« 銀座/ Spain Club Bodega GINZA (パエリャランチ、タパス) | トップページ | DAYS BOOK 365 (June 5) »

2017年6月 4日 (日)

銀座/ CAFE de GINZA MIYUKI・KAN (モンブランと紅茶のセット)

1img_6373 CAFE de GINZA MIYUKI・KAN

先日、朋友のHO氏とスペインクラブでパエリャを食した。
そのパエリャが我々の胃袋の容量を越えていたことから一旦GSIXの中にある蔦屋書店で胃袋を落ち着かせてから、食後のデザートをいただきに5丁目にあるHO氏お気に入りの「CAFE de GINZA MIYUKI・KAN」を訪ねた。

1img_6363 メニュ

当店を訪れるのは、昨年の3月にHO氏と月島から銀座まで歩いて以来のことである。
店内に歩を進め、配膳カウンターの前のテーブルが空いていたのでここに着席した。
メニュを見ながら当店のスぺシャリテである「モンブラン」にするか、はたまた他のケーキにするか、今月に64歳の誕生日を迎えるオジサン二人は暫し逡巡を重ねたのであった。
そして選択したのは、HO氏が「ストロベリージェノワーズ」、私は「モンブラン」であった。
また、紅茶をいただくことにして「ダージリン」や「アールグレイ」の名前を挙げると、ケーキとセットにできるのは「ウバ」という紅茶であって、他の紅茶を選ぶと別料金になるということであった。
暫らく訪ねない内にシステムが変わってしまっていたのであったが、紅茶の種類よりも料金に関心のあった我々オジサンは「ウバ」で了承したのであった。

1img_6364 配膳カウンター

暫らく談笑していると、向かいにある配膳カウンターに我々の注文した品と思しきケーキが並べられていた。
そして、それらは行き先が誤られることなく、私たちのテーブルに運んでこられたのであった。

1img_6366 ストロベリージェノワーズ、モンブランと紅茶はウバティー

紅茶を淹れるために用意された砂時計の砂が落ちきるのを待って、徐に「ウバティー」をティーカップに注いだ。
そして、一啜りした。
「悪くないねェ!」
という紅茶であった。

1img_6370 モンブラン

HO氏も私も「ウバティー」で口腔内を整えてから、ケーキをフォークで大ぶりにカットして口に運んだ。
「モンブラン」は当店のスぺシャリテであり、そのマロンクリームは栗の風味が濃厚でありながら上質な味わいを呈していた。
また、土台のメレンゲのサクサクした口当たりが軽快であり、またそのドライな甘味がモンブランケーキと好対照をなしていて、モンブランケーキの味わいを一層高めていた。

1img_6372 エントランスに近いエリアの絵画

なお、支払いを済ませてからHO氏が店内の絵画について眼鏡のお嬢さん(先の写真では配膳カウンターの向こうにおられた)に尋ねると、このお嬢さんはとても感じの良い方で、店内の絵画は全て「松木新平氏」という方が描かれたものであるとのことを丁寧に説明してくださったのであった。
また、当店のインテリアはこの「松木新平氏」が行われたもので、氏はそもそもインテリアデザイナーであられるということであった。

   

1dsc06323 2016年3月
和栗のモンブランはセット価格が1,452円であるが、紅茶の種類は自由に選べた。

1img_6361_2 2017年6月
ケーキセットは、紅茶は「ウバ」に限定されるが、和栗のモンブランの場合は1,134円であった。

   

« 銀座/ Spain Club Bodega GINZA (パエリャランチ、タパス) | トップページ | DAYS BOOK 365 (June 5) »

銀座(カフェ)」カテゴリの記事

コメント

銀座で紳士がお二人で ケーキとお紅茶なんて素敵ですね。
ウバを勧められたのですね~ぇ。
ウバはウバ州で生産される高級茶でキーマンやダージリンと共に世界の三大紅茶ですもの。
お二人の お口にとても合ったようですね、美味しい お紅茶には美味しい背景があるようですよ。
ウバは1度だけ頂いた事がありますがフレーバーでないのに柑橘系の香りがありますよね?
良質の物ほど香りが強いそうです。
J氏さんと均さんは親友で 尚且つ お誕生日が同じ5月なんて凄いですね。
64歳 未々お若いです。
此からも色々な所に お二人でお出掛けされて素敵な時間を お過ごしくださいね。

FORTNUM & MASONさん
ウバ茶は高級なお茶だったのですね。
知りませんでした。
ケーキとのセット価格も低めに抑えられていたので、ダージリンとかよりもグレードが低いのかと思っておりました。
いただいたウバ茶の味わいは美味しかったですが、価格からくるイメージは判断を狂わせるようですねェ。
均ちゃんも私も6月の生まれでして、もうすぐ64歳になります。
歳はとってもケーキと紅茶はまだまだ続きそうです。

J氏さん お誕生日6月でしたね、5月なんて大変な間違いを、本当にごめんなさいね。

FORTNUM & MASONさん
気になさらないでください。
64歳になろうとする者にとって1カ月の違いなどどうってことはございませぬ。
ただ、64歳と65歳の違いの場合は結構大きく、美術館や博物館などの公共施設への入館料は半額になるなどの優遇がございます。
来年が楽しみなことです。

この日は食いすぎでした。やはり胃の容量は小さくなっているようです。でも久しぶりの、この喫茶店は、雰囲気、ケーキ、TEA、全てよし。貴君くらいとしか、こういう喫茶店には入れませんね。

Kincyanさん
私もそうでしたが、入院を経験すると胃袋の容量が小さくなるようです。
まあ、それはそれで摂取エネルギー量を考えると適当なサイズに胃袋が収斂したということなのでしょう。
そうは言っても、佳い店にはこれからも積極果敢に入りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀座/ Spain Club Bodega GINZA (パエリャランチ、タパス) | トップページ | DAYS BOOK 365 (June 5) »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ