« 調布/ 元祖 東京醤油からあげ とり多津 調布店 (定番醤油味ももからあげ、他) | トップページ | 神楽坂/ 伊勢藤 (清酒白鷹、酒肴) »

2017年7月14日 (金)

小金井/ 長崎県五島手延べうどん びぜん家 (ぶっかけうどん、ごぼう天、かしわごはん)

1img_7705 長崎県五島手延べうどん びぜん家

先日、健康診断の結果を聴きに行った。
結果は、中性脂肪の値が高い以外は特に問題無い、ということであった。
ということで、病院から歩いてJR武蔵小金井駅の周辺まで戻ってきたが、兎にも角にも暑い!のであった。

私見ではあるが、この7月は例年の7月よりもウルトラに暑いのではないかと思っている。
まあ、私見はさておいて、歩きながら昼食に何か冷たいものを食べたくなったのは暑さのせいであろう。

さて、食事で冷たいものとなると思い付くのは冷し中華である。
ただ残念なことにJR武蔵小金井駅周辺では所謂街の中華料理店が少なく、冷し中華を供してくれる中華料理店あるいはラーメン店(「かんむりや!」は先日行ったばかりなので対象から外した)が思いつかなかったのであった。
それでも冷たいものを食べたく思っていると、窮すれば通ず!である。
五島うどんの名店である「びぜん家」に行けば「ぶっかけうどん」という冷し系のうどんがあることを思いだしたのであった。

1img_7702 

「びぜん家」は相変わらずの人気を誇っていて、私は幸いなことに一席を確保できたが、直ぐに席は埋まってしまい後から来た人達は炎天下外で待つか他店を探すということになられたのであった。

入店してお姉さんに冷たいうどんを確認すると「ぶっかけうどん」を薦められた。
お姉さんの指導よろしく「ぶっかけうどん」をいただくこととし、トッピングに「ごぼう天」を、サイドに「かしわごはん」をお願いしたのであった。
中性脂肪が高いとほんの1時間ほど前に聴いたことを忘れ、この仕儀となってしまったのは不徳のいたすところである。

1img_7699 ぶっかけうどんには、天かす(関東では揚げ玉)、水菜、削り節、海苔がそえられていて、別皿に薬味の刻みネギ、卸し生姜、すり鉢に白胡麻

注文を終えて麦茶(であったような・・・)を何杯も飲んで体を中から冷すこと5分程で注文の品が運ばれてきた。

先ずは、白胡麻をスリスリしてうどんの上に回し掛けた。
次いで、卸し生姜、次いで刻みネギの全量をうどんに載せ、さらにおつゆを全量掛けて全体を掻き混ぜたのであった。

そして徐に渾然一体となったうどんを啜り上げた。
あご出汁の旨味がうどんの甘味と一緒になり、加えて海苔と削り節、天かすのそれぞれから出た香りと固有の味が相乗的に作用することで、口腔内は冷たい美味さで満たされたのであった。
また、水菜のシャキとした口当たりが涼感を更に高めてくれた。
味わい、食感、程良い涼感、と三拍子そろった「ぶっかけうどん」である。

1img_7700 ごぼう天

「ぶっかけうどん」をストレートに味わった後は、「ごぼう天」を皿の底に溜まったおつゆに漬し込み、適宜にいただいた。
噛みしめると牛蒡に固有の香りと味が広がり、これが単独でも、はたまた具材が絡まったうどんと一緒でも、良いバランスの味わいであった。
また、ごぼうの繊維に由来する歯応えが心地よく、前歯でグギリと噛み切る感じといい、奥場でムギュリと噛み潰す食感といい、絶妙なものであった。

1img_7701 かしわごはん

また、欲張って注文した「かしわごはん」も鶏肉がゴロリンチョと入った加薬ご飯で、いくらでも食が進む一品であった。
なお、ぶっかけうどんのおつゆに漬したゴボウ天と一緒にいただくと、これまたゾッコン(今では使われない単語)な味わいであった。

   

1img_7703 

「地獄炊」というのは要予約かつ2名から受け付けてもらえる料理である。
そういう料理であるから、残念ながら未だに「地獄炊」は味わったことがない。
ところが、である。
壁の貼紙を見ると、「極楽炊」なるものがあり、それは「地獄炊」よりも手軽にいただけるものらしい。
当店を再び訪れる機会があれば「極楽炊」をいただいてみようと思うところである。
まあ、涼しくなってからのことであろうけれども・・・。

  

« 調布/ 元祖 東京醤油からあげ とり多津 調布店 (定番醤油味ももからあげ、他) | トップページ | 神楽坂/ 伊勢藤 (清酒白鷹、酒肴) »

小金井(うどん)」カテゴリの記事

コメント

涼しいはずの当地でもここ3日ばかり30度を超える暑い日が続いています。転居するときには「クーラーなんか
いらないよ」と言われていたのですが、最近は設置するお宅が増えてきたように思います。まぁ、夜になると
ぐっと気温が下がるので、地獄の熱帯夜はめったにありませんから(皆無ではありません!)東京育ちの小生は
何とか扇風機だけでしのいでおります。
道内の真夏日が10日連続と言っても、東京の蒸し暑さはこちらの比ではないのは重々承知しておりますゆえ、
どうかくれぐれも熱中症やら夏バテやらにお気をつけ下さい。
このぶっかけうどんは見て涼しく、味もさっぱりとしていそうで、猛暑の日にふさわしい一品だったようですな。
久しぶりのびぜん家さんの記事をうれしく拝読いたしました。

追伸
健康診断の結果もまずまずであったようで、ご懸念も晴れたこと、まことにうれしくお慶び申し上げます。

Kabochanさん
北海道も連日猛暑に見舞われておられるようですねェ。
ご自愛ください。
東京は大変暑くてぐったりです。
冷たいものばかり食べていても力が出ないようなので、偶には焼肉なども佳いかもしれませんねェ。
私はお陰さまで健康体でした。
また、食欲もほどほどにありますので体重が下がらず苦労しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 調布/ 元祖 東京醤油からあげ とり多津 調布店 (定番醤油味ももからあげ、他) | トップページ | 神楽坂/ 伊勢藤 (清酒白鷹、酒肴) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ