« 小金井/ 新西洋料理 ヴァン・ド・リュウ (牛タンの煮込み) | トップページ | 小金井/ fantasista (ピーナッツホイップ) »

2016年12月 2日 (金)

小金井/ キッチンブラウン (チキンカツビーフシチュー)

1img_7066 キッチンブラウン

暫らくご無沙汰していると、「キッチンブラウン」のビーフシチュウーが無性に恋しくなる。
当店にはまだ通い始めたばかりであるが、この味を一度憶えてしまうと離れ難くなってしまうのであった。

1img_7056 メニュ

先日の土曜日のことであるが、所用で外出した帰りの中央線では自宅に最寄りの武蔵小金井駅ではなくて一駅手前の東小金井駅で電車を降りたのであった。
12時の開店時刻を過ぎること15分ほどで入店した。
運良く先客は3人のみ(その内1人は食べ終わって店を出た)であって、カウンター席右側ブロックの一番左側に着くことができた。
着席して、ご主人が出してくれた水を口に含みつつ全品制覇を考えてメニュを吟味した結果、「チキンカツビーフシチュー」をいただくことにした。
注文を終えてご主人の動きを見ていると、チキンカツを大鍋で揚げ始められた。
余談ではあるが、このチキンカツが揚げ上がるまでの数分の間に店内は満席となったのであった。

1img_7061 チキンカツビーフシチューにはサラダ、味噌汁、ご飯が付いてくる

1img_7063 チキンカツビーフシチュー

出来上がった「チキンカツビーフシチュー」はご主人自らがカウンターをぐるりと回って目の前にまで運んできてくださった。
湯気を立てている鉄板には、タルタルソースを添えられたチキンカツ、コーン、トマトソースが掛けられたスパゲティ、そしてビーフシチューが盛り付けられていた。

先ずはビーフシチューの肉を口に運んだ。
強いコク味と鼻腔の奥にまで届く芳香のデミグラスソースを纏った牛肉は噛まずともホロホロと解れていき、そこから滲み出る旨味が口腔内に広がるのであった。
ここにご飯を送り込むと、それはもうご飯を主食とする日本人にしか味わえない上質の料理に変貌するのであった。

一方、チキンカツにはタルタルソースが添えられていて、これも好い味わいであるが、私個人としてはビーフシチューを絡めて食べる方が数倍好きであった。

なお、付け合せのコーンはデミグラスソースがコーティング状態となっていて、実に佳い味であった。

1img_7057 店内奥にあるテーブル席は家族やグループ客向け

   

« 小金井/ 新西洋料理 ヴァン・ド・リュウ (牛タンの煮込み) | トップページ | 小金井/ fantasista (ピーナッツホイップ) »

小金井(洋食)」カテゴリの記事

コメント

連日のように小金井の名店をご紹介いただき、羨望垂涎嫉妬憧憬の念に駆られております。
「キッチンブラウン」は記事にこもる熱量もひときわ高く、底力シリーズの中でも真打登場か、と思わせるもの
がありますな。久々の全品制覇への決意表明にも貴兄の並々ならぬ愛着があふれ出ているように感じます。
東小金井駅ですかぁ。特快の停車駅なら出張の折に何とか駆けつけられそうに思うのですが、ここではハードルが
高そうですな。小生の訪問が叶う日まで、商売繁盛、安泰に存続されんことを切に願っております。貴兄にも6日間
で13回くらい足しげく通っていただいて、店の収益アップに寄与していただかないと・・・。

昨日の牛タンの煮込みに続いて今日はビーフシチューですね、J氏さんが惹き付けられてしまうほどの お味を提供されていらっしゃる此方のお店に伺ってみたくなりましたよ。
牛くんは苦手ですが お口の中でホロホロと 等と伺うと私にもいただけそうに思います。
先日、TVで食肉解体業者の方が 命を頂く という事がどういうことなのか、 そう言う事は本当に大切なことであり私達に命を捧げてくれるものたちに 感謝の気持ちを忘れてはいけないと小学生に教えていました。
私、感動してしまいました

ところで お体の具合はいかがですか?
これから寒くなりますので お風邪など召されませんようにお気をつけくださいませ。

Kabochanさん
キッチンブラウンのビーフシチューは美味なる上に価格も低く抑えられており、店に向かう道のりは血がたぎり鼻息も荒くなるというものです。
全品制覇の気持ちもそうですが、制覇後も足繁く通いたい佳店という位置付けです。
東京駅からは40分近くかかりますので、ご出張の際に立ち寄られるというのはしんどいことでしょう。北海道でのお勤めを終えられて帰京された折には是非ご出陣をなされますようお願いいたします。
当店の繁栄につきましては、FC東京の選手たちも訪れる店ですから、らが一人3人前以上食べて貢献してくれることでしょう。
また、いつも昼食時には店の前に行列ができていますので、まだまだ当店は衰えることなく続けられることと確信しております。
(いくら好きでも6日間で13回というのは私にはハードルが高すぎます。サイのツノのお客さんってどのような人だったのでしょうねェ。)

FORTNUM & MASONさん
そうでしたね、牛肉は苦手とされていらっしゃいましてですねェ。
しかしながら、当店のビーフシチューの牛肉は牛肉でありながらもはや単なる牛肉ではなくて、美味しさの塊と化したものなのです。
しかしながら、横浜からですと当店までは時間がかかりますので、横浜にあるビーフシチューの佳店を開発していただいて、そこをご紹介いただきたく思っております。
横浜であれば超一流の味に出合えることは間違いないと思うのですが・・・。
体調につきましては退院して1カ月半ほど経過しましたが、お陰さまで元気に暮らしております。
ご高配を賜り、ありがとうございます。
常用している薬の関係で風邪薬は飲まない方が良いということで、風邪をひかないように注意していますが、そのことに関しましては若干過敏になっているかもしれませんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小金井/ キッチンブラウン (チキンカツビーフシチュー):

« 小金井/ 新西洋料理 ヴァン・ド・リュウ (牛タンの煮込み) | トップページ | 小金井/ fantasista (ピーナッツホイップ) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ