« 小金井/ 野川 (蝶) | トップページ | 鶴橋/ アリラン食堂 (韓国料理) »

2016年9月 1日 (木)

鶴橋/ 商店街 (韓国街)

1img_2973 JR鶴橋駅

もう二週間程前のことであるが、均ちゃんと鶴橋の商店街を歩いた。
丁度二人とも大阪に行くタイミングが一緒であったので、久しぶりに大阪の街で一献飲ろうということであった。
予め均ちゃんに打診したところ、鶴橋にあるディープな韓国街で会おうということになった。

実のところ、私の人生において鶴橋という街を歩いたのは初めてである。
ただ朧気な記憶ではあるが、幼稚園に行く以前に父に連れられて来たことがあるように思うが定かではない。

JR鶴橋駅に降り立ったのは均ちゃんと待ち合わせた時刻よりも30分ほど早いタイミングであった。
この日も大阪は炎暑に見舞われていて、京橋の街もその例外ではなかった。
暑い!と思いはしたものの駅の周辺を少し歩いてみた。
駅の周りは殆どが飲食店となっていて、中でも韓国風の焼肉店が多いのであった。

1img_2980 近鉄鶴橋駅改札口前の書店

均ちゃんから指定されていた待ち合わせ場所は「近鉄鶴橋駅改札口前の書店」ということであったので、それと思しき本屋の前で10分ほど前から待ち始めたのであった。
均ちゃんが本屋を指定してきたのは、多分店内にはエアコンが効いているであろうとの配慮からであると推察するところであったが、この本屋はオープンエアの店舗であった。
したがって本屋の店舗内で待つことはしないで、改札口の本屋が見える処で待ったのであったが、暑さと湿度でクラクラするのであった。

約束の時間になって均ちゃんが現れた。
均ちゃんは鶴橋の街に詳しく、ここからは均ちゃんに連れられて鶴橋の商店街や特にディープなコリアンタウンを漫ろ歩いたのであった。

1img_2984 チジミ、キンパ(韓国海苔巻)、豚足などの店

駅から少し歩いた処にある路地に入ると、そこはまさにソウルやプサンを彷彿とさせるゾーンとなったのであった。
先ず目に飛び込んできたのが、韓国惣菜の店であった。
ここではチジミ、キンパ(韓国海苔巻)、豚足などが売られていた。

1img_2985 シッケ

更に数歩歩くと韓国の食材を売る店で「シッケ」という飲み物が売られていた。
この「シッケ」に均ちゃんがいたく反応し、
「飲む!」
という。
私も付き合いで一杯飲むことにした。

1img_2986 シッケ

「シッケ」という飲み物は米を微発酵させた飲み物で、淡い甘味と酸味が感じられる飲み物であった。
また、適度に冷されていたので体温の上昇した体には心地よい飲み物であった。

1img_2989 多数の韓国食材

「シッケ」を飲みながら、均ちゃんが店のお姉さん達に何やら尋ねていたが、良くは聞こえなかった。

1img_2990 ホットクの専門店?

「シッケ」を飲んだ店の向かいでは「ホットク」という食べ物が売られているようであったが、ここは通り過ぎたのであった。

1img_2991 元気で威勢の良いおっちゃん(左の人)

更に数歩進むと、元気で威勢の良いおっちゃんの居る店の前に出た。
このおっちゃんは店の前を通る殆どの人に声をかけて試食を勧めるのであった。

1img_2992 キムチなどが並べられている。店内は飲食ができるようになっているが、額に冷却材をくっつけたおじさんが気になった。

元気で威勢の良いおっちゃんは、店頭にあるキムチなどを爪楊枝の先に刺して試食をさせてくれるのであった。
素材は憶えていないが、紫蘇の葉か何かをゴマ油で和えたようなものは風味が良く、ご飯のお供や酒の肴に好い一品であった。
店は20時までやっているというので、帰りに寄ると言ってその場を離れたのであったが、結局再び立ち寄ることはなかったのであった。
元気で威勢の良いおっちゃんにはスマナイ気分がしたのであったが・・・。

1img_2993 韓国食材店では豚足を見かけることが多かった

1img_2995 商店街のマップ、鶴橋の商店街の一部が案内されている

途中で「つるしん てくてくマップ」という大きな標示板があったが、広大な鶴橋の商店街の一部が示されているようであった。

1img_2996 黄色いTシャツのお姉さん達が居る店と黒いエプロンのお姉さん店では共に韓国食材を販売

1img_2997 隣も韓国食材店

結構印象的であったのは、商店街の中で同じ韓国食材を販売する店が超近接的に店を並べているということであった。
いずれの店も大きなトラブルもなく共に良い商売を続けておられるようであった。
また、これだけ店舗が密集しているが火事を出したという話はなく、皆さんが十分に気を付けておられるということなのであろうと推察した次第である。
その昔海外に移住した日本人の人達も同様の気苦労をされたであろうことをふと思い浮かべたのであった。

1img_2998 キムチだけでもその種類は多数に亘っている

1img_3000 鱈の干物(左)も多く売られていた





   

« 小金井/ 野川 (蝶) | トップページ | 鶴橋/ アリラン食堂 (韓国料理) »

鶴橋」カテゴリの記事

コメント

JFKさん、ようやくこの記事の出番になりました。数回に分けるようですね。まあ、私の高校が鶴橋の近くなんで、よくこの街に来たことがあるのと、同級生に在日の人が多かったので親しみのある街です。もっとディープな町が奥の方にあるようですので、また行きましょう。今度、東京の友人を、この街に招待する予定です。

もともと縁の薄い関西地方の、さらに知る人ぞ知るといった趣の街で興味深く拝見しました。
横浜の中華街は観光客目当てにだいぶん垢抜けてしまった印象がありますが、こちらは生活感にあふれていて、
市場に並ぶものめずらしい食材を見て歩くだけでも楽しめそうですな。
「シッケ」はさらりとした甘酒のようなものかと見受けましたが、炎暑でお疲れになったお身体には「飲む点滴」
の効果があったかもしれませんな。

大阪は御堂筋と梅田に行った事があるだけですが 大阪の方の印象は情があり人懐こい方が多いように感じました。
鶴橋? こちら楽しそうで 1日ゆっくり見て歩きたいわ。
ちょっとカオスな感じもしますが また そこが魅力かも知れませんね。
kabochanさんが仰るように濱の中華街は垢抜けている所もありますが ちょっと中に入りますと それほど垢抜けてはいない所も残っていますよ。
J氏さん、鶴橋では また 美味しい物を召し上がられたのでしょうね。

Kincyanさん
鶴橋のディープなコリアンタウンをご紹介いただき、ありがとうございました。
まだまだディープな処があるとのことですが、また機会を作って行きたく思っています。
大久保の街とは趣が全く異なると思いますので、自転車のご友人も興味深く過ごされるのではないでしょうか?
ところで、この集まりにはすずらんさんは参加されるのでしょうか・・・。

Kabochanさん
鶴橋は環状線というJRの路線にある街なのですが、近くて遠いよいうなイメージがありました。
が、ここ数年街としての人気度が高く、多くの人が訪れることからグルメ雑誌も出ているそうです。
確かに生活感の溢れる街ですが、ここに居ると生きていく上で必要な粘り強さも感じられるのでした。
飲む点滴、ですかァ。
良い表現ですねェ。

FORTNUM & MASONさん
大阪にお出かけになったことがおありですか。
大阪も東京と同じように代を重ねた大阪生まれの人の割合が減ってきているようですし、それに加えてテレビなどで誇張された番組などが流されるので、大阪のイメージが変わってきているようです。
カオス、云い得て妙ですねェ。
鶴橋は均ちゃんが詳しく、良い韓国料理をいただきました。

JFKさん おはようございます。

kincyanへのご質問ですが。。。

ちょうど大阪の本町に用があり、今月には行きたいと思っていたので、自転車おじちゃんのお顔だけちらっと見てご挨拶だけをと思いましたが、
このスケジュ~ルでは分刻みでお忙しいようで、
またせっかくの楽しい大阪旅に水をさしてもいけませんし、今回は残念しました

しかも日程は知りませんが、もし中旬の三連休ならですが??

17は七宝講座、18 はミニミステリ~ランチに同行、 19はホテルオ~クラの中華コ~スのお誘いがり。。。さすがに19だけはお断りしましたので空きましたが

でも大阪は人情の町。。。人々の暮らしがよくわかる、なかなかいいコ~ス組みをされていて興味深く、さぞ関東の輪友さんもご満足かと思います

夜の飛田なんて。。。殿方は うふっ ですよ

私がとても関東にはこの先も行けそうにはないので、お出迎えかお見送りだけはと思いましたが、やはり時間を調整していただくには申し訳ないことですから、またの機会もあるでしょう

JFKさんもまた大阪にいらしてkincyanにご案内してもらって下さいね

すずらんさん
流石はすずらんさん、なかなかご多用のご様子ですね。
連日スケジュールが埋まっているというのは羨ましいかぎりです。
さて、均ちゃんとそのお仲間が大阪に来られるのですからお会いになりたいというのは人情というものでしょう。
さはさりながら、人生はまだまだ長いのですから次のチャンスを待たれるというのも良い選択というものでしょうね。
これからもプロジェクト、趣味、美味しいもの、などなどの記事を楽しみにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴橋/ 商店街 (韓国街):

« 小金井/ 野川 (蝶) | トップページ | 鶴橋/ アリラン食堂 (韓国料理) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ