« 津久野(堺市)/ Pain de Singe (桜もち(道明寺)) | トップページ | 小金井/ 貫井神社 (鵜、鷺) »

2017年4月 8日 (土)

小金井/ 桜 (2017年4月8日)

1dsc03119 

今日は朝から雨降りである。
雨降りといっても強い雨ではないが、傘は必要という程度の雨であった。

1img_3399 坂下橋西側

1dsc03127_2 同上

野川の桜は全体的にはまだ満開状態であるものの、一部の桜からは花弁が散り始めていた。
花弁は雨の影響よりも少し強めの風が吹くことによってハラハラと散って、野川の淵や柵の上に落ちていた。
雨も風も午前10時頃に止んだようである。
このまま止んでくれれば明日もほぼ満開状態が続くと推察しているのであるが・・・。

1dsc03118 若葉が芽吹いていた

1img_3493 同上

1img_3506 同上

先日、ある大学の講座で桜に関して学んだが、ソメイヨシノはまず花が咲いて、花が散った後に葉が出るということであった。
野川の淵では一部の桜の木に若葉が出てきていて、花弁を散らし始めたものもあった。
とはいえ、多くの木はまだ持ちこたえていて、その花弁には雨の水滴が付いていた。

1img_3595 

1img_3588 

   

« 津久野(堺市)/ Pain de Singe (桜もち(道明寺)) | トップページ | 小金井/ 貫井神社 (鵜、鷺) »

小金井(桜)」カテゴリの記事

コメント

今年の東京の桜は、ずいぶん変わった咲き方をしたようですね。開花宣言が早々に出てからは、なかなか満開に
ならず、各地の「さくらまつり」が「つぼみまつり」になってしまったと、今朝ほどの新聞で読みました。
ようやく満開になったら今度は雨ですか・・・。
樹の下でドンチャンするには不向きでも、ジャッカル氏のあたたかなまなざしに切り取られた桜の花はひときわ
美しく見えますなぁ。雨に濡れる桜の花もまたよし、ですね。その年その年で風情を変える花に出会うのも、
また楽しからずや。若葉と花びらのいろどりは、まさしく桜萌黄ですな。

Kabochanさん
そうですね。
昨年までのパターンと異なって、満開が随分遅くなりました。
しかしながら、そのお陰で入学式は桜と共に祝うことができたところも多くあり、我が孫娘も桜と一緒に写真を撮っていました。
私が小学校から大学院までの期間は大阪や京都では入学式の頃に桜が満開だったので、そういう意味では何となくイメージ通りの春になったように感じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594928/65122876

この記事へのトラックバック一覧です: 小金井/ 桜 (2017年4月8日):

« 津久野(堺市)/ Pain de Singe (桜もち(道明寺)) | トップページ | 小金井/ 貫井神社 (鵜、鷺) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ