« 武蔵境(武蔵野市)/ 大龍 (つけめん、餃子) | トップページ | 小金井/ 長崎県五島手延べうどん びぜん家 (ぶっかけうどん、ごぼう天、かしわごはん) »

2017年7月13日 (木)

調布/ 元祖 東京醤油からあげ とり多津 調布店 (定番醤油味ももからあげ、他)

1img_7532 元祖 東京醤油からあげ とり多津 調布店

最近ローカルな情報を得るのに活用させていただいているのが、立川経済新聞および調布経済新聞のインターネット版である。
食べ物に関することであれば、例えば新規開店情報やあるいはイヴェント情報が記載されている。

先日、調布経済新聞の記事が頭に残っていたことから、調布駅前に6月2日に開店したという「元祖 東京醤油からあげ とり多津 調布店」を訪ねた。

1img_7531 店頭に並べられた唐揚げ

「元祖 東京醤油からあげ とり多津 調布店」はその名の通り、唐揚げの専門店である。
店の前に歩を進めると、そこには多様な唐揚げが販売されていた。
当店では唐揚げの持ち帰りと唐揚げをおかずとした弁当の持ち帰りのみが行われていて、店内で飲食するということはできない。

そこで、何種類もある唐揚げの中から興味をそそられた「塩味ももからあげ」、「定番醤油味ももからあげ、「瀬戸内レモン塩むねからあげ」、「紅しょうがのからあげ」をいただいた。

持ち帰った唐揚げは夕餉の際にビールの肴としていただいた。
味の相違が明確になるように何も付けずにいただいた。(居酒屋などではマヨネーズを付けたりしていただくことがあり、これが存外に美味である。)

食べた唐揚げは既に冷めてはいたがいずれもその名称で表現される味が如実に感じられるもので、美味であった。
特に「瀬戸内レモン塩むねからあげ」はレモンの風味と塩味が好い塩梅で、私はこれが気に入ったのであった。

1img_7538 塩味ももからあげ(蒙古産岩塩が使われているとのこと)

1img_7541 定番醤油味ももからあげ(当店を代表する唐揚げ、代表製品だけあって揺るぎない美味さである)

1img_7543 瀬戸内レモン塩むねからあげ(レモンの風味と塩味でサッパリした味わいである)

1img_7545 紅しょうがのからあげ(ピリ辛味が良い、揚げたてならきっとタマラヌ味であろう)

  

« 武蔵境(武蔵野市)/ 大龍 (つけめん、餃子) | トップページ | 小金井/ 長崎県五島手延べうどん びぜん家 (ぶっかけうどん、ごぼう天、かしわごはん) »

調布(からあげ)」カテゴリの記事

コメント

うむむ。久しぶりの飯テロ写真ですな。しかし今日はたまたま東京の知人から届いた『神楽坂五十番』の
肉まんで腹も心も大満足しておりましたので、鶏肉のアップ写真の波状攻撃にも屈することなく耐え抜き
ましたよ。
北海道ではこの手のものは唐揚げでなく「ザンギ」と呼びならわしております。(小生の認識では唐揚げ=
ザンギですが、厳密には別物だと言う説もあります。)掲載された以外にもいろいろな味があるようですな。
調布の街も刻一刻と様変わりしているようですね。(うまい物が増えるのは大歓迎ですが。)

Kabochanさん
ザンギという名前は初めて知りました。
唐揚げのことを北海道ではそう呼ばれるのですねェ。
写真の品などは、定番醤油味ももザンギということになりそうですね。
神楽坂五十番の肉まんですかァ。
有名店で雑誌やテレビによく出てくるお店のようですねェ。
残念ながら私は未だ食べたことがありません。
先日は久しぶりに神楽坂を訪ねましたが、通り過ごしていたようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 武蔵境(武蔵野市)/ 大龍 (つけめん、餃子) | トップページ | 小金井/ 長崎県五島手延べうどん びぜん家 (ぶっかけうどん、ごぼう天、かしわごはん) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ