« 鶴橋/ 商店街 (韓国街) | トップページ | 心斎橋/ DALLOYAU (グラス、ソルベ盛り合せ) »

2016年9月 2日 (金)

鶴橋/ アリラン食堂 (韓国料理)

1img_3004 アリラン食堂

先日、均ちゃんと鶴橋のディープなコリアンタウンを漫ろ歩いた後、この日の目的としていた韓国料理店に入った。

この日は均ちゃんも私も焼肉は念頭に無く、所謂オーソドックスな韓国料理を求めていた。
そこで均ちゃんは予ねて訪ねたことのある店の中から「アリラン食堂」という店を選択し、我々はそこへいそいそと向かったのであった。

1img_3023 店内(小上がり)

丁度店の前に至ったら当店のお姉さんが偶然店内から現れ、均ちゃんが来意を告げると店内に案内されたのであった。

店内にはテーブル席と小上がりの座卓席があり、小上がりを選んで奥から2番目の座卓を囲んだのであった。

1img_3005 生ビール、我慢できずに撮影前に飲んでしまった

先ずは高温多湿の中を歩いてきた体を回復させるべく、冷たい「生ビール」をゴクリンゴクゴク、プハ~と飲んだのであった。

1img_3006 ナムル盛合、キムチ盛合、7種類の付き出し

1img_3008 ナムル盛合、キムチ盛合はヴォリュームたっぷり

ビールとともに「ナムル盛合」と「キムチ盛合」を注文したが、まずは定法通りに「付き出しの小皿」(ミッパンチャンというらしい)が供された。
いずれの料理も唐辛子が用いられたキムチ以外は素材そのもの、あるいは素材とゴマ油の組合せという淡い味わいのものであった。

1img_3013 イカフェ、豚足

料理としては、「イカフェ」(烏賊を生で食べる料理。烏賊とサンチュ、ニンジン、ウリ?、葉野菜などの野菜がコチジャンのような甘味がある辛い味噌で和えてある料理。)を注文した。
また、商店街を歩いている際に頻繁に目にした豚足をいただくことにした。

「イカフェ」はしっとりした口当たりであるが、青菜の軸の部分がシャキシャキとした歯応えをしていて好いアクセントとなっていた。
量的には二人には多いという盛付であったが、後から注文したチヂミに添えていただくとこれも好い味わいであった。

一方、「豚足」は脂で揚げられたコンフィ状態のものをぶつ切りにしたように思えるものが供された。
皮面はカリカリとクリスピな食感であり、肉部はしっとりとしてはいるが筋肉質な口当たりであった。
味は塩のみで調整されているように推察するが、噛むほどに塩豚の味が滲みだすという感じであった。
肉の周りには骨や軟骨がくっついていて、軟骨は食べることはできたが骨は都度除かなければならないのであった。

1img_3015 生マッコリ

1img_3016 生マッコリ

なお、生ビールを飲み干した後は、均ちゃんのお薦めである「生マッコリ」に切り替えた。
均ちゃん曰く、マッコリは米を乳酸発酵させた健康飲料とのことである。
確かに甘酸っぱい乳酸菌飲料に近い風味を僅かに伴った飲み物であり、適量飲むのはハードリカーに比べると体に良いのであろう。

1img_3021 アリランチヂミ

イカフェと豚足の二品でほぼ胃袋は満たされつつあったが、最後にチヂミで〆ることにした。
注文したのは、当店の名前を冠した「アリランチヂミ」であった。
いろいろな具材が入れられていたようであるが、その種類に関しては殆ど識別する知見を有しておらず、記述はご容赦をお願いいたします。

入店してから店を出るまでほぼ2時間であったが、久しぶりに良いリアル韓国料理を楽しんだのであった。

1img_3024 アリラン食堂




   

« 鶴橋/ 商店街 (韓国街) | トップページ | 心斎橋/ DALLOYAU (グラス、ソルベ盛り合せ) »

鶴橋(韓国料理)」カテゴリの記事

コメント

最近の記事を見ていますと、文章に独特の味が出てきていますね。紀行文というべきか、食べ物批評というべきか、ある境地に達したのではとみております。取材、整理、表現と、頭の体操には良いことです。しかも毎日ですものね。
最近私のほうは、もう会社なんかやめたる、と思うこともあれば、いやいや給料はありがたい、若い連中を放置してこのまま辞めるとは無責任で人間としてどうなんだろうとか、事あるたびに揺れ動いております。家人も、つきあいきれんわ、という感じ。ここ数ヶ月、九条の家がバタバタしていましたので気が紛れましたが、一段落しますので、また土日は贅沢な自転車ツーリングを楽しもうと思います。冬になったらももんじやに行きましょうね。

p.s. 誰もコメントをしていない過去記事のコメント欄は通信用に最適ですね^^;。

Kincyanさん
その節はお世話になりました。
お陰で焼肉ではない韓国料理を楽しくいただけました。
仰るように頭の体操という面では有効だと思います。
私の場合は、文章は30分以内に書くということを目標にしていますので、結構ハードな脳トレになっているのではないかと勝手に思っています。
ところで、いろいろお悩みのようですが、自分で納得できるのであれば継続されるのが良いと思います。
ただ、若い人たちはそちらの会社では皆さんしっかりされておられるように思いますので、彼らにとって任されるということはむしろ喜びなのではないでしょうか。
最近ご無沙汰気味でした自転車でリフレッシュしてください。
均ちゃんの場合は、自転車がモヤモヤを雲散霧消してくれるでしょうから。
そして、その後は飲みに行きましょう。
まずは「ももんじや」に!

Kincyanさん
追伸です。
どんなに昔の記事でもコメントをいただきますと、右側に在る「最近のコメント」というところに名前がでてきます。
ということで、秘密の通信にはいささか難があるようです。

韓流ドラマをきっかけに韓国料理大好きになった香菜子です。ドラマに出てきた韓国料理の名前を調べながら、食べるのが最近の趣味です。でもなかなか料理の名前がわからないことが多くて。こうやって韓国料理に詳しい方から勉強させていただいているんです。香菜子

MORIKANA香菜子さん
初めてコメントをいただきまして、ありがとうございます。
私も食べることが大好きですが、なかなか料理の名前を記憶することが難しい状態になっております。
このような私が書いた文章がお役に立てれば良いのですが・・・。
折角ご覧いただきましたのに、いささか心もとない内容で申し訳ありませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴橋/ アリラン食堂 (韓国料理):

« 鶴橋/ 商店街 (韓国街) | トップページ | 心斎橋/ DALLOYAU (グラス、ソルベ盛り合せ) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ