioned ROOT BEER) »

2017年9月 4日 (月)

天王寺(大阪)/ Veggie+ Cafe Tennoji (Soft Cream, Bottled Coke)

1img_8635 Veggie+ Cafe Tennoji

8月の大阪は猛烈に暑かった。
その8月の初旬であったが、もう40年近く訪ねていなかった「大阪市立美術館」を訪れた。
この日は「居酒屋鮮道 こんび」で昼食を摂ってから天王寺公園を抜けて、まず「大阪市立美術館」へ行き、次いで「慶沢園」と巡った。
帰途も天王寺公園を抜けてJR天王寺駅を目指したのであったが、如何せん気温の高さと強い日差しに些か疲れ気味となっていた。

1img_8613 横断歩道の先は天王寺駅前商店街

「天王寺駅前商店街」の傍まで戻ってきた時のことである。
往路で見つけていたカフェでソフトクリームを食べようという気持ちになったのであった。
そのカフェは「Veggie+ Cafe Tennoji」という名前であった。
横断歩道を渡って左に向かうと、1分も歩かない内に「Veggie+ Cafe Tennoji」が現れた。

1img_8634 Veggie+ Cafe Tennoji

「Veggie+ Cafe Tennoji」はカウンタ席だけであるが実にフェミニンな雰囲気のカフェであり、私のようなおっちゃんには似つかわしくないのであった。
が、ソフトクリームの誘惑に負けてフラフラとカウンタ席の奥の方に座ったのであった。

1img_8619 menu

1img_8620 ハニーソースはShitennoji Honeyという地元のハチミツでつくられたソース

着席してmenuを見ると、トッピングに6種類が用意されており、その中でShitennoji Honeyという地元のハチミツでつくられたハニーソースに甚く興味がそそられたのであった。

1img_8632 

ソフトクリームをいただくことは入店前から決めていたのであったが、トッピングに「ハニーソース」選んで、コーンでいただく旨を店を切り盛りされているお嬢さんに伝えた。

1img_8622 Soft Cream(プレーン+ハニーソース)

注文を受けたお嬢さんは、目の前でアイスクリームをクリクリとコーンに載せ、次いで「ハニーソース」をかけてから、手渡してくれた。

早速アイスクリームをぺロリと一舐めしてみた。
そして、絶句したのであった。
実に甘露なソフトクリームなのであった。

というのは、アイスクリームの上に掛けられた「ハニーソース」が得も言えぬ甘味と旨味であったからであった。
「ハニーソース」は蜂蜜に固有の収斂性を伴った旨味が濃厚であり、また円やかなる甘味が秀逸であったのである。
この「ハニーソース」がアイスクリームのクラスターとは異なるクラスター状態を維持しながら、それぞれのクラスターが相互に独立して舌の先端から中程にある味蕾のことごとくを細胞レベルで覆っていったのであった。
蜂蜜もアイスクリームもお互いに完全に混ざり合って均一状態になっておらず、ある味蕾はハチミツソースに反応し、ある味蕾はアイスクリームに反応するという、お祭り騒ぎ状態を呈したのであった。

1img_8629_2 

ソフトクリームを食べ終わって水を口に含んだが、何となく喉の渇きが治まり切ってはいなかった。
そこで、再びmenuを見ると、ソフトドリンクの欄に「コカ・コーラ(瓶入)」というのがあった。
注文すればコカ・コーラが瓶で供されるようである。
近年はコカ・コーラに限らずソフトドリンクはPETボトルに入っているが、私が高校生の頃は500ml入りのソフトドリンクでもガラスの瓶に入っていた。
(全くの余談であるが、当時の高校生の一部では、瓶に入った500mlのコカ・コーラをゲップをしないで一気に飲み干すことを競っているグループがいた。彼らの間では、500ml瓶を天に向かって掲げ、一滴も溢すことなく一気に飲み干したる者が英雄なのであった。)
さて、コカ・コーラのガラス瓶には懐かしさもあり、また写真映えも良さそうであったので、お嬢さんに「コカ・コーラ(瓶入)」をいただく旨告げたのであった。

1img_8625 コカ・コーラ(瓶入)のはずが・・・

すると、お嬢さんは、徐にコカ・コーラのあのガラス瓶を取り出し、氷の入ったグラスに全部注いでくれたのであった。
そして、なみなみとコカ・コーラの入ったグラスを素敵な笑顔を浮かべながら私の前に置いてくれたのであった。
その直後、件のガラス瓶を何処かにしまってしまわれたのであった。
ソフトクリームに次いで、二度目の絶句、であった。
あっという間の出来事で、コカ・コーラのガラス瓶の写真を撮るという望みは水泡の如く消え去ってしまったのであった。

1img_8631 

   

1img_8637 赤松種苗

「赤松種苗」は老舗の大手種苗店であり、我が母に尋ねると「昔、花の苗を買ったことがある。」ということであった。
「Veggie+ Cafe Tennoji」は、店を切り盛りされていたお嬢さんに尋ねると、この「赤松種苗」のお嬢さんが経営されているとのことで、そのお嬢さんとは店を切り盛りされていた人のようであった。

   

« 天王寺(大阪)/ 居酒屋鮮道 こんび (名物あつあつ出し巻定食) | トップページ | USA/ ROOT BEER (DAD'S Old Fashioned ROOT BEER) »

大阪天王寺(カフェ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天王寺(大阪)/ 居酒屋鮮道 こんび (名物あつあつ出し巻定食) | トップページ | USA/ ROOT BEER (DAD'S Old Fashioned ROOT BEER) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ