« 神楽坂/ BAR 甃 [Stone Pavement] (TALISKER STORM、 ARDBEG UIGEADAIL) | トップページ | 小金井/ 秋の花 »

2016年9月27日 (火)

富士見/ おけ以 (餃子、炒麺、木樨炒飯、ビール)

1img_4671 おけ以(暖簾をくぐるのはHO氏)

先日は、我が朋友HO氏(別名均ちゃん)と神楽坂の「伊勢藤」および「Bar 甃」で飲んだ後、餃子でその名を馳せる「おけ以」に行った。
「おけ以」はJR中央線を境にして神楽坂と反対側にある富士見という街にある。
「Bar 甃」を出てから神楽坂を降り、牛込橋を渡って、「おけ以」に至った。

この日は珍しく店前に入店待ちの人はおらず、HO氏は私が店の写真を撮っている間に入店を果たしていた。
さはさりながら店内はほぼ満席であって、かろうじて空いていた入口に最も近いテーブルに案内されたのであった。

1img_4676 

席に着いて先ず餃子2人前とヤキソバ(炒麺)、それに忘れちゃあならない瓶ビールの大きい方を注文した。
ビールが運ばれて来たところで、更に玉子チャーハン(木樨炒飯)を追加でお願いしたのであった。

1img_4677 

まず最初に運ばれて来た料理は「ヤキソバ(炒麺)」であった。
ナントカ醤で味付けされた麺とモヤシは、空になった胃の腑を無上の喜びに導いたのであった。
HO氏も私も、箸が止まらん、という状態に陥ったのであった。

1img_4678 木樨炒飯

そろそろ餃子の出番ではと思っていたら、豈に図らんや、「玉子チャーハン(木樨炒飯)」が運んでこられたのであった。
これも餓鬼のごとく空腹の我々は一気呵成に食べ進めたのであった。

1img_4679 餃子

「玉子チャーハン(木樨炒飯)」を食べ始めて程なく、当店スぺシャリテの「餃子」が到着した。

1img_4672 餃子の浸けだれ用の小皿

小皿に醤油、酢、ラー油で浸けだれを造り、餃子を口に運んだ。
当店の、というか神楽坂界隈でナンバーワンの餃子である。
頬落、落涙、垂涎、の逸品であった。
瓶ビールの大きいのをもう一本飲んで、店を出たのであった。


   

« 神楽坂/ BAR 甃 [Stone Pavement] (TALISKER STORM、 ARDBEG UIGEADAIL) | トップページ | 小金井/ 秋の花 »

神楽坂(中華料理)」カテゴリの記事

神楽坂(餃子)」カテゴリの記事

コメント

ジャッカルさん、こんばんは~

神楽坂ってなんか敷居が高いイメージがあるんですよね~

ここに出てきた お料理みんな好きなんですよん
焼そば、ちょっとシンプルみたい。
麺がモチモチしてるのが美味しいですよん

炒飯、食べたいです~
大好き 三原さんのと比べちゃいまいましたよん
こっちの炒飯が可愛く見えちゃいます

餃子もいいな~ 皮が薄くてもっちりしてるのなんて大好きですよん

お酒のあとの〆ってラーメンがいいって聞くんですけどジャッカルさんは〆はとか食べないんですか

神楽坂なんてミントには まだまだ~って感じですよん

ミントさん
神楽坂は、現在ではカジュアルな店も格式が高い店もともに共存している街です。
いずれにしましても、気取らないで楽しめる店がヨロシイですね。
神楽坂には佳い店は沢山ありますから、積極的にお出かけになられてはいかがでしょうか。
私も、炒麺、炒飯、餃子は大好きです。
〆の一品ですか・・・。
サラリーマン時代はラーメンを始めとして、いろいろ食べていました。
が、60歳を過ぎるころからは重く感じるようになり、今では殆ど食べなくなりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士見/ おけ以 (餃子、炒麺、木樨炒飯、ビール):

« 神楽坂/ BAR 甃 [Stone Pavement] (TALISKER STORM、 ARDBEG UIGEADAIL) | トップページ | 小金井/ 秋の花 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ