« 堺/ 回転寿司 スシロー 泉北2号店 (変わり種寿司、うどん) | トップページ | 堺/ 豆の蔵元 (豆菓子) »

2017年5月 5日 (金)

堺/ むか新 泉北店 (かしわ餅)

1img_5034 むか新 泉北店

先日、我が母と久しぶりに外食ということになって、訪ねた先が「スシロー」であった。
食事を終えて向かったのは、「スシロー」の真向かいにある「むか新」という和菓子店であった。
「むか新」は創業は明治25年(1892年)というから100年以上の歴史を刻む老舗である。
本社は泉佐野市にあり、堺市内にも数店舗が展開されている。
当店はその内の一つである。

「むか新」の店名は、代々のオーナー(現在は社長)が向井家の方であり、名前には「新」の文字が受け継いでこられたことに由来するものである、と店のお姉さんから伺ったことがある。

1img_5035 店内(部分)

店内は老舗の風格を備えた設えとなっていて、和菓子の種類も当店オリジナルの品々に限らず、季節のものも多数用意されている。

この日は、我が母のリクエストを受けて「柏餅」を購った。

持ち帰った柏餅は夕方に皆でいただいたが、上新粉でできた餅の口当たりが得も言えず好く、また小豆の軟らかい味わいの餡が淡いが個性のある甘味を湛えていて、まことに上質の柏餅であった。
そっと薫る柏の葉の香りが、ふと幼い頃に同じ場所で食べた柏餅のことや端午の節句の日の記憶を呼び起こし、懐かしい思い出に暫し耽ったのであった。

1img_5051 柏餅とその包み

1img_5053_2 柏餅

今日は5月5日、端午の節句、である。

   

« 堺/ 回転寿司 スシロー 泉北2号店 (変わり種寿司、うどん) | トップページ | 堺/ 豆の蔵元 (豆菓子) »

堺(和菓子)」カテゴリの記事

コメント

包装紙の柏の葉も格調高く、由緒正しい柏餅、という感じがいたします。
子どもの頃は柏餅と菖蒲湯は子どもの日に欠かせぬものでしたねぇ。
我が家の娘が小さいころあんこが苦手だったので、柏餅の代わりに粽を食べていた時期がありました。
笹の香りがほのかに移って、案外いけましたが、やはりあんこが入っている方がうれしいですねぇ。
今年は子どもたちもそれぞれ出かけて柏餅は食べそこないましたが、菖蒲湯は例年通りたてるようです。
今更ながら頭に巻いてみましょうか。

JFKさん そしてみなさま

大変ご無沙汰しておりましたbearing

今年に入り 着物関係の活動で多忙になり。。。
どなたのblogもなかなか拝見も出来ず、失礼をしていますcoldsweats02

久しぶりにここにもお邪魔してみると。。。
なんと私の大好物のかしわ餅の記事だなんて、なんてラッキ~なことなんですかheart01

肝心の今日は 食べてない事に気づきましたが。。。
二日に一度位は 柏餅やあんこ物は食べていますhappy01

湿疹が出ない程度に 食べ続ける予定でいますhappy02

このかしわ餅 とってもつやが良くてつるんとしていて、さぞ中のあんこも美味しかったことでしょうheart04

またお邪魔しますねhappy01

ほんと、包装紙といい 柏の葉といい、美しい柏餅、上新粉も餡も最上級の物を使用されているのでしょうね。
流石、老舗の柏餅ですね。

また、柏の葉の香りから幼い日の記憶がよみがえられたとはJ氏さんは繊細なかたですね。私、今回は柏餅よりも此方の方に注目してしまいました。
分かりますよ、風が吹いてその風に色や香りがあってその風にずっと以前に吹かれた記憶ってありますもの。
J氏さんは西条八十のようなかたですね。

Kabochanさん
今日いただいた柏餅は数多ある柏餅の中では上質の一品であり、また和菓子そのものとしてもハイレベルな一品でした。
そちらの御家では菖蒲湯を欠かさず楽しまれていらっしゃるようですね。
私は家族兄弟ともに食い気が勝っていたようで人生で菖蒲湯を数度しか経験しなかったですが、季節の風物詩を都度楽しまれるというのは羨ましいことです。
ところで、餡子が苦手でおられたお嬢様は今はもう慣れられたのですねェ。

すずらんさん
お久しぶりですねェ。
私は貴ブログは拝見させていただいておりましたので、ご多忙であられたことは存じ上げておりました。
ただ、柏餅まで失念されるほどご多忙とは想像しておりませんでした。
さはさりながら、短文でも数日に一度はご活躍の様子を拝見できれば(特に食や京都に関する話題)、幸甚です。
では、ますますのご活躍を楽しみにいたしております。

FORTNUM & MASONさん
やはり老舗には老舗の矜持があり、老舗ならではの良い個性というものがありますね。
この日にいただいた柏餅は、そこはかとない柏の葉の香りも、またそのまったりとした味も、たいそう佳いものでした。
私は香りだけでなく、その日の疲れ具合からも昔を思い出すことがあります。
例えば、朝早く起きて何処かへ出掛ける時の眠たさからは、米国時代に早朝のハイウェイを空港に向かって車を運転していることなどを思いだします。
思い出すのは、楽しかったことだけでなく、しんどかったこともあります。
でも、嫌だったことがあまり出てこないのは能天気な性格のせいでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594928/65228383

この記事へのトラックバック一覧です: 堺/ むか新 泉北店 (かしわ餅):

« 堺/ 回転寿司 スシロー 泉北2号店 (変わり種寿司、うどん) | トップページ | 堺/ 豆の蔵元 (豆菓子) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ