« ブログ | トップページ | 門前仲町・富岡/ 富岡八幡宮 例大祭 (神輿連合渡御:清澄通) »

2017年8月23日 (水)

門前仲町・富岡/ 富岡八幡宮 例大祭 (神輿連合渡御:神主さん)

1dsc_0267 神主さんと総代

富岡八幡宮の例大祭では、例祭および神幸祭とともに「神輿連合渡御」がメインイヴェントの一つとなっている。

この「神輿連合渡御」の華は各町の神輿とその担ぎ手である。
とはいっても、神輿も担ぎ手も、更には「神輿連合渡御」に係わられる全ての関係者、また見物客も含めて事故も怪我もなく催行されることがあっての「神輿連合渡御」と「いうものである。

そこで、「神輿連合渡御」の盛大なる盛り上がりと安全を神様にお願いし、全ての厄を除けていただけるようお祓いが行われるのである(というように理解しているが、実際はもっと奥の深いことがあるように思っている)。

1img_9175 参道入口前の神主さんと各町総代

1img_9174 頭を垂れる各町総代

「神輿連合渡御」は午前7時30分に、打ち上げられる狼煙とともに始められるが、それに先だって各町の総代と神主さんの間で何やら行われていたが、その内容については知り得るものではなかった。

1img_9182 神輿連合渡御開始直後

7時30分に打ち上げられた狼煙十数発の合図で、一番神輿である「木場五」が動き始めた。
流石は「神輿連合渡御」の最初を飾る一番神輿である。
「木場五」は担ぎ手によって高く差し上げられて近付いてきた。

1img_9187 神主さんによるお祓い

そして富岡八幡宮の正面に向かう位置で90度回り、神主さんのお祓いを受けていた。
この時、神輿は高く差し上げられ、担ぎ手も一体となってひと際華やかに輝くのであった。

1img_9199 大麻(オオヌサ)を左右に振ってお祓いをする神主さん

1img_9209 同上

神主さんは交替でお祓いをされていた。
上位におられるであろう神主さんから若い神主さんまで多くの神主さんがおられたが、一人女性の神主さんもおられた。

1dsc_0230 女性の神主さん

1dsc_0234 

1img_9259 女性の神主さんのお祓いはダイナミックであった

1img_9265 大麻(オオヌサ)が勢いよく、総代は一寸体が反り気味か

1img_9273 隣に立たれた総代が仰け反って避けておられたのは神様のお戯れか

1img_9296 横には次の神主さんが準備万端控えておられる

1img_9342 五十三番 琴平

7時30分の開始後約2時間弱の時間をかけて殿を務める五十五番深濱を最後に全ての神輿が「神輿連合渡御」に出立して行ったのであった。
時に午前9時18分であった。

1dsc_0473 

「神輿連合渡御」で約6時間に亘って担がれた神輿は再び富岡八幡宮の正面に戻ってくる。
ここでは若い神主さん達が最後の清めの水を神輿と担ぎ手に掛けておられた。

1dsc_0472 

今年も「神輿連合渡御」は大きな盛り上がりを見せ、一方で大過なく終わったのであった。
次の「神輿連合渡御」は3年後の2000年、オリンピックの年である。

   

« ブログ | トップページ | 門前仲町・富岡/ 富岡八幡宮 例大祭 (神輿連合渡御:清澄通) »

富岡八幡宮」カテゴリの記事

富岡八幡宮例大祭 (2017)」カテゴリの記事

富岡八幡宮(例大祭)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ブログ | トップページ | 門前仲町・富岡/ 富岡八幡宮 例大祭 (神輿連合渡御:清澄通) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ