« 小金井/ 雷雨と雹 | トップページ | 中野/ 天ぷら 住友 (天丼、穴子、ビール) »

2017年7月18日 (火)

小金井/ 第38回 小金井阿波おどり  [2016年]

1img 第38回小金井阿波おどり[2016年]のポスター

1img_1989 南口駅前流し会場のスタート地点

1img_1983 アナウンス席

第38回小金井阿波おどり[2016年]では、スタート直前における踊り手さん達の「目線の先」をテーマとした。

すなわち、スタート直前の緊張感の中で、踊り手さん達はその「目線の先」に何を捕え、そして何を思ったのか。
あるいは、何を思い、それ故に何が見えていたのか。
ということがテーマである。

なお、眼差しについてであるが、スタート直前ということであろうか、どの踊り手さんの目にも雑念というものが感じられなかった。

1dsc_6486 

1dsc_6490 

1dsc_6491 

1dsc_6500 

1dsc_6503 

1dsc_6516 

1dsc_6522 小金井市役所連は市長が先頭

1dsc_6523 小金井市役所連

1dsc_6520 小金井市役所連

1dsc_6526 小金井市役所連

1dsc_6527 写真撮影は大変な作業

1dsc_6532 

1dsc_6534 

1dsc_6535 

1dsc_6552 

1dsc_6558 

1dsc_6560 

1dsc_6565 

   

今年は第39回小金井阿波おどりが7月22日および23日に開催される。
好天に恵まれることを切に祈っている。

   

« 小金井/ 雷雨と雹 | トップページ | 中野/ 天ぷら 住友 (天丼、穴子、ビール) »

小金井(祭礼)」カテゴリの記事

小金井(阿波おどり)」カテゴリの記事

コメント

着物姿の女性陣が眩しいです。こういう機会ですと、堂々とカメラを向けることができて良いですね。花を撮るのも良いですが、究極的には人物がターゲットとしてよろしいようです。

Kincyanさん
私はいろいろなことに興味があるようで、写真撮影の対象もなかなか絞り切れないでいます。
ここのところ顕微鏡の映像に興味が湧いていますが、新たに顕微鏡を買うということにはちょっと躊躇しています。
多分買わないでしょうねェ。

顕微鏡の件、小学館の「小学8年生」という雑誌に付録でついていたような気がします。本格的なものではなく、小学生でもできる組み立て式の顕微鏡セットを探されてはいかがですか。

Kincyanさん
「小学8年生」という雑誌があるんですねェ。
顕微鏡もさることながら、こういう雑誌があるということに驚いた次第でした。
因みに、買ったことはあるの?

あとからお邪魔いたします。小生も「小学8年生」という誌名に驚き調べてみてしまいました。
「小学〇年生」というシリーズは、少子化であったり、本離れが進んでいたり、で何年か前に全学年で
廃刊となったと聞いております。おそらくそのあとで満を持して発売されたものなのでしょう。
なぜ『8』かというと、デジタル数字の8はすべての数字に変わることができるから、なのだそうです。
価格も1000円以下と手頃ですから、検討の余地はありそうですよ。
それにしてもkincyanさんのアンテナの張り方の広さは、驚嘆、尊敬に値しますね。感服しております。

Kabochanさん
小学校に入った時に小学1年生を購読し始め、小学校4年生頃から「少年サンデー」に移り、次いで「少年画報」や「ボーイズライフ」などを読み漁って中学生まで過ごしました。
高校以降は北杜夫や遠藤周作、庄司薫などのお世話になりました。
が、その当時も小学○年生シリーズは続いていたように記憶するところであり、何時の頃に消滅したのかは知らずにいました。
ところで、8という数字には深遠なる意味が込められていたようですねェ。
我々の世代には「8」というと「エイトマン」というところでしょうかねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小金井/ 第38回 小金井阿波おどり  [2016年]:

« 小金井/ 雷雨と雹 | トップページ | 中野/ 天ぷら 住友 (天丼、穴子、ビール) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ