« 府中/ 清酒 (国府鶴) | トップページ | 銀座/ Spain Club Bodega GINZA (パエリャランチ、タパス) »

2017年6月 2日 (金)

銀座/ GINZASIX (草間彌生氏のオブジェ)

昨日は、我が朋友のHO氏と銀座で会った。
HO氏と会うのは、氏が先週リハビリテーション病院を退院してから初めてのことであった。
HO氏とは三越で待ち合わせてから昼食を摂り、その後に立ち寄ったのがGINZASIXであった。
店内に入ってみると開店当初の様な喧騒はなく、大変落ち着いた雰囲気であった。
2階のフロアから上を見上げると、草間彌生氏の大きなオブジェが目に飛び込んできた。

先ずは7丁目側のエスカレータで6階にあるHO氏お気に入りの蔦屋書店を目指したが、途中に見えるオブジェは階を上がる毎にそのプレゼンスに変化が現れるのであった。

また、帰りは5丁目側のエスカレータで降りて行ったが、この過程でもオブジェの変化を楽しめたのであった。


[7丁目側のエスカレータからの眺め]

1img_6338 2階フロア

1img_6340 2~3階へのエスカレータより

1img_6343 4階フロアより

1img_6344 4~5階へのエスカレータより


[5丁目側のエスカレータからの眺め]

1img_6356_2 6~5階へのエスカレータより

1img_6359 5~4階へのエスカレータより

1img_6360 5~4階へのエスカレータより


   

« 府中/ 清酒 (国府鶴) | トップページ | 銀座/ Spain Club Bodega GINZA (パエリャランチ、タパス) »

銀座(街の風景)」カテゴリの記事

コメント

お付き合いいただきありがとうございます。
草間さんの作品はユニークです。瀬戸内海の島で初めて見ましたが、あの歳で、未だにエネルギッシュに作品を生み出されておられます。あそこの天井を飾るにふさわしい作品ですね。

ほぉ~ぅ。銀座の一等地に立つ商業施設の中にこれほど大きな吹き抜けがあるとは、これぞ贅沢の極みと
いうべきかもしれませぬ。オブジェの周りを複雑な形で取り囲んでいる構造物も、絵になりますな。
天井の装飾が亀甲模様を思わせるような形で、どことなく和の雰囲気を醸し出している気がいたします。
草間さんの作品は、各階を移動しながら目にすることを考え抜いてのオブジェなのでしょうね。貴兄が
さまざまに趣を変えるところに着目されたことに、作者も喜ばれていることでしょう。
銀座の名所がまた一つ増えましたな。
kincyanさんも無事に退院されて順調にリハビリを進めておられるご様子、何よりでした。

Kincyanさん
直島に行かれたのですね。
人づてに聞いたのですが、草間彌生氏の作品が自然に融け込むように展示されているそうですねェ。
氏のオブジェは初めて観ましたが、いろいろな角度から観てもその都度違ったイメージが現れる作品でした。
先日は佳い時間を共有できて良かったです。

Kabochanさん
地価の高い銀座の一等地に吹き抜け構造を取り入れるなど、実に贅沢な設えですねェ。
このビルは、松坂屋が取り壊されてから出来上がるまでに随分と時間がかかりましたが、それだけ店内の意匠に工夫が凝らされたということなのでしょうかねェ。
銀座には数多くのビルや商業施設がありますが、GSIXは今までに見かけなかった新しいコンセプトのデザイン設計が取り入れられたのでしょう。
帰京の際には是非お訪ねいただければと思っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座/ GINZASIX (草間彌生氏のオブジェ):

« 府中/ 清酒 (国府鶴) | トップページ | 銀座/ Spain Club Bodega GINZA (パエリャランチ、タパス) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ