« 銀座/ 街の風景 (20161118) | トップページ | 浅草/ ちんや亭 (ハンバーグ) »

2016年11月24日 (木)

浅草/ 鷲神社 酉の市

1img_6694 鷲神社参道入口(国際通側)

昨日、浅草の「鷲神社」で催されている「酉の市」に初めて行った。
因みに、神社の名前は「鷲」(わし)と書いて「おおとり」と発するのである。
「酉の市」は「鷲神社」だけの行事ではなく、府中の大國魂神社、江東区の富岡八幡宮、を始めとして多くの神社で催されている伝統行事である。
しかしながら、「酉の市」というと「鷲神社」の「酉の市」が最も有名であると同時にその規模もずば抜けて大きいようである。

1img_6674 鷲神社境内への入口

私は日本堤に立ち寄ったことから、「鷲神社」の境内には国際通に面した参道からではなく、神社の横の入口から入ったのであったが、想像していた以上の人の多さにまず圧倒されてしまった。
自分の周りは人ばかりで、特に参道は御社殿に向かう人が横10列ほどになっていて、その最後尾は参道から国際通沿いに延びて全長1000mを越えるものであった。

また、境内は広い方であるが、その広さに対して訪れている人の数は遥かに多く、全ての人は遅々とした動きでしか移動できないのであった。
また、境内には区画がなされてはいるが縁起物の「熊手」を売る店がびっしりと並んでいて、その前で立ち止まることができるのは熊手を買い求める人のみなのであった。

人の流れに乗ってゆっくりと歩いていくと、あちらこちらで熊手が買われているようで、威勢の良い声とともに三本締めが行われていた。
やはり縁起物というのは売るのも買うのも威勢の良い方が、気分が好い、というものであろう。

1img_6672 熊手の店

1img_6680 大きな熊手が降ろされた

1img_6681 大きな熊手が買われたようで注目を浴びていた

1img_6682 同上

1img_6684 熊手を売る店はデザインに個性と工夫を凝らしている

1img_6687 同上

1img_6679 巫女さん達は美人揃い

1img_6686 

   

« 銀座/ 街の風景 (20161118) | トップページ | 浅草/ ちんや亭 (ハンバーグ) »

浅草(祭礼)」カテゴリの記事

コメント

凄い人ですねぇ。
よくTVで拝見します。
熊手、夢があっていいものですね。 やはりご商売をされていらっしゃる方が求められるのでしょうか。
何となく暖かさが伝わってきますね。
ところで、何かお土産をお買い求めされたのでしょうか?
人形焼きや雷おこし等々美味しいものがありますよねぇ。
人混みは得意ではありませんが、此方には一度伺ってみたいです。
お正月はもっと賑やかなのでしょうね。

FORTNUM & MASONさん
鷲神社の酉の市はテレビで報道されることが多いですね。
私が訪ねた日の朝もNHKが境内から中継していました。
ところで、人出ですが、私が行ったお祭りや初詣に比べても鷲神社の酉の市の人出がウルトラに多かったです。事前の想像を大幅に上回っておりましたです。
熊手を買い求められる人達を見ていましたら、大きいのは数万円するようでしてこういうのは商売の繁盛を祈願する人達が購入されていたようでした。
また小さいのは数千円で買えるようで、こちらは親子連れの方々に買われていたようです。
なお、熊手は翌年は前年の物よりも大きいのを買うことが大事なようです。
そのココロは、商売の発展に伴って熊手も大きくする、ということにあるようです。
お土産ですか?な~も買いませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草/ 鷲神社 酉の市:

« 銀座/ 街の風景 (20161118) | トップページ | 浅草/ ちんや亭 (ハンバーグ) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ