« 日本橋/ コレド日本橋 (窓拭き) | トップページ | 銀座/ WAKO ANNEX TEA SALON (ケーキセット) »

2017年7月 5日 (水)

銀座/ 五代目 花山うどん (鬼釜)

1img_7275 松屋通沿いの店の前(入店待ちの人で溢れていた)

先週M社の株主総会に行った。
殆どの企業の株主総会と同様に、開催前に大口株主からは決議事項について同意を得た上で開催されているものであるから、私のような泡沫株主の意見が反映されるものではない。
したがって、退職した私にとってはM社の近況を知ると同時に参加株主の中に多く居られる先輩後輩との同窓会に出席するというニュアンスが濃厚なものとなっているのである。

さて、その株主総会も終わり、数人の先輩諸氏と昼食を摂るために銀座に向かった。
銀座に到着すると時刻はほぼ昼食時を指しており、YA氏の発案で群馬県を本拠とするうどん店に行くこととなった。

目指したうどん店は「五代目 花山うどん」という名前であって、YA氏によると数カ月ほど前に開店した店である。
なお、「花山うどん」は群馬県館林に本店があり、初代から数えて約120年の歴史を誇るというものであった。

1img_7274 店頭のディスプレイ

「五代目 花山うどん」の前に至ると、店内は満席状態であるばかりか店頭には数名の先客が入店待ちの状況であった。
入口にあるリストに名前を書いて雑談をしながら名前を呼ばれるのを待った。
その時、YA氏から
「リストに『カミ』と書けば良かったかも。そしたら、『カミサマ、カミサマ~!』って呼ばれるねェ。」
との一言があり、私からは
「『大仏』と書くというのはいかがでしょう?呼ばれたら『オサラギデゴザル。』って返事するのも良さそうですが・・・。」
と言ったのであったが、私の提案は余り受けなかった。

1img_7283 おつけもの(うどんを待つ間にコリコリ・ポリポリ)

さて、待つこと数分にして店内に招き入れられた。
お品書を見ると、うどんは「鬼ひも川」(超幅広うどん)と「うどん」(通常サイズ)の二種類があった。
「鬼ひも川」というのは皆に取って珍しく、全員が「鬼ひも川」を選択することとなった。
次いで食べ方であるが、冷たいうどんをということとなったが結局「ざる二味」と「鬼釜」の二手に分かれた。

1img_7289 ざる二味

「ざる二味」は「鬼ひも川」を「醤油つゆ」および「金胡麻つゆ」の二種類のおつゆで食するもので、当店のうどん固有の味や食感をダイレクトに賞味できるという諸氏の感想であった。

1img_7290 鬼釜

1img_7291 鬼釜

一方、私も注文した「鬼釜」というのは上州麦豚が使われており、うどん日本一を決める大会で三年連続して優勝したものだそうである。
上州豚以外には、温玉、蒲鉾、刻み海苔、刻みネギが載せられていた。

食べ方に関して仲居さんからインストラクションがあり、①先ずは出汁を半分ほどかけてから「ひも川」だけを、②次いで好くかき混ぜて、③最後にワサビを混ぜて、という三段階の食べ方を勧められたのであった。
いずれの食べ方も佳い味わいであったが、個人的な好みでは②が好かった。

なお、器はタヌキのデザインであった。
当店では器にも凝っていて、有田焼、美濃焼、益子焼などの器が使用されているそうであるが、このタヌキの器は信楽焼であろうか。
それにしては大きなフグリが見当たらない・・・。

   

1img_7286 館林のツツジ

ツツジは花山うどん発祥の地である群馬県館林のシンボルであると同時に当店の商号にもなっているそうである。
そのツツジの絵が店内の壁面いっぱいに描かれている。

   

« 日本橋/ コレド日本橋 (窓拭き) | トップページ | 銀座/ WAKO ANNEX TEA SALON (ケーキセット) »

銀座(うどん)」カテゴリの記事

コメント

いつも紳士でいらっしゃるYA氏さんの隠された一面を覗かせて頂きましたです。 楽しい方ですね。
こちらの おうどん随分と幅が広いようですがどの位あるのでしょう。
ほうとうより広いのでしょうね。
うどん三本 蕎麦六本と言いますが 花山うどんは一枚で お口いっぱいになりそう。
でも つるつるしこしこしているようで美味しそうです。
おうどんが好きな娘と伺ってみたいですよ。

FORTNUM & MASONさん
上段が下手で、なかなか笑いをとることができませんです。
鬼ひも川うどんはその幅は5cm位あったでしょうかねェ。
書き忘れたことが一つありまして、それはその表面がツルツルということです。
割箸ですら捕えることが難しく、口に運ぶまでにするりと落ちてしまうのでした。
跳ねが飛ぶ可能性がありますので、着物や上等のお召し物の際には要注意です。

冗談が上段ですか?
可笑しいですぅ。
冗談が言えない方は真面目さんが多いのではないでしょうか。
J氏さんは真面目な方でいらっしゃるのでしょう。
ん? ‥‥
でも~ blogを拝読させていただいていますが プッ(*≧m≦*)と笑ってしまうところもありますよ。
人は各々その人にしかない良いところが皆ありますから それで良いのではないでしょうか?

FORTNUM & MASONさん
スミマセン、チェックミスです。
なお、私は不真面目人間で、更には良い加減人間です。
自分でも分からないのです、自分の良いところってェものが。
まあ、適当に付き合ってやってくださいまし、です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/ 五代目 花山うどん (鬼釜):

« 日本橋/ コレド日本橋 (窓拭き) | トップページ | 銀座/ WAKO ANNEX TEA SALON (ケーキセット) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ