« 小金井/ 黄金や (ナシゴレン 大盛) | トップページ | 神楽坂/ 伊勢藤 (清酒 白鷹) »

2016年9月24日 (土)

国分寺/ CURRY HOUSE CoCo壱番屋 (ポークカレー★ロースカツ 3辛)

1img_4643 CURRY HOUSE CoCo壱番屋

昨日は所用があって国分寺にでかけた。
そして所用を終えたのが11時30分を過ぎた頃であったので、どこかで昼食を摂ることにした。
しかしながら、朝から(というか、いつの頃からかは忘れたがずっと以前から)雨が降り続いており、あまり歩きまわりたくはなかったことからJR国分寺駅の南側のエリアでサラリと食べれそうな店を求めて歩き始めたのであった。
すると、ものの1分も歩かない内に「CURRY HOUSE CoCo壱番屋」の前を通ったのであった。
一旦は通り過ぎたものの、「CURRY HOUSE CoCo壱番屋」という全国区のカレー店には未だ入店したことがなかったことから、踵を返して自動ドアの四角いボタンを押したのであった。

1img_4627 

お姉さんに手渡されたメニュを見ると、真っ先に「カレーのご注文方法」というのが用意されていた。
その手順によると、
先ずは何をおいてもカレーの「ソースを選ぶ!!」ということであった。
初めての入店であるから、「基本のカレー」と標された「ポークソース」を迷わず選択した。
次いで「ライスの量を選ぶ!!」となっている。
これも基準と思われる「普通サイズ」でお願いした。

1img_4628 

次は、「辛さを選ぶ!!」である。
ここら辺りで、全ての項目に「!!」がついていることに気付き、選ぶことに随分力が入っている店であると妙に感心した次第であった。
さて、「辛さを選ぶ!!」であるが、その下に「甘さを選ぶ!!」という項目があり、辛さと甘さをそれぞれ混ぜわせることによって複層的な味わいを演出するのかと思ってお姉さんに尋ねたら、
さにあらず。どちらかを選ぶ。
ということであった。
そうなってくると甘い方はまたの機会に譲って、「3辛」を選択したのであった。

1img_4629 

最後に「トッピングを選ぶ!!」である。
これに関してはカツカレーの基本中の基本である「ロースカツ」を選択したのである。

1img_4630 アレルギー情報

注文を終えてからもメニュを眺めると、丁寧なアレルギー情報が掲載されていた。
これは好感度抜群である。
私には食物アレルギーは無いが、昔のことであるが取引先にカニアレルギーの人や、部下に蕎麦アレルギーの人がいたことからこういう情報の大切さは理解できる。
例えば、うどんを湯がくのに蕎麦と同じお湯を使っていると、この蕎麦アレルギーの部下は呼吸困難に陥るということがあったということである。

1img_4635 テーブルの上(部分)

メニュを眺め終えてテーブル上に目を遣ると、福神漬以外にソースが置いてあった。
私はここでは使わなかったが、昔風の食堂のカレーの場合にはソースがあると味が引き締まることがある。
人によって好みは異なるであろうけれども、ソースで味を調整するという選択肢はあっても良いのではと思料するところである。

1img_4636 ポークカレー★ロースカツ 3辛

さて、注文を終えて5分もしない内に「ポークカレー★ロースカツ 3辛」が運ばれてきた。
先ずはルウを一口含んでみた。
激辛であった。
厭な辛さではないもののルウが熱いこともあって、まさに「HOT!!」というか「アッチッチ!」という感じであった。
ルウの旨味はあるが辛さが勝っていて、次回は「普通」の辛さにしようと思ったのであった。

1img_4638 ポークカレー★ロースカツ 3辛

ロースカツはライスの上に鎮かに座していて、半分だけルウがかけられていた。
厚みはそれほどないが、歯応えも肉の味も程良いものであった。
トータルの量も申し分なく、美味しくいただいたのであった。


  

« 小金井/ 黄金や (ナシゴレン 大盛) | トップページ | 神楽坂/ 伊勢藤 (清酒 白鷹) »

国分寺(丼)」カテゴリの記事

コメント

CoCo壱さんは辛さが選べるのがいいですよね。 ロースカツの大きさも丁度いいようですしルーも 野菜の旨味が凝縮してトロミ加減から察しても美味しそうです。香りも良いのでしょうね。
文章から察するに3辛は とても辛いようですね。 辛いのは得意ではなくて‥
甘過ぎず辛すぎずの物をいただいてみたいですがそうするとどの辛さがいいのかしら‥ J氏さんは辛さには強いのでしょうか?
息子は辛さに強くて5辛を 食したそうですよ。
でも口中が痛かったそうですけどね (笑)
CoCo壱さんのふりかけは 中々 美味しいようで娘のお弁当のお供になっています。
日本のカレーはインドの方が召し上がっても一番美味しいそうですよ。

F & Mさん
FORTNUM & MASONさんですよね、文体からそう判断いたしましたが・・・。
CoCo壱番屋は初めての入店でしたが流行る理由が良く分かりました。
たかがカレーと言ってもCoCo壱番屋のカレーはそれなりの存在感を放っていますねェ。
創業者のご夫婦が企業に経営権を売却されたそうですが、相当な資産価値があったと思います。
私は辛さに弱い方ではないと思っていますが、3辛はヒリヒリでした。
口内炎でもあったらとても食べることはできなかったと思っております。
ご子息様は5辛を食されたのですか。
さぞ痛かったことでしょうねェ。
ふりかけがあるとは知りませんでした。
カレー味なのでしょうねェ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 小金井/ 黄金や (ナシゴレン 大盛) | トップページ | 神楽坂/ 伊勢藤 (清酒 白鷹) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ