« 小金井/ 桜 (初桜 in 2017) | トップページ | 銀座/ 銀座あけぼの (いちご大福) »

2017年1月14日 (土)

新宿/ 追分だん古゛本舗 (だんご 二本盛り:抹茶あん、苺あん)

1img_8780 店内の飾り付け(季節によって替えられる)

「ところで、YH様。
この後のご予定は如何におわしまするか?」
「拙者は見ての通り、暇を持て余しておるでござる。
そのような問いかけをされるとは、ジャッカル殿には何やらお考えがござるとお見受けいたしたが、是非そのお考えを聞きとうござりますのう。」
「いかにも。
流石はYH様でござります。
実は、・・・。」
という会話を「新宿中村屋」で交わしたあと、「追分だん古゛」に向かったのであった。

「追分だん古゛」に足を踏み入れると、店内はいつものように殆どのテーブルは先客で占められていた。
さはさりながら、天祐なるか奥のテーブルが空いていたのであった。
若い女性店員さんの
「お好きな席にドオゾ~。」
という声を聞きながら、奥に歩を進めた。

1img_8766 お品書

着席して手渡されたお品書を見ると、新しい甘味がいろいろ掲載されていた。
その中から、YH氏は「期間限定・旬の甘味」と銘打たれた「栗ぜんざい」を選択された。
その実、私も「栗ぜんざい」に興味をそそられていたがYH氏が先に選択されたことから「栗ぜんざい」はYH氏にお任せし、私はいつものように「だんご」の「二本盛り」から目新しいところで「抹茶あん」と「苺あん」をいただくことにしたのであった。

1img_8773 栗ぜんざい

1img_8775 栗ぜんざい

まず「栗ぜんざい」が恭しく供された。
そして、お椀の蓋を取られたYH氏の顔に嬉々とした光が一瞬過ぎったのであった。
淡褐色のトロリとした様相の液体部分を匙で口に運ばれたYH氏からは
「美味なり!
上品な味でござる~!
栗のペーストの中に細かく刻まれた栗の実が散りばめられていて、味は言ふまでもなく、舌触りも言ふことな~し!!」
という言葉が漏れ出たのであった。
後は黙々と食べ進められるYH氏の姿がそこにあったのである。
なお、この「栗ぜんざい」は実際に味わっていなくてもの姿を見ただけでその佳き味わいは想像できるという一品であった。

1img_8770 だんご二本盛り:抹茶あん、苺あん

1img_8771 抹茶あん、苺あん

1img_8776 抹茶あん

一方、「だんご 二本盛り」も秀逸なものであった。
「抹茶あん」は関東地方でも一二を競うという最高のだんごの上に、抹茶を白餡に均一に混ぜた抹茶あんが分厚く載せられていた。
一口口に含み、ほんの数回咀嚼を繰り返すと、口腔内は抹茶あんから放たれた抹茶の研ぎ澄まされた苦味と白餡のたおやかなる甘味で満たされたのであった。
この抹茶あんは全体が自然の柔らかさで覆われていて、くどさは全く無く、かといって味わいの加減が弱いなどということのない逸品であった。
この抹茶あんが当店のだんごと一緒になっているのであるから、この上なく美味なのであった。

1img_8777 苺あん

「苺あん」のだんごは、だんごに漉し餡が載せられ、更にその上にカットされた苺がそのまま載せられたというシンプルな構成のものであった。
まず、そのヴィジュアルが実に好い。
また、イチゴ、漉し餡、だんごを一時に口に入れると、イチゴからの酸味と漉し餡からの甘味が波状攻撃的に広がり、思わず頬の筋肉が笑顔モードに緊張と弛緩を繰り返すのであった。

1img_8781 苺大福・豆大福詰合

支払いを終えて店の前に出ると、そこのショウケースには「苺大福」と「豆大福」の詰合が所狭しと並べられていた。

 年明けの苺大福春近し

  

« 小金井/ 桜 (初桜 in 2017) | トップページ | 銀座/ 銀座あけぼの (いちご大福) »

新宿(和菓子)」カテゴリの記事

コメント

厳密には「飯」ではありませぬが、本日の記事は「飯テロ」と呼んでよろしいかと思いまする。
冒頭の手鞠(昔わが妹のひな祭りの折に大量に飾られておりました。九州の祖母だか伯母だかが
こしらえてくれたそうです。)で油断していたのがいけませなんだ。栗ぜんざいに、だんごに、
大福にとなんとも魅惑的な写真が波状攻撃よろしく次々に現れ、目も心も食欲もたちどころに
射抜かれてしまいました。新宿の追分ですかぁ。遠いですなぁ・・・。
(抹茶あんの厚みを横から撮った写真は、ことに刺激的でありました。)
  追分の だんごやぜんざいしのぶれど あまりてなどか みちの遠さよ (お粗末)

手鞠、雅ですよね。
娘の初節句の際に主人の両親からケースに入った物を頂きまして羽子板と供に床の間に飾ってありますが、作られたかたの気持ちが込められているような気がして今でも大切にしています。

J氏さん いけませんですよ、こんなに美味しそうなお団子をアップするなんて‥‥
お団子、好きですよ。 苺の載ったお団子、ちょっと いただくのが難しそうですね。
餡やみたらし、胡麻など色々ありますが、お団子の美味しさは粉によっても決まるような気もします。 滑らかな舌触りや、お団子の種類によって固さや柔らかさなど少々違いがあるような気がしますが‥ お団子、いただきたくなってしまいましたですよ。 珈琲や お紅茶とあわせても美味しいですね。

Kabochanさん
本件、テロではございません。
ドキュメント、あるいは真相報告、というものでございます。
追分だん古゛、の真実なのです。
是非ともご足労願いたいものでございます。

FORTNUM & MASONさん
だんごは串にかぶりつくのが最も美味しい食べ方のようですが、ご婦人方には若干そぐわないかもしれませんですね。
追分だん古゛のだんごは秀逸です。
機会を見付けてご来駕賜りたいものです。
店内は落ち着いた雰囲気に満たされていますので、きっとお気に召すと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 小金井/ 桜 (初桜 in 2017) | トップページ | 銀座/ 銀座あけぼの (いちご大福) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ