« 富士山/ 富士山 (夕焼け、強風) | トップページ | 横浜中華街/ 謝甜記 (鮮蝦粥、油条) »

2017年2月26日 (日)

三鷹/ KINOKUNIYA vino kitchen (紀ノ国屋アップルパイ & 自家製コーヒーゼリー)

1img_0969 KINOKUNIYA vino kitchen

先日、散歩に出た際に三鷹にまで足を延ばしたが、一寸休憩を取ろうと思ってKINOKUNIYA vino kitchenに立ち寄った。
いつもは混んでいるKINOKUNIYA vino kitchenは、幸いなことにいくつかのテーブルが空いていて、店内奥では一つだけ空いていたテーブルに着くことができたのであった。

テーブルの上にあるメニュを開くと、どれも手頃な価格で数種類のケーキなどが掲載されていた。まさにちょっとした休憩にはもってこいのものであった。
そうした品揃えの中からアップルパイが目に入ったので、これを単品でコーヒーとともにいただこうかと思ったが、僅かの価格差でコーヒーゼリーもいただけるので、「紀ノ国屋アップルパイ & 自家製コーヒーゼリー」を注文することにしたのであった。

1img_0964 紀ノ国屋アップルパイ & 自家製コーヒーゼリー

1img_0966 同上

供された「紀ノ国屋アップルパイ & 自家製コーヒーゼリー」は白いプレートに小ぶりのアップルパイがアイスクリームとともに置かれていた。
その昔、初めてアメリカに赴任したころであったが、Applepie Peach Cobblerというデザートがあって、これを注文すると日本人から見て巨大な温かいアップルパイとアイスクリームが供されたのであった。
その後、日本からの出張者との会食でApple Pie Cobblerを薦めると、皆さん出てきた瞬間に驚きの表情をされたがほぼ全員の方々が完食されたのであった。

さて、当店のアップルパイであるが、そのサイズは小ぶりではあるが中のリンゴは肉厚で、それがたっぷりと入ったものであった。
また、シナモンは少量であるようで、私の好む一品であった。

また、コーヒーゼリーはカップで成形されたものがそのまま供されるというものではなくて、造られたものがグラスに移されたと思しきものであった。
したがって、グラスの中にはホロホロとした状態のコーヒーゼリーが入っていて、口当たりがたいそう滑らかなのであった。
ただ、贅沢を書かせていただけるならば、上に載せられたホイップトクリームが硬過ぎたようで、混ざりが良くなかった点を良くしていただけたらと思う次第である。

1img_0968 KINOKUNIYA vino kitchen

   

« 富士山/ 富士山 (夕焼け、強風) | トップページ | 横浜中華街/ 謝甜記 (鮮蝦粥、油条) »

三鷹(カフェ)」カテゴリの記事

コメント

あら、また誘惑されそうな甘いスイーツが三品も 美味しそう。
散策の途中でスイーツを頂くのはちょっと至福の時ですね。
アメリカのスイーツはたいへんボリュームがあるそうですね。
主人も言っていましたよ。
ハンバーガーもコーラも日本人には量があると‥‥
あちらの方達はそれが普通なのでしょう。
アップルパイ いただいてみたいです。 マローブルーティーとあわせたら お洒落な感じがしますねぇ。

おやおや、『散歩のときなにか食べたくなって』うまい物やに立ち寄られましたか!
ちょいと行けるところにいい店があって羨ましいですなぁ。
時々パンのごとく分厚い皮のアップルパイを見かけますが(それはそれで食べ応えがうれしい時もありますが)、
こちらの皮はあくまで薄くりんごが主役のようですので、アメリカのものもこれに準ずるものであれば、何とか
腹に収めることができそうですね。

FORTNUM & MASONさん
散策の途中に休憩をしていただく美味しいものは良いですねェ。
途中休憩ではまだ続けて歩かないとなりませんから甘い物で元気をつけることになりますが、散策の終わりとなりますとやはりビールってェことになりますでしょうか。
アメリカにおける料理に対する評価は、程良い量ということになるのでしょうけれども、何せ体の大きい人達が多いので日本人サイズよりも多いということになるのでしょう。
これと同じことはドイツにおいても言えると思います。
特にデザートは多くて食べきれないことがよくありました。

Kabochanさん
北海道に行ったことはありませんが、テレビを見ていると佳店が沢山あるように見受けられました。
貴地ではちょっと立ち寄るということでも店までは数キロの距離を移動されるということになるのでしょうか。
そうだとしたら、ちょっとしんどいかも知れませんですねェ。
皮の分厚いアップルパイはそれはそれで子供達には人気のものでしょう。
また、皮が薄すぎてもアップルパイらしからぬリンゴのコンポートの薄皮包みなどというもの変貌してしまうので、この辺の塩梅が難しいところでしょうか。
話は逸れますが、私は土台の分厚いピザが薄いクラスタータイプのものよりも好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594928/64942273

この記事へのトラックバック一覧です: 三鷹/ KINOKUNIYA vino kitchen (紀ノ国屋アップルパイ & 自家製コーヒーゼリー):

« 富士山/ 富士山 (夕焼け、強風) | トップページ | 横浜中華街/ 謝甜記 (鮮蝦粥、油条) »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ