« 小金井/ 野川 (蜻蛉の夫婦) | トップページ | 大久保(コリアンタウン)/ 韓国式居酒屋 トンマッコル (ノンアルコールビール、焼肉ランチセット(ウサムギョプサル、コチュジャンサムギョプサル、海鮮チヂミ、チャプチェ) »

2017年7月21日 (金)

小金井/ 福源居 (冷やし中華醤油味+半炒飯)

1img_7799 福源居

先日、歯の治療でJR武蔵小金井駅の近所に出掛けた。
連日の猛暑が更に続き、この日も暑かった。
治療を終えると時間は昼食時に差し掛かっていた。
空腹感も次第に増幅し始めた。
とはいえ、猛暑である。
暖かい料理よりも冷たいものの方が佳い。
となると、冷し中華が候補の筆頭に上がってくるというものである。
JR小金井駅の周辺には街の中華料理店の数が少ない。
まだ訪ねていない店の数も限られる。
という状況の中、前を通ったら「冷やし中華」の文字が目に入った未訪店があった。
その店の名は「福源居」であった。

1img_7798 入口はビルの奥

「福源居」は開店してもう数年になるのではないかと思うが、一回も入ったことがなかった。
特に理由は無いが、店の入口がビルの奥深くにあって何となく気後れしていたのではなかろうかと思う。

しかし、いざ入店してみるとカジュアルな店であることが分かった。
店は中国語を話す人達が切り盛りしていて、本場の中国料理が味わえるのではないかと期待が高まるのであった。

1img_7790 お品書(部分)

案内された席に着いてお品書を見ると、夏季限定料理として数種類の冷やし中華メニュが記されていた。
元より冷やし中華を目当てに入店したのであるから、ここから選択することにした。
いりいろ目移りしたが、初めての入店なので「冷やし中華醤油味」をいただくことにしようとした。
ところが、である。
「冷やし中華醤油味+半炒飯」というのが目に入った。
お姉さんに尋ねると、「冷やし中華醤油味」のサイズは単品でも炒飯セットでも同じであって、100円をプラスするだけで「半炒飯」が付くというものであった。
そこで躊躇せずに「冷やし中華醤油味+半炒飯」を注文したのであった。

1img_7791 冷やし中華醤油味+半炒飯

中国の人が造る冷やし中華とはどのようなものであろうか。
中国には冷たい料理は無いということを予ねてより聴いているが、そこは本場の味が反映されているのであろう。
などと、高まる期待を胸の奥に秘め、「冷やし中華醤油味+半炒飯」の到着を待ったのであった。

1img_7792 冷やし中華醤油味

お姉さんによって運ばれてきた「冷やし中華醤油味+半炒飯」の「冷やし中華醤油味」は錦糸玉子、キュウリ、チャーシュー、中華ハム、そして頂上にクラゲ、その上に茹でた海老、大葉の刻んだの、という豪華ラインアップであった。

先ずは、具材と麺を軽く混ぜ合わせ、次いで洋辛をスープに溶いた。
そして、徐に具材の絡まった麺をスープに漬してから口に運んだのであった。

「・・・」

オーソドックスな冷やし中華であった。
すなわち、当店の冷やし中華は冷し中華の原点の味わいの一品なのであった。

そういえば、中国に冷やし中華が無いという事実を肯定すると、中国人シェフは冷し中華という料理を日本人あるいは日本の情報から学んだと考えるのが妥当であろう。
したがって、当店は中国人スタッフによって切り盛りされてはいるものの、冷し中華に限っては日本のレシピと調理法で造られたものであるから、それはオーソドックスな冷やし中華になるというのは自明の理なのであった。

1img_7794 半炒飯

「半炒飯」は玉子とネギが主要な具材で、少しではあるがチャーシューも入っていた。
そして、「半炒飯」とはいうものの普通サイズの三分の二程度の量はあり、良心的な一品であった。

   

« 小金井/ 野川 (蜻蛉の夫婦) | トップページ | 大久保(コリアンタウン)/ 韓国式居酒屋 トンマッコル (ノンアルコールビール、焼肉ランチセット(ウサムギョプサル、コチュジャンサムギョプサル、海鮮チヂミ、チャプチェ) »

小金井(中国料理)」カテゴリの記事

コメント

そうですよねぇ 濱の中華街で冷やし中華は見たことがないですね。
中国の方はお野菜でも生ではいただかないそうですもの。
冷たいものや生のお野菜は体が冷えるとか? なのでしょうか。
こちらの炒飯 美味しそう。
中国の方が作られる炒飯でしたらお味は間違いないでしょうね。
ところで歯医者さんに通われていらっしゃるのですね、歯は命だそうですから、80歳で何本か残しましょう とよく聞きますものね。
お大事になさってください。

FORTNUM & MASONさん
横浜の中華街は世界でも有数の規模を誇る中華街だそうですが、横浜の中華街に精通されていらっしゃる方から冷やし中華が無いことを裏付けていただき、まことに光栄でございます。
そういえば、中華料理で冷製と言えば、せいぜい前菜くらいですが、何だか画一的な感じがしますねェ。
中国人もインターネットの普及や海外旅行経験で冷たい料理も美味しく食べることができるということを知っているはずですがねェ。

歯医者ですか?
来月、も一回行ったら終わりの予定です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594928/65558410

この記事へのトラックバック一覧です: 小金井/ 福源居 (冷やし中華醤油味+半炒飯):

« 小金井/ 野川 (蜻蛉の夫婦) | トップページ | 大久保(コリアンタウン)/ 韓国式居酒屋 トンマッコル (ノンアルコールビール、焼肉ランチセット(ウサムギョプサル、コチュジャンサムギョプサル、海鮮チヂミ、チャプチェ) »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ