« 三鷹/ STARBUCKS COFFEE @杏林大学附属病院 (ドリップコーヒー・ショート) | トップページ | 銀座/ 牛庵 (鉄板すき焼 肉大盛)  [1/4] »

2016年11月11日 (金)

調布/ かつ元 (Aランチ:ミックスフライ定食)

1img_5859 

先日のことであるが、所用で三鷹市に行った機会を活かして、予ねて気になっていた調布市内の蕎麦屋に行くことにしたのであった。
しかしながら、目的の蕎麦屋の前に至ったら開店までに10分程あったので近隣を歩いて時間を潰すことにしたのであった。
そして、このことが幸いしたのか、「とんかつ料理 調布 かつ元」という店名も看板もそそられる店に出くわすことになったのである。

病み上がりの体には(本当は検査の結果、病み上がりではなく健康そのものであったが)油もので栄養を付けるのが一番であると思っていることから、蕎麦を忘れて当店に我知らずの内に入って行ったのであった。

1img_5854 ランチのお品書

店内はテーブル席とカウンター席があり、テーブル席は大人数のお客向けのようでカウンター席に案内されたのであった。

昼食時はAからCまでの3種類のランチが用意されていて、店名に「とんかつ料理」と言葉が冠せられていることから本来ならば「ロースカツ定食」を選ぶのが筋というものであるが、複数の食材から成る「ミックスフライ定食」を選んだのであった。

注文を終えてカウンターの向こう側で調理されるのを待つ間に店内に目を遣った。
まず店の雰囲気であるが、所謂町場のトンカツ店とは一線を画す凛とした空気が静かな店内に漂っているのであった。
敢えて言うならば、カウンター割烹、という雰囲気である。
カウンターの向こう側で揚げ場を担当する男性(店主殿と推察した)のシャキっとした姿勢や無駄の無い動き、キャベツを皿に盛る男性の丁寧な手つき、接客で控える若い女性の目配り、などなど全てが洗練されたものであった。

1img_5850 アジフライ、ホタテフライ、メンチカツ

注文して暫らくして店内奥の光景に目を疑った。
店内奥では皿の上にキャベツが盛り付けられていたのであったが、驚いたのはそのキャベツの高さである。
男性の手によってどんどんキャベツが盛り上げられていき、その高さは15cmを越えるという他店ではなかなかお目にかかれないものとなったのであった。

1img_5852 

暫らくすると、キャベツの山が整えられた皿に先ず辛しが載せられ、次いで「アジフライ」、「ホタテフライ」、「メンチカツ」が盛り付けられたのであった。
これらは、味噌汁、香の物、そしてご飯を伴って目の前に並べられた。

早速、店のトンカツソースをホトホトとフライに回し掛け、アジフライからいただいた。
アジ自体の大きさは大きいアジのちょっと小振りのもので丁度食べ易いサイズであり、肉厚身が良質のものであった。
サクリと噛むと断面からほのかに立つ湯気がアジ固有の香りを鼻腔に運んできたのであった。
ホタテフライは肉厚のものがホクホクとした仕上がりで供され、久しぶりにホタテらしいホタテを楽しんだ。
メンチカツには辛しを添えていただいたが、肉の旨味とキャベツの淡い甘味がバランスして、ご飯を美味しくいただいたのであった。

なお、私はキャベツには何もかけないでいただくことにしており、エヴェレストのような山盛りのキャベツは正直なところ多少多かったが、結局はご飯も含めて全てをいただいていたのであった。

冒頭でものべたことではあるが、当店で扱われる食材も吟味された上質のもので、客と真剣勝負をするカウンター割烹店のものであった。
次回はエビフライで一杯飲りたいものである。

1img_5853 テーブル上のソースやドレッシング

1img_5856 エントランス横にはアンティーク調のプッシュボタン式電話

     

« 三鷹/ STARBUCKS COFFEE @杏林大学附属病院 (ドリップコーヒー・ショート) | トップページ | 銀座/ 牛庵 (鉄板すき焼 肉大盛)  [1/4] »

調布(とんかつ)」カテゴリの記事

コメント

古巣(?)調布の記事が出ると常にも増してうれしくなります。が、貴兄が紹介してくださる店のどれにも
行ったことがないとは、旧調布市民としては忸怩たるものがあります。
それにしても、すごいキャベツですねぇ。マッターホルンか、ピラミッドか、と思うような形と高さですな。
天候不順のせいで野菜価格が高騰している折、この高さを維持するのは並々ならぬ経営努力が必要とされる
のではないかと愚考します。トンカツを選ばれなかったのは珍しいな、と思いましたが、メンチカツと同じ
厚さのアジフライを拝見するに及んで、貴兄の選択眼の確かさを改めて知った思いです。とんかつに「料理」
が結び付く店名はやや珍かなれど、ランチの内容を拝見するとそれもまたむべなるかなと思えますな。
またまたよき店を見つけていただき、ありがとうございました。

Kabochanさん
コメントへの返事が遅くなり、大変失礼いたしました。
ここ1年ほどの間に調布を訪れる機会が数度ありましたが、その都度佳店に巡り会うことができました。
改めて調布という街の素晴らしさを実感しているところです。
流石に奈良時代から在る街の底力と奥の深さを思い知ったというものです。
さて、当店のキャベツは単に量が多いとうだけでなく、その形が好いですねェ。
キャベツとはいえ、お店のこだわりと遊び心が感じられます。
また、とんかつ料理、という言葉には当店の矜持ってェものが濃厚に感じられましたが、いかがでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調布/ かつ元 (Aランチ:ミックスフライ定食):

« 三鷹/ STARBUCKS COFFEE @杏林大学附属病院 (ドリップコーヒー・ショート) | トップページ | 銀座/ 牛庵 (鉄板すき焼 肉大盛)  [1/4] »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ