« 市ヶ谷/ Institut Français du Japon-Tokyo, La Brasserie & Le Café (Menu Détente, Vin Maison Rouge) | トップページ | 小金井/ 花火 »

2016年8月 7日 (日)

小金井/ とんかつ 松乃家 武蔵小金井店 (ロース&カニコロ大盛)

1img_2245 とんかつ 松乃家 武蔵小金井店

先日、筋トレの後に行ってみようとしていた店が行ってみると休業日であった。
茫然とした思いで歩いていたら空腹が耐えがたくなり、飛び込んだのが「とんかつ 松乃家」であった。
入店するまで知らなかったのであるが、「とんかつ 松乃家」というのは松屋フーズの系列会社であった。

1img_2235 この手の券売機は苦手である

入店すると、入口の直ぐ右側に券売機が置かれていた。
タッチパネル式ののもので、店内・弁当・惣菜の三つのカテゴリが表示されていた。
このスタート時点でデジタルディヴァイデッドの私としては、もう何も食べずに店を出たくなるのであった。
しかし、この時は幸いなことに店内という表示があったので、ここを押すと次の画面に切り替わりカツ丼かトンカツかを選ぶ段階に進んでいたのであった。
ここから先は適当にパネルの標示に触れて、「ロース&カニコロ」を視認するところまで来たのであった。
更に良く見ると(というか偶々目が行っただけかもしれない)ご飯の大盛も料金は同じで会った。
現在、私は減量に勤しんでいる身である。
決してご飯の大盛などを選んではならないのである。
ところが、であった。
事件が起きたのである。
入院前の自分の本性が蘇えり、我知らずの内に大盛の方の表示に触れていたのであった。
そして、食券が出てきた時には、時既に遅し、であった。
イカン、と思いながらも、そこには何故かウキウキした気分の自分が居ることを感じていたのであった。

1img_2236 半券

テーブル席に着いて店員のお姉さんに食券を渡した後、久しぶりの大盛で高まる期待に胸を躍らせながら「ロース&カニコロ大盛」の到着を待ったのであった。

1img_2243 ロース&カニコロ大盛

お姉さんに食券を手渡してからものの5分程で「ロース&カニコロ大盛」が目の前に置かれた。
ロースカツは若干いびつな形状のものであっり、トンカツの一流店と比べるべくもなかったがこの価格にしては非常に好い仕上がりとなっていた。
最初に特製ソースでいただき、次いで中濃ソースをかけていただいた。
何度かこのサイクルを繰り返してみたが、私個人としては特製ソースの淡いトーンの味よりも中濃ソースの存在感のある味の方が当店のロースカツにはマッチしているような印象を持ったのであった。

カニコロはスーパーマーケットで販売されているような冷凍のものであり、クリームのトロリ感が乏しいのは致し方がないとしても、タルタルソースあるいはトマトソースが添えられていれば良かったのにと思うところである。

大盛のご飯はまさに大盛であり、食べざかりの若者には大いに喜ばれる量であった。
また、硬目に炊かれていて、大変好ましい口当たりであったことは特筆に値することであろう。

私も久しぶりに満腹感を味わったのであったが、良いことの後にはそうでないことも訪れるようで、この日以来体重は79.5kgを越えたままとなっているのである。
それにしても、価格対満足度で考えると、高得点の昼食であった。

1img_2240 ソースは特製と中濃の二種類、ドレッシングは三種類、それに七味、右はメンマのような漬けもの





   

« 市ヶ谷/ Institut Français du Japon-Tokyo, La Brasserie & Le Café (Menu Détente, Vin Maison Rouge) | トップページ | 小金井/ 花火 »

小金井(トンカツ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 市ヶ谷/ Institut Français du Japon-Tokyo, La Brasserie & Le Café (Menu Détente, Vin Maison Rouge) | トップページ | 小金井/ 花火 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ