« 東京都庁/ 職員食堂 (かき揚げ丼セット) | トップページ | 大久保(コリアンタウン)/ 元祖 宋家 (ウゴジガムジャタン、黒豆マッコリ、などなど) »

2017年2月 6日 (月)

新宿/ 街の風景

1img_0408 ビルの建て替えか?@新宿駅東口付近(新宿通)

昨日は朋友のHO氏に誘われて、映画「沈黙-サイレンス-」を観に行った。
HO氏との待ち合わせは10時に紀伊国屋書店の前ということであった。
が、存外に移動がスムーズに進み、新宿には9時15分頃というかなり早い時間に到着してしまったのであった。
そこで、朝の新宿界隈訪れるのは初めてであったことから時間潰しのために新宿通界隈を逍遥してみることにした。

先ずはJR新宿駅の改札口を出て地下道を歩き、地上に出てみるとそこは新宿通であった。
スタジオアルタの右手側はビルの建て替えが行われている様子であって、クレーンが一基立っていた。

1img_0409 クレーンの最上部に一羽のカラス

今朝写真を整理していて気付いたのであるが、そのクレーンの一番上にカラスが止まっていた。
最近都心部のカラスが減少しているというよなニュースを聴いたことがあるような気がしているが、そういえば小金井の我が家の近所でもカラスの数は以前に比べて著しく減ったような印象である。
そういうカラスの減少のせいであろうか、クレーンの上には唯一羽のカラスが見えるだけであった。

1img_0410 新宿通を歩く人は疎らであった

新宿通に沿って歩き始めると、9時を少し過ぎた時間帯では人通りが疎らであることに気付いた。
昼間の喧騒からは想像できない景色であった。

1img_0414 伊勢丹百貨店のエントランス(新宿通側)

紀ノ国屋書店のアーケードを抜けて一本裏の道を暫らく歩くと伊勢丹百貨店の横に出た。
そこから再び新宿通に出ると、伊勢丹百貨店の大きなエントランスが目に入った。

1img_0412 ドアには孔雀のレリーフ

この日、初めて気付いたのであったが、ドアには孔雀の紋様が施されていた。
孔雀というと大丸百貨店のイメージであるが、百貨店と孔雀というのは何らかの関係があるのであろうか・・・。

1img_0413 エントランス上部

1img_0425 ビルの壁面にも孔雀のレリーフ

しばらく伊勢丹のエントランスや外壁を眺めていたが、なかなか立派なものであった。

1img_0420 伊勢丹百貨店本店(追分交差点より)

1img_0422 店章

更に歩を進めて追分交差点から伊勢丹百貨店の建物を眺めると、風格ある造りのビルの上に赤い店章が青空をバックに映えていたのであった。

1img_0439 EXCELSIOR CAFE

伊勢丹百貨店の建物を眺めてから時計を見ると、HO氏との約束の刻限まで未だ30分程あった。
このまま更に歩き続けるか、はたまた何処かのコーヒーショップに入るか、若干逡巡したのであったが体が暖を求めているようであったので、たまたま前を通りかかったEXCELSIOR CAFEに入ったのであった。
ブレンドコーヒーのレギュラーサイズを注文し、2階に未だ空き席はあるのかどうかを尋ねると、まだ空きはある、ということであった。

1img_0435 2階への階段

そこで、空いている1階のテーブルには着かずに、受け取ったコーヒーを手に店内奥にある階段をコーヒーを溢さないように静々と登っていた。
2階に辿り着いてみると席は3割程度しか先客に占められておらず、壁に沿った明るいテーブルに着くことにした。

1img_0431 ブレンドコーヒーレギュラーサイズ

EXCELSIOR CAFEに入るのは多分3回目である。
過去に飲んだコーヒーはアイスコーヒーであって、ホットコーヒーは味わったことがなかった。
この日、初めて当店のホットコーヒーを味わったのであったが、コーヒー固有の苦味が尖っておらず、香りも清澄で、私の好きなコーヒーであることが分かったのであった。

1img_0440 紀ノ国屋書店新宿店

EXCELSIOR CAFEを9時50分に出て、紀ノ国屋書店新宿店に向かった。
9時53分頃に紀ノ国屋書店新宿店の前に至ったがHO氏の姿は見えなかった。
そこで、奥にある化石店のショウウィンドウを眺めたりして9時58分頃に書店の前に戻るとHO氏が現れた。
話を聞くとHO氏も早く到着されたそうで、界隈を逍遥されていたとのことであった。

1img_0446 末広亭

映画「沈黙-サイレンス-」の上映は10時40分からであり、映画館に行くにはまだ早いとのことで、末広亭の前を通ったりしてから映画館に行った。

1img_0448 新宿ピカデリー

映画「沈黙-サイレンス-」が上映されている新宿ピカデリーに入ると、多くの人であふれていた。
HO氏が予めネットで席を確保してくれていたお陰で良い席で鑑賞することができたのであった。
映画の内容については、いろいろ考えさせられるものが多かったが詳らかにすることは別の機会に譲りたいと思うところである。

1img_0449 旧都電の軌道跡

映画が終わってピカデリーを出たのが13時半ころであった。
HO氏からは「どぜう」という案もあったがお互いに新宿の佳店を知らず、では鍋物を突きながら一献ということになった。
が、これも佳店に通暁せず、結果として大久保のコリアンタウンで何か温かいものを食べようということになり、旧都電の軌道跡の公園を通ってコリアンタウンに向かった。

1img_0472 歌舞伎町

コリアンタウンで2時間ほどかけてガムジャタンを食べたあと、歌舞伎町経由でゴジラを見て、最後に伊勢丹Men’s館8階で時計・カメラ・ペンなどを観賞して家路についたのであった。
HO氏とは45年の付き合いであり、お互いに気心が通じていることから、この日も佳い一日を過ごせたのであった。

1img_0475 ゴジラの爪

1img_0477 ゴジラがチラリ 

1img_0479 靖国通側からのゴジラ

   

« 東京都庁/ 職員食堂 (かき揚げ丼セット) | トップページ | 大久保(コリアンタウン)/ 元祖 宋家 (ウゴジガムジャタン、黒豆マッコリ、などなど) »

新宿(街の風景)」カテゴリの記事

コメント

朝早い時間の新宿の風景というのはなかなか見る機会のない貴重なものであるかと思います。
記憶にあるイメージと違いますね。追分交差点から見た伊勢丹の写真などは、一瞬銀座四丁目の交差点を
連想いたしました。最近は専ら青い文字の「ISETAN」のロゴがおなじみですが、昔ながらの店章と風格の
あるレリーフもいいものですな。昔は母のお供でよく行っていたかと思うのですが、当時は何一つまともに
見ていなかったことを思い知りました。こういった隠された魅力を掘り起こしていただく記事もいいですね。
ビルの下からゴジラの爪だけ見上げるの図はしびれますねぇ。壁面の青いドレスの美女を狙っているよう
でもあり、今までのゴジラの写真の中では一番好きかもしれません。
インフルエンザが猛威をふるっているようですが、お二方ともお元気で楽しい週末を過ごされたようで
何よりでした。

お付き合い頂きありがとう。重いものを見て、重いものを食べた感じです。さすがに晩飯は抜きましたよ。あの映画は撮影賞でしかアカデミー賞にノミネートされませんでしたね。ハリウッド的ではないのでしょう。むしろ、ヨーロッパで受け入れられる映画なのかもしれません。家人や娘には薦めはしませんでしたが、スコセッシには敬意を表します。

Kabochanさん
嬉しいですねェ、ゴジラの爪に反応していただけたとは!
私の個人的な嗜好ではありますが、こういう写真がけっこう好きなのです。
さて、追分交差点からの伊勢丹百貨店はどこかで見た景色という感じでおりましたが、ご指摘のように銀座四丁目の交差点を隔てて見た銀座和光とオーバーラップするものがありますねェ。
私は東京に住むようになって未だ22年ほどなので、東京の街の風景は何処を見ても興味津々です。
また、興味のある風景を目にしたら掲載させていただきます。

Kincyanさん
先日は映画に誘っていただき、ありがとうございました。
宗教が係わってくる映画は精神的に重く感じるものが多く、この映画からもいろいろ考えさせられましたが、私の場合はこの映画はそれほど重く圧し掛かってこなかったでした。
私の感性が鈍いのか、はたまた思う処が違うのか、自分でも良くは分かっていないのですが・・・。
久しぶりに訪れたコリアンタウンでのガムジャタンは美味しかったです。
黒豆マッコリも佳うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新宿/ 街の風景:

« 東京都庁/ 職員食堂 (かき揚げ丼セット) | トップページ | 大久保(コリアンタウン)/ 元祖 宋家 (ウゴジガムジャタン、黒豆マッコリ、などなど) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ