« 新宿/ 追分だん古゛本舗 (二本盛り(ごまだれ、よもぎ(つぶ))) | トップページ | 小金井/ 国立研究開発法人 情報通信研究機構 (夏休み特別公開2017:ペンシルロケット) »

2017年7月24日 (月)

小金井/ 国立研究開発法人 情報通信研究機構 (夏休み特別公開2017:南極ゆうびん)

1img_0002 

国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)では、今日から明日までの2日間に「夏休み特別公開2017」が行われている。

NICTのような研究機関の中に入れる機会はめったにないものと思い、行ってみた。
午前11時過ぎに入館してみると予想の通り小学生以下の児童とその親御さん達で賑わっていた。
オジサン一人というのは結構気後れするというものであるが、あるミッションを帯びての訪問であるから、ここはグッと我慢というものであった。

そのミッションというのは、南極経由で葉書を孫達に送るというものである。

館内には小金井郵便局の臨時出張所が開設されていて、ここで南極経由の葉書を送ることができるというのである。

その手順は、以下の通りである。
 ①南極の展示室にいって、そこに置いてある葉書(無料)に宛先(国内)を記入する
 ②郵便局の臨時出張所で切手(葉書は62円)を購入する
   [切手は10種類位の中から選択する]
 ③購入した切手を葉書に添付する
 ④切手を添付した葉書を「南極ゆうびん」と記されたポストに投函する

さて、手順に従って葉書を認め、ポストに投函した。
南極を経由して孫達の手元に届けられるのは来年の春とのことであった。
それまで、孫達には内緒である。

1img_7992 南極ゆうびんのポスト

1img_0003 南極ゆうびんの絵葉書 

1img_0004 南極ゆうびんの絵葉書 

   

1img_7994 なんきょく郵便限定ガチャガチャ

「切手(62円以上)」を購入したことから、「なんきょく郵便限定ガチャガチャ」を2回することができた。

1img_7993 トークン

係のお兄さんからトークンを手渡され、ガチャガチャのレバーをゴリゴリと回した。
するとカプセルに入った小さな袋入りのものが出てきたのであった。

1img_8003 郵便屋さん消しゴムとポストケシゴム

後で物を確認すると、「郵便屋さん消しゴム」と「ポストケシゴム」であった。
これは、孫達が夏休みで来た時に手渡すことにしよう。

   

« 新宿/ 追分だん古゛本舗 (二本盛り(ごまだれ、よもぎ(つぶ))) | トップページ | 小金井/ 国立研究開発法人 情報通信研究機構 (夏休み特別公開2017:ペンシルロケット) »

小金井市(行事)」カテゴリの記事

コメント

国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)とはずいぶんいかめしく長々しい名前ですが、
ふと思いついて調べてみましたら、昔住んでいた小平団地への行き帰りに毎日前を通っていた
「電波研究所」(停留所名は「電波研究所前」でした。)でありました。十数年そばにいながら
一度も中に入ったことはありませなんだ。こんなかわいらしいイベントまで手がけておられた
のですねぇ。
南極経由だと何か特別な消印などが押されるのでしょうか?(ペンギンの足型とか。)お孫さん
たちが驚いて喜ばれる姿が今から目に浮かぶようですね。

なんて可愛い 粋な試みなんでしょうか

このガチャも可愛くて。。。
昔娘が集めていた G社のキャラメルについていたおオマケのようです (今はそのG社の社員になるとは、当時はしるよしもなし)

南局を経由して 春に届くお便り。。。
お孫さんの喜ばれるお顔が想像できます

クリスマス前にフィンランドのサンタさんにお手紙を贈ると、サンタさんからお便りとプレゼントが届くのを思い出しました
今更ながらしてやっとけばよかったなと思います

国立研究開発法人なのですね? 娘は病院になります。
夏休みの企画としてはとても良いですね、大人も楽しめそう。
南極からの手紙なんて 夢も一緒に届けてくれそうですね。
娘が勤務しております NCCHでは夏休みになりますとブラックジャックセミナーを開催するそうで、doctorが手術をする時の格好をしてdoctorから指導を受けながら実際の手術の器具を扱って手術の真似事を体験できるそうですよ。
自由研究や夏休みの想いでになりそうですね。
申し込みをして お孫さんたちに体験してもらうのも佳いかもですよ。

Kabochanさん
元は電波研究所だったのですねェ。
電波研究所の方が馴染みがありますねェ。
そういえば、ここは日本の標準時を司っている組織なのですねェ。
本館ビルの正面にあるデジタル時計はその象徴ですねェ。
また、JR武蔵小金井駅の時計もここと直結しているようです。
南極ゆうびんには南極らしいデザインの消印が押されるようでした。
どういうデザインかは来春ということで・・・。

すずらんさん
ご多用中にも係わらず連日のご来訪、ありがとうございます。
時々貴ブログに登場される気風の佳いお嬢様はG社のご勤務なのですねェ。
優秀ですねェ。
私も幼い頃は森永製菓のキャラメルもグリコのキャラメルも好きでした。
しかし、どちらかというとグリコのオマケは幼稚園くらいまでは大変魅力的なものでした。
随分沢山買ってもらった(というか当時は選択肢があまりありませんでした)が、それらのオマケをちゃんと保存していたら、お宝鑑定団に出れるほと価値のある資産になっていたかもしれませんねェ。
ところで、フィンランドのサンタクロースへの手紙ですか~~ァ。
私も挑戦してみましょうかねェ。

FORTNUM & MASONさん
NCCHでネット検索してみました。
国立癌研究センター病院、とでてきました。
あの築地市場の前の、あの高度医療の、あの病院ですよねェ。
ということは、お嬢様はドクター、でいらっしゃいますか。

ブラックジャックセミナーは小中学生が対象なのでしょうねェ。
許されるなら私自身が参加してみたいという気持ちです。
医療器具というのは機能が凝縮されたもので、その機能美を自分の手で確かめてみたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新宿/ 追分だん古゛本舗 (二本盛り(ごまだれ、よもぎ(つぶ))) | トップページ | 小金井/ 国立研究開発法人 情報通信研究機構 (夏休み特別公開2017:ペンシルロケット) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ